“風の道草” ・ かぜのみちくさ View Japan-景趣- 3

☆・Made in Japan を、せめて、半分は買おう!!
☆・国内経済の安定は国内生産消費サイクルから!!

“風の道草” 「かぜのみちくさ」 View Japan-景趣- 3

※- フランスTV も注目日本の『 特捜検察 』とマスメディア
日本語の字幕が出ます
文字が小さいので、初めから「全面画面」で視てください
「正力松太郎」(読賣新聞)は、CIAのスパイだった!!

日本語字幕に関して、日本の大手新聞テレビ局が報道しない理由を的確に述べています。
*-*

Let’s go ! Heated discussion ⇒ 「阿修羅・掲示板
:
<-- TPP・密室交渉の知られざる罠 -->

「TPP・密室交渉の知られざる罠」

TPPのリーク・テキストを入手した市民団体「パブリック・シチズン」


ジョン・レノン John Lennon:世界は狂人によって支配されている

          ジョン・レノンが話している意味とは ⇒ ここから



内部告発!元アメリカ 国家安全保障局員 Jim Stone 氏

3.11大震災:アメリカ と イスラエルの裏権力が核兵器を使った!


目覚めた・アメリカ兵!NATO(実質アメリカ軍)こそが、テロリスト


山梨県・ノロウイルス猛威

2008年06月30日 | Weblog 
**
※- ノロウイルス・原因不明で猛威=山梨県-web news-
  
秋から冬に流行するノロウイルスの集団感染が、今年は6月になっても続く異例の事態となっている。
 
例年では、4月までに終息する、サポウイルス、アデノウイルスの集団感染が小学校など計11カ所、208人が感染性胃腸炎を発症した。
 
山梨県は調査を進めているが、原因は不明で有効な対策もとれず頭を抱えている。
 
ノロウイルスは、感染性胃腸炎を引き起こす病原体の一つで、感染から24~48時間で下痢や発熱などの症状に見舞われる。
 
ウイルスの付着した生がきなどの二枚貝や患者の嘔吐(おうと)物などを介して感染する場合が多く、かきが出回ったり乾燥してウイルスが飛びやすい冬場が患者発生のピークになる。
 
06年の集団感染は2月16日 ~ 07年は4月12日には終息している。
 
これに対し、今年は25件520人(27日現在)のうち、4月以降も、身体障害者療護施設・スカイコート勝沼(甲州市)や介護老人福祉施設・コスモ(甲府市)、住吉病院(同)など 「福祉施設 2 」、「病院 1 」、「小学校 4 」、「保育所・幼稚園 2 」と、9カ所 -  157人が感染した。
 
6月に町内4カ所で集団感染が明らかになった市川三郷町は10日、対策本部を設置。
 
学校などで予防を呼び掛けている。
 
感染が長引く原因について、県健康増進課は「ノロウイルスの感染力が高まったことも原因の一つとされるが、はっきり分からない」と話す。
 
一方、サポウイルスとアデノウイルスによる感染性胃腸炎の集団感染も発生。
 
サポウイルスはノロウイルスと同じ科に属し、アデノウイルスはプール熱を引き起こす病原体で、ともに下痢などの症状を引き起こす。
 
県内では初の集団感染で、各1カ所計51人が発症した。
 
県峡南保健所は水源や食材、人が集まるイベントなどでウイルスが広がる原因がなかったか調べているが、明確な原因がつかめていない状態だ。
 
県は、学校や福祉施設などの管理者らを対象にした研修会の開催を検討中で、県を挙げて対策を図る方針
 
*-*
   
コメント

激ウマ「おにぎり」を作る

2008年06月29日 | Weblog 
**
※- 「 激ウマおにぎり 」 を作るコツ    -Biglobe メルマガ-
 
さらば赤っ恥! オトナのベストチョイス  

お弁当の定番、おにぎり!作りこなせば、来週の昼食が劇的ランクUP!?

 
( Q ) そんな “激ウマおにぎり” を作る “ご飯の炊き方” は次のうちどれ?

※- あなたのベストチョイスはどれ? 

( 1 ) キッチリ、目盛り通りの水で炊く

( 2 ) 多めの水で炊く
 
( 3 ) 少なめの水で炊く
 
⇒⇒⇒ 判定は?あなたの回答は赤っ恥 ・・・ ?
 
]
]
]

◎- 今回のベストチョイスは

( 3 ) 少なめの水で炊く  ・・・ でした。

◎ 解 説

おいしいおにぎり作りの秘訣 ・・・ それはズバリ、「 少なめの水で炊いたご飯を使う 」 こと!

