“風の道草” ・ かぜのみちくさ View Japan-景趣- 3

☆・Made in Japan を、せめて、半分は買おう!!
☆・国内経済の安定は国内生産消費サイクルから!!

“風の道草” 「かぜのみちくさ」 View Japan-景趣- 3

※- フランスTV も注目日本の『 特捜検察 』とマスメディア
日本語の字幕が出ます
文字が小さいので、初めから「全面画面」で視てください
「正力松太郎」(読賣新聞)は、CIAのスパイだった!!

日本語字幕に関して、日本の大手新聞テレビ局が報道しない理由を的確に述べています。
*-*

Let’s go ! Heated discussion ⇒ 「阿修羅・掲示板
:
<-- TPP・密室交渉の知られざる罠 -->

「TPP・密室交渉の知られざる罠」

TPPのリーク・テキストを入手した市民団体「パブリック・シチズン」


ジョン・レノン John Lennon:世界は狂人によって支配されている

          ジョン・レノンが話している意味とは ⇒ ここから



内部告発!元アメリカ 国家安全保障局員 Jim Stone 氏

3.11大震災:アメリカ と イスラエルの裏権力が核兵器を使った!


目覚めた・アメリカ兵!NATO(実質アメリカ軍)こそが、テロリスト


ひき逃げ誤認逮捕:10ヶ月間留置

2006年06月29日 | Weblog 
**
Blog・( ひき逃げで誤認逮捕10ヶ月間留置 )

これって何処の国の話しか・・・日本の警察、それも警視庁だなんて、警察も改革が必要ですね!!

今に始まった事では無いが、警察組織は末期的な状況と、前々から言われている。

この様な権力組織が野放しになっている日本は平和と言えばそうなんでしょうが国会議員の皆さん、ちゃんと警察改革法案出してくださいよ!! え、やばいから出来ない。

まあ、その様な国会議員が多いから現在に至っているのでしょうけど、ところで、この事件の弁護を担当した弁護士さん、10ヶ月間、何を行っていたのでしょうか。
*-*

- web news -
 昨年6月、パトカーに追跡されていた乗用車がミニバイクの男性(26)にけがを負わせたひき逃げ事件で、警視庁交通捜査課は29日、昨年8月に危険運転致傷容疑などで逮捕した神奈川県相模原市の塗装工の男性(27)について、誤認逮捕だったと発表した。

 男性は昨年8月19日に逮捕、9月に起訴された。初公判以降、8回の公判で一貫して否認していたため、今年6月8日まで約10カ月間拘置されていた。

 交通捜査課は29日、危険運転致傷と道交法違反容疑などで犯行を認めた住所不定、無職榎本智久容疑者(21)を、犯人隠避と偽証容疑で、男性が運転していたと公判で証言した菅野北斗容疑者(21)を逮捕した。男性と榎本容疑者は遊び仲間だったという

**

コメント

郵政民営化 の 序走

2006年06月28日 | Weblog 
*-*
Blog・( 郵政民営化 の 序走 )

郵政民営化に向けて、さっそく地方の郵便局に対して削減案が計画されている、その様な報告が日本郵政公社からマスコミに流された。まあ、小泉首相が推し進めた郵政民営化の未来がハッキリ見えて来たと言えるのでしょう。

報道によると、当然のように地方の過疎地が郵便収配業務の廃止となりそうである。数字的には1048局が廃止の計画に挙げられている、約 二割に相当する局数になるとか。

ここでもやはり、弱い地方の過疎地が対象となる事は、民営化の時から解かっていたと言えるでしょう。
*-*

 2006年 6月28日 ”風の道草” -景趣-
     
**
コメント

ゴーン・マジック と 日産

2006年06月28日 | Weblog 
*-*
Blog・( ゴーン・マジック と 日産自動車 )
 
きょうの web news に、この様な記事があった。
 
『 ゴーン・マジック が通用しなくなった 』 という否定的な報道がこれからも出るだろうが、どうか私を信じてほしい 」。日産自動車の、カルロス・ゴーン社長は27日の株主総会で、国内外で続く深刻な販売不振を問いただす株主に対し強気の弁明を繰り返した。
 
