“風の道草” ・ かぜのみちくさ View Japan-景趣- 3

☆・Made in Japan を、せめて、半分は買おう!!
☆・国内経済の安定は国内生産消費サイクルから!!

“風の道草” 「かぜのみちくさ」 View Japan-景趣- 3

※- フランスTV も注目日本の『 特捜検察 』とマスメディア
日本語の字幕が出ます
文字が小さいので、初めから「全面画面」で視てください
「正力松太郎」(読賣新聞)は、CIAのスパイだった!!

日本語字幕に関して、日本の大手新聞テレビ局が報道しない理由を的確に述べています。
*-*

Let’s go ! Heated discussion ⇒ 「阿修羅・掲示板
:
<-- TPP・密室交渉の知られざる罠 -->

「TPP・密室交渉の知られざる罠」

TPPのリーク・テキストを入手した市民団体「パブリック・シチズン」


ジョン・レノン John Lennon:世界は狂人によって支配されている

          ジョン・レノンが話している意味とは ⇒ ここから



内部告発!元アメリカ 国家安全保障局員 Jim Stone 氏

3.11大震災:アメリカ と イスラエルの裏権力が核兵器を使った!


目覚めた・アメリカ兵!NATO(実質アメリカ軍)こそが、テロリスト


天ぷらの盛り合わせマナー

2008年07月26日 | Weblog 
**
※- 天ぷらの盛り合わせマナー!-Biglobe メルマガ-

Q - 和食の老舗でデート中のあなた

天ぷらの盛り合わせに箸を伸ばしたら彼女が一言「食べる順番にもマナーがあるのよ!」さて、何から食べる?


あなたのベストチョイスはどれ?

(1)「手前のものから」食べる

(2)「小さいものから」食べる

(3)「奥のものから」食べる
 
]
]
]

○- 今回のベストチョイスは・・

(1) 「手前のものから」食べる  でした。


◎- 解 説

「えっ、天ぷらの食べ方に“マナー”なんて??」・・・と思った人も多いのでは。

実は、お店の“天ぷらの盛り合わせ方”には、あるルールが。

そのルールを知っていれば、天ぷらをさらに美味しくいただけるんですよ!


<< 天ぷらの盛り合わせ方のルール >>

・お皿の【手前】には、海老、キスなどの「淡白な味」のもの
・お皿の【 奥 】には、アナゴなどの  「濃い味」のもの

⇒ 「濃い味」から食べると口の中に味が残り、「淡白な味」の風味をそこなうことがあるため、このような盛り付けになっています。

また、お客さんにとっても、【手前】からの方が食べやすいですよね。


<< 美味しくいただくためのマナー >>

盛り付けをなるべく崩さないよう、お皿の【手前】の「淡白な味」の天ぷらから順に食べるのがマナー。

⇒ こうすると見た目は美しく、味覚の点でもGOODです(*^_^*)。

天ぷらを天つゆにつけるときは、天つゆの器を持ち、一口ずつつけます。

天つゆは“サッ”とくぐらせると、天ぷらのサクサク感を楽しめます♪

大根おろしがある場合は、静かに中に入れ、かき混ぜてOK。

大きい天ぷらがある場合は、お皿の上で、食べる大きさに切り分けてからいただきましょう。


◎- はみだし豆知識♪

野球やゴルフで、意図せず高く打ってしまった球のことも「テンプラ」っていいますよね。

コレ、ボールを打ち“上げる”と天ぷらを“揚げる”をかけたシャレなんだそうです。

*-*
    
コメント

People can truly feel happy

2008年07月25日 | 政治 ・経済 
**
※- People can truly feel happy


”This Message from the Prime Minister Yasuo Fukuda.”

The rainy season has finally come to an end and the weather is heating up.

This is the season when the rice paddies are a glistening green.

Many students are parting ways for the summer holidays this week, but I am a little ahead of you this year, having taken my own summer holiday from the second half of last week.

About ten months have elapsed since September of last year, when I assumed the office of Prime Minister.

The extraordinary Diet session went on past the year's end, and after its closing, there was only a brief, two-day interval before the opening of the ordinary Diet session.

After the enactment of the budget and the conclusion of the ordinary Diet session came the G8 Hokkaido Toyako Summit.

With all that, the days have rushed by.

I believe that the staff of the Prime Minister's Office enjoyed a good period of rest during my brief holiday.

On some occasions over the past ten months, they have been sacrificing their own holidays in the cause of their work.

