“風の道草” ・ かぜのみちくさ View Japan-景趣- 3

☆・Made in Japan を、せめて、半分は買おう!!
☆・国内経済の安定は国内生産消費サイクルから!!

感染性胃腸炎・年末にかけて拡大か 2012年12月

2012年12月18日 | Weblog 

**
※- 感染性胃腸炎・年末にかけて拡大か 2012年12月18日

12月18日 NHK website :ノロウイルス」などによる感染性胃腸炎の増加が続き、流行は年末にかけてさらに拡大するとみられることから、国立感染症研究所は、手洗いなど感染防止策の徹底を呼びかけています。
**
国立感染症研究所によりますと、全国の小児科から報告される感染性胃腸炎の患者は、8週連続で増加し、今月9日までの1週間で、1施設当たり19.62人となりました。

これは去年の同じ時期の2.2倍で、この10年では全国的な大流行となった平成18年に次ぐ多さです。

都道府県別にみると、宮崎県が35.94人と最も多く、鹿児島県が34.02人、愛媛県が31.84人などとなっていて、九州や関西などでは前の週を下回ったものの、関東や東海を中心に増加が続いています。

この時期の感染性胃腸炎の大半はノロウイルスが原因で、ことしは、新しい遺伝子変異が全国で確認されていることから、感染が広がりやすくなっていると指摘されています。

このため、国立感染症研究所では、流行は年末にかけてさらに拡大するとみて、手洗いをこまめに行うとともに、下痢やおう吐などの症状のある人が出た場合、マスクや手袋をしたうえで、周囲を塩素系の消毒剤で拭き取るよう呼びかけています。

国立感染症研究所の安井良則主任研究官は、「忘年会シーズンを迎え、感染性胃腸炎は食中毒や集団感染によって、さらに増えるとみられる。感染防止策の徹底を図ってほしい」と呼びかけています

*-*

コメント   この記事についてブログを書く
« BTO・パソコンを購入すれば国... | トップ | 東京株式市場・8か月半ぶり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog 」カテゴリの最新記事