あくまでも私見ですが、私はゴーン氏が日産の再建は可能だが自動車の販売台数を伸ばせるかは疑問であると以前、ブログに書いています。
 
日産自動車再建は簡単に言えば人員削減であり、それによって多くの日産工場が閉鎖された。 良く民間企業は身を削って企業再建を行っている、郵政民営化などの時もマスコミや政治家が良く使った言葉であった。
 
果たして、人員を削減して企業再建が企業の努力と言えるだろうか? 私は何らその様には思わない。日産自動車の場合、経営者が過剰なる設備投資と、過剰なる人員を採用して於いて、バブルが弾けて経営危機に陥った事であって、単なる経営責任者能力の問題であり、人員削減や工場閉鎖が出来る トップが居なかっただけの話だと思う。
 
そこで何ら日産と腐れ縁が無い、ゴーン氏をルノー企業に頼んで人員削減と、その他諸々ありますが、要するに ゴーン氏が自動車の販売を促進する経営思案があるかは別問題で、主なる目的は人員削減であった事は否めない。
 
要するに自動車の販売に関する計画など、当時の日産関係者が期待していたとは思わない。
 
自動車の販売戦略と企業再建能力とは似ている様だが、現実は別個の物だと考えるのが普通じゃないのでしょうか。
 
自動車メーカーはコスト削減の為に部品の共有化を図って行っている。その事は日産に限らず、世界一を目指すトヨタ自動車も同じであり、その事だけが原因とは言えませんが、一度に大量のクレームが発生して経営面への影響が大きくなり問題化している。
*-*
 
2006年 6月28日 ”風の道草” 景趣
 

 

- web news -

 日産は昨年10月以降、国内販売が8カ月連続の前年割れで、北米も新車投入がなく苦戦が続いている。同9月までの大規模な販売促進活動の反動で、ゴーン社長は「 年度前半の台数減は予想されたこと 」 と釈明。「 08年度の世界販売420万台 」 という長期目標の達成を約束した。

ただ、新車を投入する今秋までは厳しい状況が続くとし、84万6000台と設定した06年度の国内新車販売台数については「80万~84万6000台になる」と、下ぶれする可能性に言及した。

 05年度の事業報告では取締役11人に支払われた報酬総額が25億2700万円だったことを明らかにした。トヨタ自動車の9億4000万円(対象26人)などと比べ、一部株主からは「 ダントツに高い 」 という声が出たが、ゴーン社長は「 これまでの目標達成に見返りがなくてはならない 」 と話し、妥当な額との考えを強調した。

 一方、2010年までに行うと表明していた東京・銀座から横浜市への本社移転について、ゴーン社長は09年の横浜開港150周年に合わせて実施することを明らかにした

*-*

コメント

イラク:自衛隊の車両横転

2006年06月27日 | Weblog 
*-*
Blog・( イラクで自衛隊の車横転・3人負傷 )

自衛隊のイラク(サマーワ)からの撤退が決まって、7月中には空輸部隊を除いて撤退が完了すると言われている中で、撤退輸送中の車両が横転してケガ人が出ているとか  ・ ・ ・、 そのようなニュースが昨日の夜に流れた。

今日になって自衛隊員 3人が重軽傷を負ったと報じていましたが、自衛隊の撤退が決まって隊員に気の緩みが起きない事を願うばかりです。 ニュースによると、イラク派遣でケガ人が出たのが初めてとか ・ ・ ・ 。

イラク現地からの撤退がスムーズに進む為に100人ほどの自衛隊員を新たにクウエートに派遣するとか。
 
それにしても内戦状態が続くイラク、同じ宗教でも宗派の違い、また、民族間の対立と、まだまだ紛争が治まりそうに無い。

また、最近アフガン情勢も各地でタリバンとの衝突が起きていると報じられています、 宗教観の違いや民族紛争は、そう簡単には治まりそうに無い、というのが実感かな。
*-*
 2006年 6月27日 ”風の道草” 景趣
コメント

梅雨どきの・カビ

2006年06月26日 | Weblog 
*-*
Blog・( 梅雨どきの・カビ )