In my case, even though I was on holiday, I, quite frankly, could not sit still when I began thinking about how I should tackle the policy issues that directly affect the people's lives, including the surge in the prices of gasoline and other fuels, and of foodstuffs and other household necessities, as well as social security-related issues, such as the shortage of doctors.

Yet, I came out of my six-day summer holiday, which included the three-day weekend, reinvigorated;

I immediately began responding to policy issues by implementing emergency measures to cope with the surge in the price of crude oil, compiling the Five-Point Reassurance Plan, and drawing up an action plan for achieving a low-carbon society, among other measures.

"Should this autumn bring rain or storm, I know not; my duty for today is to weed the paddy field."

These are the words of Ninomiya Sontoku, of the Edo Period, who dedicated himself to revitalizing farming villages by introducing thorough practicality.

Some of you may know of him from the famous bronze statue showing him reading a book while carrying firewood on his back.

How can we create a Japan in which the people can live their lives with a sense of reassurance and truly feel happy?

How can we resolve global environmental issues so that our children can inherit a beautiful Earth?

Aiming to secure the future of Japan and the world, it is essential that we have our sights set squarely on tackling today's issues one by one.

Beginning with the extraordinary Diet session, the journey toward the realization of our policies will continue to be far from easy, but I will focus my efforts to the best of my ability on what I should do now.


*-*
     
コメント

雷の季節?雷の性質

2008年07月23日 | Weblog 
**
※- 雷の季節?雷の性質
 
雷は金属とかに関係なく、高い物に落雷する。これだけは、知っておこう!!
 
ゴルフ場など周りに高い物が無いときは、出来るだけ体を低くして雷が過ぎるのを待つ。

近くに高い木があっても雨宿りはしない、枝や葉先から、2m以上離れて、同じように体を低くして対応する、高い木は避雷針の役割にもなる。

自動車の中とかは、安全と言われていますが、出来れば車のドアから離れて座る事で、自動車に落雷した場合電流は車体の表面を伝って地上に抜けていくのでより安全と言える。

結構、今時は雷が多いですから、気を付けましょう。

まあ、雷が鳴り始めたら、出来れば外出は控えると言うことでしょうか・・・ね!

**

 2008年 7月22日 ”風の道草”

 

*-*

   

コメント

松坂大輔投手・11勝目

2008年07月23日 | Weblog 
**
※- 松坂大輔投手・11勝目
 
7月22日(米国時間)、シアトルで マリナーズ 対 レッドソックス 戦が行われた。
 
予定通りの先発となった松坂大輔投手は、七回1/3を2失点に抑え、レッドソックスが 4-2 で勝ち11勝目を挙げた。
 
松坂をリリーフした岡島投手はピンチを無失点で切り抜けた。
 
松坂投手とイチロー選手の対決は、初回が二塁ゴロ、第2、第3打席はともに四球を与える結果となった。
 
イチロー選手は4打席目にセンターへ運ぶ二塁打で、一塁走者を本塁に迎え入れ、この日は、1安打で日米通算3000本安打まであと6本とした
 
**
   
 2008年 7月23日 ”風の道草”
 
     
*-*
   
コメント

NY原油価格下落・127.95ドル

2008年07月23日 | 政治 ・経済 
**
※- NY原油先物下落、1バレル=127.95ドル-web news-
 
7月22日、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場が反落した。
 
WTI は、この日が取引最終日となった期近の8月物は前日比3.09ドル安の1バレル127.95ドルで取引を終えた。
 
熱帯低気圧「ドリー」の進路が、米メキシコ湾岸の石油精製施設が集中する地域からそれる可能性が高いとの見方などから売りが出た。
 
一時は125.63ドルと6月5日以来、約6週間ぶりの安値を付けた。
 
フィラデルフィア連銀のプロッサー総裁のインフレ警戒的な発言などを受けて、ドルが対ユーロで上昇。
 
ドル建てで取引される原油相場の割安感が後退したことも売りを誘った。
 
ただ、23日に発表される週間石油在庫統計を見極めたいとの見方などから午後は下げ渋った。
 
ガソリンは3営業日ぶりに反落。 ヒーティングオイルは続落している。

なんか、中途半端な価格で下落しましたが、出来ればもう少し価格を上げていた方が、もっと下落ちしたと思うのですが、今後、どんな動きとなりますか?