冷めてから食べることが多いおにぎり。
  
少しかために炊くと、時間が経ってもべちゃっとなりません。
 
そして、もう1つ大事なのは 「 できるだけ、にぎらない 」 こと!
 
何度もギュッギュッとにぎるのはNG。
 
にぎりすぎは、おにぎりの味を壊してしまうんです。
 
おいしいおにぎりを作る、参考レシピはこちら
 
ステップ- 1 ご飯を炊こう!
 
水加減は、炊飯器の目盛り通りの量より、やや少なめに。
 
 (*^_^*)v  ご飯用の竹炭を入れても GOOD!
 
炊けたら、炊飯器から大きめの容器に移して、全体をほぐす。
 
ステップ- 2  にぎってみよう! ( 三角おにぎりの場合 )
 
小さいボウルに、水と塩を適量入れ、混ぜたものを準備。
 
手のひらに塩水をつけ、ご飯を手のくぼみに乗せる。
 親指の付け根で挟んで、三角形の辺をつくる。
 
  ('□')/ 塩水のつけすぎに注意して!
 
 
上になる手を “ くの字 ” にして、そっと添えるようにして三角形の角をつくる。
  
最初に基本の形を整えるのがポイント。
 
ステップ- 3  いよいよ仕上げ!
 
手のひらでご飯を転がして、同じように三角形の辺と角をつくる。
 
  (^_-)-☆ 力は入れすぎないように。 愛情こめてにぎりましょう♪
 
軽く3回くりかえすと ・・・ おいしい 三角おにぎりのできあがり!!
 
~ おまけ ~
 
海苔は食べる直前に巻くと、パリパリの食感がおいしさを引き立ててくれます。

食べたときに口の中でホロっとなり、おいしさが広がる“激ウマおにぎり”。
 
ぜひ、試してみてくださいね♪

*-*
   
コメント

松坂大輔投手、9勝目

2008年06月29日 | Weblog 
**
※- 松坂大輔投手・今期9勝目
 
27日、松坂大輔投手はアストロズ戦に先発した。
 
試合開始の1回には3者連続三振を奪うなど順調な滑り出しとなった。
 
そして5回、満塁となるピンチで、続くバッターをショートフライに打ち取り、この回を無失点で切り抜け レッドソックスが3対0とリードした場面で降板した。
 
松坂大輔投手はヒット2本に抑え、無失点として、先月22日以来となる - 9勝目をあげました。
 
岡島秀樹投手は、レッドソックスが4対0とリードした8回から4人目として登板したが、3分の2イニングを投げて、ホームラン1本を含む2安打1失点と調子がイマイチだった。
 
試合結果: < レッドソックス 6 - 1 アストロズ
 
**
 
 2008年 6月28日 ”風の道草”
     
 
*-*
  
コメント

原油高騰と国際収支

2008年06月27日 | 政治 ・経済 
**
※- 原油高騰と国際収支
 
消費税率の議論がくすぶる中で、昨今、よく聞く言葉がある。
 
その言葉とは、日本は既に原油高騰によって消費税に当たる5パーセント相当分の支出を余儀なくされている。
 
要するに、原油高騰と現在の消費税を合わせて約10パーセントの支払いを国民が負っているのである。
 
ただ、消費税と違って物価値上がりの大部分は、そのまま海外へ石油代金として資金流出するので国際収支は悪化する。
 
ましてや国民にとって何の得もないと思いきや、それなりに儲けている一部の個人投資家や機関投資家などが居ることは事実であり、それが現実で有ることは否め無くもないが ・・・?
 
ここでも、私の嫌いなグローバル化なる自由主義経済が色濃く表れた結果とも言える。
 
現在の資本主義経済はマネー流動性、いわゆるマネーゲームであり実質経済が伴っていない事はサブプライムローン問題が表面化する前から言われていた事でもある。
 
アメリカやEUなど金融機関に於いて、まだまだ、サブプライムローン問題は此からも尾を引きそうである。
 
ある専門家は来年以降まで、この問題は長期化する考えを述べているし、直近での報告でもアメリカの金融機関( 銀行・証券・ローン会社など )は負債の償還が滞っている。
 
さて、日本に限らず原油輸入諸国は石油価格高騰によって、経済への影響がこれから益々大きくなり、その反動が危惧され、"第三次石油危機"の様相を呈しているとも言える。
 
経済専門筋の一部では既に、1バレル・200ドルに達するとの観測も出ているが、果たして、その時点に於いて、世界経済は平穏であり得るのかが気になります
 
**
   
 2008年 6月27日 ”風の道草”
 
 
*-*
              
コメント

A society that one can feel reassured in

2008年06月27日 | 政治 ・経済 
**
※- A society that one can feel reassured in
 
”This Message from the Prime Minister  Yasuo Fukuda.”
 