私のブログがあるサイトに、皆様からのトラックバックやコメントを含めた、その時々の・お題が設定される場所がある。で、今回:「 梅雨 」とありましたので、梅雨どきにまつわる出来事を探しつつ、何かに絡めて書いてみようと、取り合えずタイトルを考えつつ書き出した。

もう、沖縄や奄美地方は梅雨明けと成りましたが、どうも今年は集中した大雨となり沖縄やその周辺の島々では土砂崩れなどの被害が出ている、その様なニュースが聞こえている。

また、九州地方なども大雨で大変な様子でありますが、被害の方は詳しくは分かりませんが? どうなんでしょうか。

関東の梅雨入りは平年並みでしたが、雨の量に関しては今までのところ平年より少ないと言えるようです。まあ、此れからしばらくは雨の日が多くなる事でしょう。

さて、今回のテーマ、「 梅雨 」に付いてですが、この時期、油断していると革製品が「 カビ 」に狙われる。

靴など、目に付くところに置いてある物は気を付けて居れば、まあ、何とか気付き易いのですが、2年前は カビに、コート と ジャンバーが狙われてしまった。 それなりに注意して仕舞ってあったんですが、カビに覆われていた。 カビに覆われた革製品は見るのも嫌ですね!!

まあ、それ程は酷くなかったのでカビ予防のスプレーを多めにかけて、出来るだけ目に付き易い所に置くように心がけています。特に梅雨の時期には革製品には気を付けたいですね。

また、この時期から・エアコンを利用する( 一年中利用の方もいるでしょう )方が多いと思いますが、使う前に・エアコンを掃除してから使いましょう。 あの、いや~な臭いが送風口から部屋中に広がる前に。

きょうの書き込みは、MSN Spaces Staff が設けた「 梅雨 」に関して、「 梅雨どきの・カビ 」に付いて書きました。 こんなもんかな ・ ・ ・ と書いていますが、夜になっても蒸し蒸しとした感じです
*-*

 2006年 6月26日 ”風の道草” -景趣-

**

     

コメント

日銀総裁のモラル

2006年06月24日 | 政治 ・経済 
**
※- 公人は厳しく自らを律すべき -※ ( 小沢:メルマガより )

◎・『 無責任で利己的な風潮が蔓延・』
**
いま、村上ファンド絡みの問題が国民的関心を集めている。最大の注目は、日本銀行の福井俊彦総裁だが、わが民主党の松井孝治参院議員も20日、記者会見を開き、秘書2人が村上世彰容疑者が代表を務めていた村上ファンドの関連会社から、計約153万円の給与の肩代わりを受けていたことを認めた。

これは政治資金規正法上の寄付行為であり、きちんと報告しなければならない。僕も鳩山由紀夫幹事長を通じて厳重に注意した。本人も「軽率だった」と反省している。早急に政治資金収支報告書を修正させる。

いずれにせよ、立法府の人間として、所属議員全員が自分の立場や責任を理解し、自らを厳しく律していかなければならない。

さて、注目の福井氏だが、日本の金融政策の最高責任者であり、総元締めといえる立場にいる。それが「投資」というより「投機」に近い村上ファンドに1000万円を出資し、約1500万円もの運用益を得ていた。

国会質問で「(村上容疑者への)激励のために出した」と答弁していたが、公正性や中立性が求められる日銀総裁に就任した以後も出資し続けていたことは、見識を疑わざるを得ない。前出の松井氏は通産省時代から同ファンドに出資していたが、国会議員になる前には精算している。

現在、福井氏には総裁辞職を求める声が高まっている。法令や日銀内のルールには反していないが、問われているのは道義的責任だ。繰り返すが、公人は自らの立場と責任を自覚しなければならない。

僕は以前から、日本社会の精神的荒廃について指摘してきた。この精神的荒廃は、一部の不心得者だけではなく、世の中の指導者や重要な任務を受けた層まで広がっている。

つまり、「自分さえ儲かれば、他人がどうなってもいい」「その場さえやり過ごせれば、後はどうなっても構わない」といった、無責任で利己主義的な風潮が日本中に蔓延しているのだ。

「維新の三傑」と称された西郷隆盛はかつて、「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るもの也。此の始末に困る人ならでは、艱難を共にして国家の大業は成し得られぬなり」と語ったという。