ガソリンの価格が高騰して、各地でガソリンスタンドの閉鎖が相次いでいる。

もともと、ガソリンなどは過当競争によって利益率が極端に悪い状態にあった。今回の価格上昇によって客離れが進みガソリンスタンド経営に見切りを付けるオーナーが増えていて、今後も増えそうである。

問題なのは、小さい地方の町ではガソリンスタンドが廃業して一軒も営業していない場所も出て来ている

**

2008年 7月23日 ”風の道草”

 

*-*

   

コメント

16日、NY原油と株式市場

2008年07月18日 | Weblog 
**
※- 7月16日、NY原油と、NY株式市場
 
NY原油が大幅続落となり、8月物終値は=134.60ドルで引けた。
 
16日、ニューヨーク・マーカンタイル取引所で原油先物相場は大幅に続落した。
 
期近の8月物は前日比4.14ドル安の1バレル134.60ドルで終えた。
 
一時132.0ドルまで下落し、6月25日以来3週間ぶりの安値を付けた。
 
需給ひっ迫観測が後退し、売りが優勢となった。
 
**
 
※- NYダウが急反発、終値276ドル高= 1万1239ドル
 
16日の米株式市場で、ダウ工業株30種平均は4日ぶりに急反発。
 
前日比276ドル74セント高の1万1239ドル28セントで終えた。
 
米銀大手ウェルズ・ファーゴの決算が市場予想を上回ったことを好感した。.
 
金融株が軒並み大幅高になったほか、前日夕発表のインテルの決算・見通しが予想を上回り、ハイテク株を押し上げた。
 
原油先物相場が連日で急落したことも、市場心理を強気に傾けた。 
 
ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は大幅続伸し、同69.14ポイント高の2284.85(同)で引けた
 
いつものことですが、マネーゲームは何か理由を付けては相場を動かしている。
 
その内また、株価は下がるに決まっている。
 
要するに株の値動きがないと商売にならない、理由は簡単ですがバクチですから、あっと言う間に大損する。
 
また、夢みたいな儲けも事実であり、其れも然りなり。
 
アメリカの株式市場を時々テレビ映像で視ますけど、ほんとにバクチ場ですね!
 
あれを見ていると、銭、銭、銭(お金)だけの世界ですね、ミッキー安川さんも言っていますが、アメリカ人は会う度に、お金のことしか話題がないと。
 
アメリカは好きだが、お金のことしか頭にない社会には住みたくないと日頃、ラジオ番組で話しています。
 
まあ、そういっても、いろいろでしょうから一概に決め付けることは出来ませんけど、でも資本主義経済はそろそろ限界の域に入ったと見てもいいのでは ・・・ ?
 
**
 
2008年 7月17日 ”風の道草”
 
     
*-*
    
コメント

GMは大丈夫 ?

2008年07月18日 | Weblog 
**
※- アメリカの自動車メーカー・GMは大丈夫なのか ?
 
果たして、アメリカの自動車メーカー・トップのGMは大丈夫なのか?
 
もう、この話題は3年前頃から言われていた。
 
7月15日、現在、経営再建中の米ゼネラル・モーターズ(GM)は財務体質の改善を狙った追加リストラ策を発表した。
 
ホワイトカラー(事務職)の人件費削減など合理化に加え、配当も取り止めるとしている。
 
GM資産売却も進めていて、2009年にかけて手元資金を約150億ドル(約1兆6000億円)積み増すとしている。
 
アメリカの景気減速とガソリン高騰で販売台数が急減、6月に4工場休止を柱とするリストラ策を発表したが、資金繰り懸念が浮上するなか追加策を迫られて、今回の発表となった。
 
追加リストラは人件費圧縮や設備投資抑制などにより、約100億ドルの現金支出の削減、資産売却などを通じた資金調達が主な柱となっている。
 
要するに、自動車メーカーでありながら車の販売での経営立て直しとは成っていない。
 
ホワイトカラーの人件費を20%削減し、経営陣の報酬も大幅に減らすとしている。
 
また、発表済みの生産能力削減計画なども前倒しで実施、09年の設備投資は当初予定の85億ドルから70億ドルに減らす。
 
其れと同時に株主への配当を見送りで8億ドルの削減を見込むとしている。
 
米メディアによると配当停止は1922年以来と書いてある。
 
資金調達は海外資産の一部売却など、海外子会社株式や傘下のブランドを担保にした借り入金などを検討、総額で40億~70億ドルの見通しを立てている。
 
私が思うに、近年のアメリカは利益第一で未来予測と設備投資をしていない様に感じる。
 
株主が強すぎて、企業としての戦略が、どちらかと言うとM&Aのマネーゲームで企業収益を維持している感じ。
 
前々から言われていた事ですが、要するに、企業のトップは利益だけしか見ていないのと、株主は企業に投資と言うより投棄に近い。
 
だから、アメリカの自動車メーカー・GMでさえ目先の利益に溺れた結果、こんにちの状況に陥ったと言えるのでは無いか?
 
