2020年度サッカー部OB会「年会費」のご協力をお願い申し上げます。

サッカー部強化のため、OB会運営のさらなる発展のため、なにとぞご理解とご協力をお願いいたします。

「令和2年度秋田県高等学校新人サッカー大会準々決勝 」秋田南VS新屋 結果速報!

2020年11月01日 18時34分43秒 | 高円宮杯U-18リーグ
今日から11月。残すところ2ヶ月となりました。早いものです。2020年もあと少しで終わります。

2月に中国を発信源とするコロナウイルス感染症が流行し、我々の生活は激変しました。
仕事・行事やイベント・そしてサッカーの試合と大会。中止や自粛、延期を余儀なくされました。
仕事の制限が始まり、飲食にも自粛、制限が加えられました。大勢で集まることはほとんど出来ていません。
わたくしの仕事内容も激変しました。笑 
予定されていた大会や事業が相次ぐ中止に。在宅勤務もしました。コロナ対策ガイドライン文書の考案から作成もしました。本当に本当に激動の2020年だったと思います。笑

今、ふと思うに、「日々の ”平穏で健康に送れる生活” ほど幸せなものはないんだな。」と感じております。
コロナが発症し自粛生活が始まるまで(2020年2月中旬頃)の日々の生活を思い起こしてみると、そう感じずにはいられません。
この感染症は突然消滅するわけではありませんし、ワクチンの完成ももうしばらく先のことでしょう。

「コロナ共生」。
そう遠くない近いうちに、ワクチンが我々の元に届くでしょうが、我々は今後も、感染対策のための自粛・規制・制限と向き合い、生活スタイルを合わせていくことが求められるでしょう。
2021年以降も間違いなくこの状況下で日々の生活を続けていくことになるでしょう。

コロナと共に生きていく生活スタイルを、自分自身で工夫して変容させていきつつ、バージョンアップも試み、臨機応変に対応していきたいところですよね。

みなさま、こんばんはOB会事務局のN岡です。
ここまでは「2020年、N岡の回顧録」でした。

とはいえ、まだ2020年は2ヶ月あります!残り2ヶ月を悔いなく、やり残したことを達成させ、充実したなと思える1日1日を過ごして参りましょう!

さてさて、みなさま、お待たせいたしました。
標記大会準々決勝、秋田南VS新屋の試合結果速報をご紹介いたします!!

 ※ ※ 令和2年度秋田県高等学校新人サッカー大会 2回戦 ※ ※
 2020年11月1日(日曜)10:00キックオフ 
 会場/秋田市 明桜高校グランド

  秋田南 0-1 新屋(前半0-1)(後半0-0)

 わたくしN岡は秋商グランドでの、第1試合(秋商VS西目)の第4審判、第2試合(本荘VS秋田工業)の主審業務業務のため、本当に残念ながら、この試合を観戦できず。
 本当に、本当に残念です。(T_T) 下画像は1回戦(VS大曲工業)フォトです。


 良い試合内容だった、とは学校関係者からは伺っております。
 また、なんと、新屋高校の決勝点はオーバーヘッドシュートであったとのことです!!ビックリです。
 
 1点を追いかける展開が続いていながら、1点を奪い取る気迫・執念が感じられず残念だった、と観戦された方から伺いました。
 私が審判業務を担当した、秋商VS西目、本荘VS秋田工業は共に1点差の勝負となりましたが、両チームが「勝ちたい!」「負けたくない!」という気迫と集中力が22人全員から感じ取ることが出来る素晴らしい試合でした。
 南高サッカー部の選手たちに、このような「勝負に対する執着心」が欠けていたとは残念に思いましたが、チームを鼓舞する”声掛け”や”コーチング”をもっともっと出して欲しいですし、もちろんボールの奪い合いの場面での球際の強さをもっともっと高めて欲しいと感じております。
 これら課題は、今後の練習・実戦の場でコツコツ鍛えて磨いていって欲しいですね。


 では、ここで今日11月1日準々決勝4試合全試合結果、11月2日準決勝・決勝戦の日程を秋田県サッカー協会様の情報を元にご紹介いたします。

11月1日(日) ~準々決勝~
(9) 10:00 秋商   秋田商 2―1 西 目
(10) 10:00 明桜   新 屋 1―0 秋田南
(11) 13:00 秋商   本 荘 2―1 秋田工
(12) 13:00 明桜   秋田西 0―13 明 桜

11月2日(月) ~準決勝~
(13) 10:00 仁賀保   秋田商 ― 新 屋
(14) 10:00 TDK   本 荘 ― 明 桜

11月2日(月) ~決勝戦~
(15) 14:30 仁賀保  (13)の勝者 ― (14)の勝者

秋商:秋田商業高校グランド マリン:OGAマリンパーク
男鹿陸:男鹿総合運動公園陸上競技場 明桜:明桜高校グランド
仁賀保:仁賀保グリーンフィールド TDK:TDK-ASC(手前)



  本日の敗戦でもって今シーズンの公式戦はすべて終了しました。

 高校サッカー部の集大成である「全県総体」までおよそ7か月。
 『7か月間』を『長い』と感じるか、それとも『短い』と感じるのか。。。

 明日からは、厳しいトレーニングを己に課し、鍛えに鍛えて、生まれ変わらなくてはなりません。
 自分自身、かつ、チーム全体をレベルアップさせなくてはなりません。


 明日からの再出発を経て、半年後にはどんな「新生・秋田南」に変貌を遂げているか、期待しましょう!
 そして秋田南サッカー部を支援してまいりましょう!
 
 本日、秋田南高校サッカー部の応援くださったサポーターのみなさま。
 本当にご声援ありがとうございました。
 そして2020年度もご支援賜り、厚くお礼申し上げます。
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「令和2年度秋田県高等学校... | トップ | 「令和2年度秋田県高等学校... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

高円宮杯U-18リーグ」カテゴリの最新記事