福井氏らの立ち居振る舞いを見ていると、現在、このような人物は日本の指導層にはいないことを実感する。わが国の将来を悲観したくなるが、決してあきらめてはいけない。あきらめない気持ちの中にこそ、国家の大業を成し得る原動力が潜んでいるはずだ

*-*     
コメント

朝鮮半島南北対話

2006年06月24日 | Weblog 
*-*
Blog・( 朝鮮半島南北友好対話への疑問 )
 
またまた、北朝鮮から韓国政府に対して延期の要請が届いた。何にが延期されたかと言いますと、金大中( キム・デジュン )前大統領の北朝鮮訪問が今月末に予定されていたが、どうやら無理のようである。
 
韓国側の丁世鉉( チョン・セヒョン )元統一相は 21日、ソウルで記者会見を行い、北朝鮮によるテポドン2号発射準備の動きを理由に、今回の訪朝を見送ったことを明らかにした。 とありますが実際は北朝鮮側から延期を告げられたと言うことでしょう。
 

南北朝鮮民族統一に関しては当事者の問題ですから、外からトヤカク言われたく無いでしょうが、隣国である日本としても関心を払わざる得ない問題であります。

しかし、実際に南北が統一する場合、社会制度の違いなど、問題点が多くあるにも関わらず、どの様なビジョンで統一しようとしているのか、その点が全く公表されていない。単なる金大中・元大統領から、ノムヒョン政権に受け継がれた南北統一スローガンの言葉でしかなく、その言葉と日本を批判する事が大統領の政権維持には欠かせない。

要するに政権維持の道具として利用されているだけである。 何故なら、そこには何ら統一に関しての具体案が示されていないからである。

 

北の将軍様が韓国が言う、南北統一に対して本当に関心を示しているとは到底思えない。何故なら北朝鮮の問題と言うより、北の将軍様一族と、北朝鮮軍部の問題だからである。

今回の訪朝見送りについて、金大中・前大統領は「 すべて任せる 」と担当者に話しているといいますが、南北朝鮮を結ぶ鉄道路線と同様にまだまだ、道のりは遠い気がする。 もっと時間を要する問題と思いますが ・ ・ ・ 。

 

気が短いといわれる朝鮮人ですが、どうやらそうとも言えないようですね、良い事なんでしょう、多分!! しかし、分かりません、現在、アメリカの政策によって北朝鮮の国外資産と金融関係が止められているから。

*-*

 2006年 6月22日 ”風の道草” 景趣

 

**     

コメント

WCサッカー:素人の感想

2006年06月23日 | Weblog 
**
サッカー素人が書く 「 WCサッカー・ドイツ大会 」 日本 対 ブラジル戦、素人の文章も頓珍漢な書き方で面白いかもよ!!読んでください
 
**
・WCサッカー・ドイツ大会: F組
 
1次リーグ: 日本 対 ブラジル 試合結果 ⇒ 日本 1-4 ブラジル
F組 一次リーグ、日本の敗退決まる ( ドルトムント・ ドイツ ) 
 
*-*
Blog・( WCサッカー、日本敗退決まる )
 
日本時間、きょう23日の早朝4時からWCサッカー、日本対ブラジル戦が行われ、日本は前半、サントス選手からの、たてパスを玉田選手が機敏な動きでシュートを放ち先取点を挙げた。
 
ブラジルチームはすでに勝ち点6を挙げ、二次リーグ(決勝リーグ)進出を決めていたので本気とは言えない前半の攻めをしていたが、玉田選手に先取点を入れられ、本気モードに変わった感じを受けた。
 
ブラジルは前半戦のロスタイムにロナウドがヘッデイングシュートを決め、1対1で前半戦を終えた。 またしても、な~んか嫌な前半戦の終わり方だった。
 
後半戦になるとブラジル選手の動きが良くなり、パス回しで攻撃チャンスを作り、あっと言う間にシュートを蹴って来た。
 
今日の試合でも、ゴール・キーパー川口選手の活躍が目立ちましたが、グランドの芝が濡れていた関係なのかボールが滑る感じで一点を入れられたケースもあった。
 
その後、ロナウドが 2つ目のゴールを決め、ブラジルは後半戦に 3つのゴールを決め、日本は 4対1 で敗れ、一次リーグ敗退が決まった。
 
ブラジル と 日本サッカーの違いは何なのか??
 