トヨタ自動車の前の会長は、GMの再建は公的支援が無いと難しいと2年前に既に話している事から、GMが再建できるか甚だ厳しい事だけは確かなようだ!!
 
**
 
2008年 7月17日 ”風の道草”
 
     
*-*
  
コメント

北京五輪、野球・24人発表

2008年07月18日 | Weblog 
**
※- 北京五輪、野球・24人発表
 
17日、北京五輪野球の日本代表編成委員会が都内で行われて、日本代表メンバー24選手が発表された。
 
今後の予定:8月2日からの直前合宿(G球場)
 
8月8日~9日の強化試合(東京ドーム)
 
8月10日に北京入りする。
 
13日、キューバ戦から第1次リーグの7試合が行われる。
 
星野監督はキャプテンはもちろん宮本選手だ!ぜひ我々の手助けをして欲しいと話した。
 
田淵幸一ヘッドコーチの話し:「ストライクゾーンが広いので、野手は一発というより広角に打てることを最優先した。つなげる野球、きちっとした野球をすれば勝てる自信はある」。
 
山本浩二打撃コーチの話し:「一番もめたのが投手を10人にするか11人にするかだった。結果野手を14人に決めた。3分の2以上は予選のメンバー。あの緊張感、ムードを思い出して本番に向け徐々に頑張りたい」。
 
大野豊投手コーチの話し:「10人の中で年齢的にも左右でもメンバーがそろった。先発候補が多いので見極めていきたい。短期決戦は気迫が大事。厳しい戦いが多くなるが、力を発揮していきたい」。
 
::::::::::::::::::::::::::::::::
::: 野球日本代表メンバー    :::
 
○- 投手 (10人)
 
上原浩治  (巨人)、
川上憲伸、 岩瀬仁紀  (以上中日)、
藤川球児  (阪神)、
ダルビッシュ有  (日本ハム)、
成瀬善久  (ロッテ)、
和田毅、杉内俊哉  (以上ソフトバンク)、
田中将大  (楽天)、
涌井秀章  (西武)

 
○- 捕手  (3人)
 
阿部慎之助  (巨人)、
矢野輝弘  (阪神)、
里崎智也  (ロッテ) 

 
○- 内野手  (7人)
 
荒木雅博  (中日)、
新井貴浩  (阪神)、
村田修一  (横浜)、
宮本慎也  (ヤクルト)、
西岡剛  (ロッテ)、
川崎宗則  (ソフトバンク)、
中島裕之  (西武) 

○- 外野手  (4人)
 
森野将彦  (中日)、
青木宣親  (ヤクルト)、
稲葉篤紀  (日本ハム)、
G.G.佐藤=佐藤隆彦  (西武)
 
*-*
     
コメント   トラックバック (1)