I heard that the people of Okinawa harbor mixed feelings when they see Deigo (Indian coral bean) blossoms.
 
They start to bloom each year around the time the Battle of Okinawa, which claimed as many as 200,000 lives, began 63 years ago and then scatter around the time the battle was all but ended, which reminds the people of all those precious lives that were lost to the war.
 
On Monday of this week, I participated in the Memorial Ceremony to Commemorate the Fallen on the 63rd Anniversary of the End of the Battle of Okinawa.
 
Feeling the mid-summer heat and humidity of the island, I was overwhelmed by an immense grief when I think back to the hardships experienced by the people of Okinawa in the summer of 63 years ago.
 
I imagined the many unrealized dreams and hopes of so many fallen young people and the prayers offered by the mothers and fathers who perished, wishing for the safety of their children.
 
Japan's peace and prosperity today is built on the precious sacrifice of the war dead.
 
I renewed my determination to reflect in today's politics the wishes of those who perished as we strive to make Japan a peaceful nation in which we can feel reassured.
 
Last week, the members of the National Commission on Social Security compiled a mid-term report.
 
The Commission has focused on discussions with a view to bringing about a fundamental reform of various systems related to social security.
 
Some of the issues under discussion are matters of great urgency that must immediately be addressed.
 
Given the people's dissatisfaction and anxiety, we should start doing whatever must be done now.
 
As an emergency measure for that purpose, this Tuesday I instructed the concerned Cabinet members to compile a Five-Point Reassurance Plan by the end of July.
 
The first pillar of this plan is building a society in which the elderly can lead active lives with a sense of reassurance.
 
The development of a healthy and vigorous society, in which elderly people with wisdom and experience can take part actively, is of supreme importance.
 
Moreover, we must take steps so that elderly persons can comfortably stay in places where they have lived for a long time by advancing a scheme to support home care, constructing more housing with home care service, and through other means.
 
The second pillar is establishing a society in which everyone with health concerns can receive healthcare.
 
A while back, I visited a center for pediatrics services and listened to what the people there had to say.
 
There are medical institutions with obstetrics and pediatrics services that have been closed due to the shortage of doctors, and emergency patients have been passed around hospitals.
 
We cannot ignore these situations.
 
Regarding the issue of the doctor shortage, more prospective doctors will be trained from now on.
 
I intend right away to step up efforts to facilitate networking among hospitals and clinics so that those medical institutions can provide necessary regional medical services by complementing the manpower and functions of the others that would otherwise be insufficient.
 
We must also expeditiously take measures to reduce the excessively heavy workload of hospital doctors and to ensure that people feel secure about giving birth to children.
 
The third pillar is measures to protect and raise children who shoulder the future.
 
I have listened to a lot of serious and urgent voices of many mothers and fathers struggling with child raising.
 
Those include, "My child has to wait until April to enter a nursery school," "My child will have nowhere to go after school when he enters elementary school," and "I would like to take childcare leave more flexibly."
 
In order to address such concerns, I will immediately look to take the necessary remedies for child raising assistance measures, including reviewing the way that people work.
 
< next page >
    
コメント

No-2 A society that

2008年06月27日 | 政治 ・経済 

** No-2

The fourth pillar is measures for non-regular employees such as dispatched workers and part-time workers.
 
Now, one out of every three employees has a non-regular job. Many non-regular workers are anxious about their future because of their unstable status.
 
It is important to give those people hope for the future by supporting their efforts to get regular positions and by expanding the coverage of social insurances.
 
In particular, I will take firm steps including revision of laws to prevent the hollowing out of the system protecting dispatched workers, as many problems such as the issue of day workers have been pointed out regarding dispatched labor.
 
The fifth and last pillar of the plan is to restore the people's trust in health, welfare and labor administration.
 
Public trust in the administration that manages the social security system including the pension system is a prerequisite for public participation in and support for the system.
 
That is why I will see to it that a thorough and comprehensive review on the administration of the Ministry of Health, Labour and Welfare, including its organizations, will be conducted.
 
It is my responsibility to ensure that ours is a society in which each and every one of the people can live with a sense of reassurance.
 
Realizing that is at the very core of the reforms from the public's viewpoint that I have advanced since becoming Prime Minister.
 
As such, I will continue to steadily implement policies, one by one, so that everyone can truly sense at the earliest date possible that the Five-Point Reassurance Plan is helping to put them at ease.
 