彼らは当然ですけど身体能力が高い、スピードがある、そしてパス回しからチャンスを作って素早く攻撃する。 シュートに持っていくまでのパス回し、そして一気にゴールを狙って攻めて来る、その時の機敏な動きとゴールへの執念、それと攻めの際の選手の配置が良い、必ず一人はゴールから距離を置いていて、味方の攻めの際に相手に囲まれた時、攻撃選手でありながら一人離れた選手にボールをパスし、その選手がゴール近くの選手に上手くパスを出す。
 
その様な印象を強く受けたブラジルのチームでした。 その結果が出たのが、日本のゴール前での攻めぎ合いを展開していた、ロナウジーニョ選手はゴールから45度の離れた選手に外パスを出して、そのボールをジャストポイントでロナウドが待っているゴール前にホールを上げた、中沢選手もついていけず、ロスタイムに ロナウドがへデングシュートを決めた。
 
きょうの試合で、2ゴールを決めたロナウド選手は、ボールを受けてからの瞬間的な機敏なスピードの動きをする。 試合中には、それ程動かない。
体が大きい性もあるのでしょうが、試合中はそれ程走らないし動きも悪い。 しかし、フォワードとしてボールを受けてからのゴールへの動きは俊敏に相手を交わす。彼を見ているとシュートをする時だけ機敏に動く、そんな印象を受けた動きだった。
 
ブラジルチームは、まだまだ、ブラジルサッカーの動きが戻っていないと言っているそうですが、それでも強い。簡単にゴールを決めるテクニックはテレビ観戦ながら、その動きは素晴らしいの一言でした。
 
テレビ観戦に於いて、オーストラリア戦の試合は、日本選手の動きが鈍く、試合を楽しめなかったが、クロアチア戦の前半後半、ブラジル戦では後半にブラジルに 2点目のゴールを決められた時点までは、日本選手の動きも良く試合を楽しめた。 しかし、ブラジルが 2点目を入れた後の日本選手の動きは視ていて悲しく思えた。何故なら、日本選手自身も一次リーグの敗北を認めざるえない状況で試合を続けているからである。
 
テレビ観戦ながら日本選手の皆さんには厳しい戦いであることは重々承知ですが出来れば、あと一つゴールをブラジルから奪って欲しかった。 そんな気持ちでテレビを視ながら応援していた。 そのもう一点が遠い日本選手のゴールシーン。 残念ながらブラジルの壁は厚く追加点のゴールを決めることは出来なかった。
 
サッカー王国・ブラジルは強い。だからと言って今回も優勝するとは言えない、サッカーのテレビ中継をほとんど視ませんが、蹴ったボールが相手の選手に当たって、ゴールしてもゴールとなる。
 
サッカーは 1~2点の勝負が多いから難しいスポーツであることは誰もが認めるスポーツ競技。 きょう、行われた日本対ブラジル戦は4 対 1のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。 
**
ブラジル選手で注目の選手 「 ロナウジーニョ選手 」はクロアチア戦では時として3人に囲まれたりと、ほとんど動きが取れなかった。
日本戦に於いてはクロアチア戦ほどの厳しいマークは感じられなかったが、得意のドリブルもほとんど見られず、少し残念な試合内容と言えた。
*-*
 
 2006年 6月23日 ”風の道草” 景趣
    
 
**
   
コメント

ネット回線と公共施設

2006年06月21日 | Weblog 
*-*
Blog・( ネット回線 と 公共施設 )
 
東京都三宅島で、島の役所がネット料金を未払いしていた為、ネット回線が止められインターネットが使えず、毒ガスの噴出が続く三宅山火山ガス情報など住民に伝えられない状況であった事が報道された。
 
なぜ、この様な事態になったか、役所の説明によると職員の移動などで引継ぎにミスがあったとしている。
 
ところで三宅島の役所にパソコンやインターネットに詳しい職員がいるのだろうか??、三宅島の役所に限った事ではないですが、政府の音頭で事務処理のネットワーク化が進む中、特に離島や山間僻地でのサポートは十分に行われているのでしょうか・・・?
 