財政難の図書館

2008年07月14日 | Weblog 
**
※- 財政難の図書館、寄贈募るが多くは廃棄

この様な記事があった。

公立図書館がジレンマに陥っている。財政難のため最近は、貸し出し希望が多いベストセラー本も多数は購入できない。

そこで市民から寄贈を募っているが、持ち込まれるのは引っ越しなどで不要になった本が多く、そのまま廃棄されるケースが多いのだ。

関係者からは「図書館が本の処分場になっている」との嘆きも聞かれる。

「引き取りは遠慮させてもらうかもしれません」

甲府市の市立図書館の男性職員は、80代の女性宅を訪ねてそう説明した。

本棚には、亡き夫の「形見」の本が200冊以上。

「もったいなくて捨てられない」と寄贈の申し出を受けたが、引き取ったのは50冊だけだった。

「専門的な教育本などが多く、図書館向きでなかった」という。

同図書館が本の寄贈を広く市民に呼びかけ始めたのは、昨年7月。

この1年間に数千冊の寄贈の申し出があったが、蔵書になったのは約千冊にとどまった。

千葉県の市川市中央図書館には昨年度、約3万冊が持ち込まれた。

そのうち蔵書になったのは約6千冊。

その他の2万4千冊の大半はリサイクル市に提供し、一部は廃棄した。

「寄贈のピークは3~5月。引っ越しシーズンなんです」と担当者は話す。

処分されるのは、汚れや傷みが目立つ本。専門書や事典、マンガも多いという。

公立図書館が本の寄贈を募る背景には、自治体の財政難がある。

日本図書館協会によると、公立図書館1館あたりの本などの購入費は、ピークだった93年度の1617万円から07年度は1020万円に。

「予算が減って、5、6年前から寄贈を募る図書館が増えた」(事務局)という。

特に集めたいのが、貸し出し希望の多いベストセラー本。

経営の効率化が進む図書館では購入図書も厳しく精査され、同じ本は何十冊も買えないからだ。

神奈川県秦野市の市立図書館は「貸し出し予約が集中している本を寄贈いただけると助かります」と昨年12月からホームページで呼びかけている。

07年度の本・CDなどの購入予算は2162万円で、03年度の3463万円から4割近く減少。

ここ数年は、「どんなに人気がある本でも、同じ本の購入は10冊程度まで」と徹底されている。

同図書館の「予約ベスト10」(11日現在)をみると、「ホームレス中学生」(田村裕著)は、所蔵11冊に対し予約137人。

「流星の絆(きずな)」(東野圭吾著)は、所蔵10冊に予約130人。借りるまでに半年かかる本もあるという。だが、こうした人気がある本の寄贈は「残念ながら少ない」と担当者はいう。

なぜなのか。ある図書館の職員は「本を寄贈する人は本が好き。

捨てることに罪悪感があるから、読まない本を図書館に持ってくる」とみる。別の図書館職員も「図書館が本を捨てるのを代行しているようなもの」と嘆く。

ただ、寄贈された本を蔵書にするには、分類や表紙のカバー加工が1冊ずつ必要になる。

公立図書館は職員減も進んで「これ以上、業務は増やせない」(ある図書館職員)ため、蔵書にする作業が追いつかず、倉庫に山積みにしたままの本も多いという

*-* -私見-

個人的に思うに、古本の提供を受けるのではなく、市立図書館であれば、そこの地域にある企業や商店、一般の個人でも良いと思うのですが、年間一万円の寄付を募ってはと思う。

おそらく、年間一万円でしたら協力出来る方はいると思う。

その見返りに図書館側は年間の寄付者の「企業名」や「商店名」、また、個人であればその方の「氏名」を小さい掲示板で良いと思いますので図書館に一年間感謝として掲示する。

図書館長は図書館にいても大した仕事はしていない気がする(地元の図書館)、外回りをして寄付金を募って回る事が可能だと思う。

バブル崩壊後、確かに図書館の雑誌などの数が少なくなっている

**

2008年 7月13日 ”風の道草”
   

*-*   
   
コメント

NY原油先物、一時147ドル台

2008年07月12日 | 政治 ・経済 
**
※- NY原油先物が最高値、一時147ドル台
 
7月11日、ニューヨーク・マーカンタイル取引所での原油先物相場が大幅に続伸した。
 
WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油価格に於いて8月物が一時、1バレル= 147ドル台前半まで上昇した。
 
ナイジェリアの政情不安とイランのミサイル試射を受けた中東情勢の緊迫化で供給不安が強まっていることが買いの背景にあると言ってますが、私は単なる理由付けに過ぎないと思う。
 
要するに、何らかの理由付けをして、其れに釣られて買いが優勢となったところで高値で売却して差益を得る事でしかないと思う。
 
午前9時30分(日本時間午後10時30分)現在、8月物は前日比5.44ドル高の147.09ドルとなっていますが、多分、5ドルぐらいは今後、値下がりすると思う。

専門家筋では、1バレル=200ドルもあり得ると言ってますが、その時には産油国を除いた世界中の国々がインフレと同時に経済不安となり、原油高に対して世界中から批判の声が産油国や石油業界に向けられて危機的状況が懸念される事態になると思う。

また、其れと同時に原油高によって石油消費が落ち込み、原油が確実に売れなくなる。

地球環境の面から見れば、良いのかも知れない。

日本に於いて、その境界線となるガソリン価格は、リッター = 200円だと思う( 現在は180円を少し超えたところ )。

この価格を超えた時点で極端な車離れが進み、原油の輸入が何処まで減少するのか、ある意味で興味津々である ?

**

 2008年 7月12日 ”風の道草”

     
*-*   
    
コメント