*-*
    
コメント

四川大地震、死者8万人

2008年06月25日 | 中国・韓国・北朝
**
※- 四川大地震、死者8万人を超える
 
6月24日、新華社通信によると、四川大地震による死者が8万人を超えたと報じた。
 
この日、政府震災対策本部の回良玉・副首相が北京で開かれている、「全国人民代表大会(国会)」・常務委員会で復興状況の報告の際、死者が8万人を超えるとの見通しを明らかにした。
 
死者は同日(24日)正午現在、6万9185人だが、行方不明者・約1万8467人の相当数がすでに死亡しているとみられることから、最終的に8万人を超えると報告した。
 
回良玉・副首相は、「新中国建国以来、破壊力が最大で、影響が及んだ範囲が最も広く、救援が最も困難な地震だった」と結論付けた。
 
温家宝首相は5月24日、国連の潘基文事務総長と震源地を視察した際に、「 死亡者が8万人に達する可能性もある 」と語っていた
 
*-*
 
     
コメント

USBメモリーから感染

2008年06月24日 | Website 

**

※- USBメモリーからの感染が増加 -web site-

・ 画面に現れず感染する

USBメモリー(コンピューター用外部記憶媒体)を介してパソコンがウイルスに感染する被害が、今年に入って拡大していることが、ウイルス対策会社「トレンドマイクロ」の調査でわかった。

同社は被害拡大防止のため、定期的な外部記憶媒体のウイルス駆除を呼びかけている。

被害の仕組みは「オートラン」と呼ばれる不正ファイルが、USBメモリー内でウイルスを活動させ、接続したパソコンに感染する。

同社は2月に初めて58件の被害を確認、その後、3月に138件、4月に110件、5月に150件と増えてきた。

不正ファイルの種類別の順位では4か月連続1位。USBメモリーの貸し借りを通じて感染が続いているとみられる。

パソコンに感染したウイルスはインターネット上のサイトから別のウイルスを呼び込み、最終的に個人情報を盗み出す。

今のところネットゲームのパスワードを盗むウイルスが確認されているが、銀行口座やクレジットカードの情報が盗まれる被害も想定される。

このウイルスは、SDカードなどあらゆる外部記憶媒体に、パソコン画面に現れずに感染するため、同社で注意を呼びかけている

*-*

   

コメント

ソフトバンク優勝・交流戦

2008年06月22日 | Weblog 

**

※- ソフトバンク優勝・セパ交流戦

プロ野球の交流戦は22日、ソフトバンクが初優勝を決めた。

4年目の交流戦はパ・リーグ球団の4連覇となった。

今年の交流戦は14勝9敗で並んだソフトバンクと巨人、阪神と日本ハムが最終戦に優勝をかけて、それぞれ対戦した。

巨人に勝ったソフトバンクが、日本ハムの連覇をはばんだ阪神と勝敗で15勝9敗と並んだが、規定によってソフトバンクの優勝がきまった。

規定によると、勝率が同じな場合は昨年の交流戦で順位が上位だったチームが優勝と成るらしい

*-*

   

コメント

北京:野球・第二次候補

2008年06月21日 | Weblog 
**
※- 野球・星野 Japan 第二次候補選手
 
最終メンバーは7月中旬に発表。8月2日から合宿に入り、8日にパ・リーグ選抜、9日にセ・リーグ選抜と強化試合(いずれも東京ドーム)を行った上で北京に向かう。
 
2次候補38選手は以下の通り ≫
 
< 投手 >
 
上原浩治(巨人)
川上憲伸、岩瀬仁紀、吉見一起(中日)
岩田稔、藤川球児、久保田智之(阪神)
ダルビッシュ有(日本ハム)
渡辺俊介、成瀬善久(ロッテ)
和田毅、久米勇紀、杉内俊哉(ソフトバンク)
田中将大、岩隈久志(楽天)
涌井秀章(西武)

< 捕手 >
 
阿部慎之助(巨人)
矢野輝弘(阪神)
相川亮二(横浜)
石原慶幸(広島)
里崎智也(ロッテ)
細川亨(西武)

 
< 野手 >
 
小笠原道大、 高橋由伸 (巨人)
荒木雅博、井端弘和、和田一浩(中日)
新井貴浩、赤星憲広 (阪神)
村田修一(横浜)
宮本慎也、青木宣親(ヤクルト)
稲葉篤紀(日本ハム)
サブロー 、西岡剛(ロッテ)
川崎宗則(ソフトバンク)
中島裕之、片岡易之、G.G.佐藤(西武)
 
*-*
     
コメント