三宅島の場合、色んなインターネット関連が使えなくなった事で気付いたらしいが、最初は役所内のネットワークの問題だと思っていたようだ。
 
よくよく調べたら、と言うことは、いつも委託しているサービス会社が問題点、インターネット回線が止められている事に気付いたと言えるでしょう。
 
三宅島役所と契約しているインターネット会社は、多分、未払いに於いて自動的に回線を遮断したと言えるでしょうが、公共施設の場合、色んなネットワークが構築されている関係上、この様な機械的な対応は如何なものか ・ ・ ・ 疑問でしかない。
 
特に、三宅火山の噴煙である毒ガス情報が遮断した問題は、危機管理の欠如としか言えない。 まあ、役所とは、そんな感じも大有り~、かもね!!
*-*
 
 2006年 6月21日 ”風の道草” 景趣
     
コメント

電子マネーIDが流出

2006年06月21日 | Weblog 
*-*
Blog・( NTT・電子マネーIDが流出 )
 
電子マネー時代が走り出しつつある こんにちですが、IT時代の犯罪もこれ又、毎日のようにマスコミから流れてくる。 きょうは、NTT・東日本の子会社「 NTTカードソリューション 」が運営する電子マネーの顧客 ID が流出したという マスコミ報道があり、また、防衛庁では以前問題になった、ファイル交換ソフト「 ウィニー 」事件で、守屋武昌事務次官や陸海空3自衛隊トップの各幕僚長ら計47人を処分した、という報道があった。
 
私は、この様な IT 犯罪は防ぎようが無いと個人的には思っている。
IT社会についてよく言われる事は、ネット・セキュリティーから情報が漏れる事より、現場で働く人達や、ソフト管理会社関係絡みで犯罪が起きる事の方が、現在のところ多いと言われている。
 
インターネット経由で情報が盗まれる心配は、今のところ、それ程心配する必要は無いと言われる。 ファイル交換ソフト「 ウイニー 」などは問題外、そもそも相手のパソコンとファイル交換するソフト自体、ネットセキュリティーなる考えを持ちえていない。 その様な事をソフト会社シマンテックの関係者が以前インタビューに答えていた。
 
さて今回、NTTの子会社が、約8万件の ID(身分証明番号)を盗まれた、問題はネットキャッシュを管理するサーバーへの不正アクセスから、IDが盗まれたと言うことである。 それって何!!、そんなに簡単にセキュリティー対応を突破されるなんて、専門家はどの様に思っているのでしょうか。 それもカード専門会社ではないですか・・・??
*-*
 
2006年 6月20日 ”風の道草” 景趣
 
*-*
 
- web news -
**
NTT東日本の子会社「NTTカードソリューション」は20日、同社が運営する電子マネー「ネットキャッシュ」の顧客IDがサーバーに不正アクセスした第三者によって IDを引き出したとみられ、不正利用による被害総額は約327万円としている。

 ネットキャッシュは、16ケタのIDを使い、プリペイド(先払い)方式でパソコンでのオンラインゲームソフト購入などの決済を行うサービス。今月9日に顧客から「利用していないのに残高がゼロになり利用できなくなった」との苦情があり、サーバーへのアクセス記録を調べたところ、5月末に不正に大量のIDが引き出されていたことが判明。同社は今月中旬にプログラムを修正し、不正アクセス防止策を強化した

*-*
 
** 
自衛隊員の私物パソコンから、ファイル交換ソフト「ウィニー」で秘密扱いを含むデータがインターネット上に公開された6件の情報流出問題で、防衛庁が処分内容を公表した。
 
守屋次官と森勉陸上幕僚長、吉田正航空幕僚長が訓戒、斎藤隆海上幕僚長が戒告で、いずれも監督責任を問われた。

 残る43人(海自29人、陸自8人、空自6人)は停職―口頭注意で、このうち6人(海自3人、空自2人、陸自1人)が情報を流出させた責任を問われた

*-*

     

コメント