“風の道草” ・ かぜのみちくさ View Japan-景趣- 3

☆・Made in Japan を、せめて、半分は買おう!!
☆・国内経済の安定は国内生産消費サイクルから!!

鹿児島・口永良部島で火山噴火 2015年05月29日

2015年05月29日 | Website 

**
※- 鹿児島・口永良部島で火山噴火 2015年05月29日



5月29日、NHK website ー: 29日午前、鹿児島県の口永良部島の新岳で爆発的な噴火が発生し、噴煙が9000メートル以上の高さまで上がった。


火砕流が新岳の南西側から北西側にかけての海岸まで到達したのが確認されました。


気象庁は、今後も爆発力が強い噴火や規模の大きな噴火が発生する可能性があるとして、口永良部島に噴火警報を発表し、噴火警戒レベルをレベル5に引き上げて厳重な警戒を呼びかけています。


気象庁の観測によりますと、29日午前9時59分ごろ、口永良部島の新岳で爆発的な噴火が起き、噴煙が火口から9000メートル以上の高さまで上がり、火口の周辺に噴石が飛散しているのが確認されました。


噴火は現在も続き、映像では火口から噴煙が上がっているのが確認できます。また、噴火に伴って火砕流が発生し、新岳の南西側から、北西側の向江浜地区にかけての海岸まで到達したのが確認されました。


気象庁によりますと、火砕流の到達が確認された地域の大部分は、去年8月の噴火のあと、立ち入りが規制されている場所に当たり、向江浜地区の北側にある前田地区には火砕流は到達していないことを現地にいた職員が確認したということです。


気象庁は、午前10時7分に口永良部島に噴火警報を発表し、噴火警戒レベルをレベル3の「入山規制」から最も高いレベル5の「避難」に引き上げ、住民に対して自治体の避難等の指示に従って厳重な警戒を呼びかけています。


気象庁が噴火警報を発表したのは、平成19年12月に噴火警戒レベルが導入されてから今回が初めてです。


気象庁は、今後も爆発力が強い噴火や規模の大きな噴火が発生する可能性があり、火砕流の到達が予想される地域では自治体の指示に従って島の外へ避難をするなど、厳重に警戒するよう呼びかけています。


<予知連会長「去年より規模大きい」>


今回の噴火について、東京大学名誉教授で火山噴火予知連絡会の藤井敏嗣会長は「最初に爆発的な噴火で噴煙が立ち上がり、すぐに噴煙の根元から火砕流が発生して海岸に向かって流れたのが見えた。


マグマ水蒸気爆発が起きて一部の噴煙が崩れ、火砕流が西側の海岸に向かって流れたという状況だと思う。去年8月2日に起きた噴火と似ているが、もう少し規模が大きいと思う。


この1回の噴火でだけで終わるのか噴火が継続するのか、注意して見ていく必要がある」と話しています

**

『3.11・東日本大震災:2011年』 から、約4年3ヶ月

福島第一原子力発電所の3号機と4号機は小型核兵器で破壊された

YouTube 検索 ⇒ ジム・ストーン

http://blog.goo.ne.jp/view_japan/e/b04b415bcbb46b9fdd63e9e68a10b9ef

*-*

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« FIFA巡る事件:米司法当... | トップ | ネイティブに近い音声に変換... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Website 」カテゴリの最新記事