2020年度サッカー部OB会「年会費」のご協力をお願い申し上げます。

サッカー部強化のため、OB会運営のさらなる発展のため、なにとぞご理解とご協力をお願いいたします。

「令和2年度秋田県高等学校新人サッカー大会1回戦 」秋田南VS大曲工業 結果速報!

2020年10月31日 15時29分34秒 | 高円宮杯U-18リーグ
 みなさま、こんばんは。
 まずはこの話題から触れなくてはなりませんね!!
 先週末10月24日に全国高校サッカー選手権大会秋田県大会決勝戦が行われました。
 明桜高校が秋田工業高校を下し、秋田県代表1校に渡される「全国行き切符」1枚を獲得することができました。
 
 見事優勝し、全国大会出場を決めた明桜高校サッカー部のみなさま、学校関係者のみなさま。
 この場を借りて祝福のお言葉を申し上げます。

 秋田県代表に相応しいチームであったと思いますし、ぜひとも全国の舞台では「明桜高校のサッカー」を存分に発揮して上位進出を果たしてもらいたい、と願っております。
 「秋田代表の明桜って高校やるな、すごいな」と全国の関係者に感じ取ってもらえるよう、また、
 全国に散らばる秋田県出身者に勇気を与え、地元の誇りを持たせてくれるご活躍とご躍進を心より期待いたしております。

 また、残念ながら夢に届かず破れた全県各校の選手、関係者のみなさまにも本当にお疲れさまでした。
 1回戦から決勝戦までさまざまな闘い、驚くべき結末、後世に記憶されるであろう試合が多々、繰り広げられました。

 夢途中で敗れし選手たちにとって・・・
 大人になった時に「高校選手権県大会の”あの試合”」を思い出すはずです。
 「あの試合」で得た『もの』は、大人になった時の「人生の財産」として必ず生かされてきます。(N岡もそうでしたよ!)

 待ち受ける困難・挫折・敗北を「糧(かて)」にしてこそ、人間としての成長につながります。
 次なる目標に向かって気持ちを新たに「邁進」「突進」を続けて欲しいと願う、N岡でした!


 そして、
 この後、主役となる高校サッカーに携わる部員たち。
 次のステージ、次の活躍の舞台、今後の大会・部活動でのリベンジとご健闘を願っております。(^_^)

 さてさて、長い前置きはここまでにしましょう。笑
 本日31日から標記大会が開幕!
 母校・秋田南高校の結果速報をお伝えいたします!

 ※ ※ 令和2年度秋田県高等学校新人サッカー大会 1回戦 ※ ※
 2020年10月31日(土曜)10:00キックオフ 
 会場/秋田市 明桜高校グランド

  秋田南 2-0 大曲工業


 初戦の緊張感もあり、「秋田南らしさ」が発揮できない課題が散見された試合でしたが、苦しみながらも初戦勝利!
 明日11月1日の準々決勝にコマを進めました。

 これまで見てきた公式戦においては、
 中盤での組み立てを省略し、少ない手数で、かつシンプルに縦パスを多用した攻撃を多用してきました。
 サイドハーフの突破、トップ下9番君のスキルに頼る形が多かったように思います。

 しかし、今日の試合ではセンターバック、ボランチからショートパスを多用して丁寧にビルドアップしようとする意図が見て取られ、マイボールを失うリスクを少なくする攻撃にシフトチェンジしていたようにも思いました。
 そのため、マイボールを秋田南が支配し、大曲工業が耐え忍ぶ展開が序盤から展開されていきます。


 しかーーーーし!笑
 秋田南は、丁寧にパスで組み立てて相手陣内の「ファイナルサード=相手ゴール前」にボールを運んでからのプレーに、何度も何度も正確性を欠いていてゴールを奪うには至りません。
 ゴール前に供給するクロスボールとシュートはしばしば正確性を欠き、中央で相手守備選手に囲まれてのボール喪失も目立っていました。
 今後の課題ですね!!

 また、これまでは、サイドハーフの前方スペースに斜めの縦パスを入れて、サイドからの展開を多用していましたが、
 今日は、ボランチ8番君、トップ下9番君を起点にした中央からの崩しも数多く試みていました。
 しかーーーし、やはりプレーの正確性を欠き、相手ゴールを脅かすまでには至らず。


 前半は得点を奪える「空気」すら感じられずスコアレス0-0で終了。
 後半も似たような展開が続きますが、この時間帯からキャプテンで「孤高のドリブラー」10番君が起点となり数多くの決定機を作り出していきます。
 後半は、何度も波状攻撃が続き、決定機も作れてきました。「得点の匂い」が強くなってきました。


 そうこうしているうちに・・・
 試合終了の時間が気になりだした頃、およそ後半20分頃だったでしょうか。
 ペナ外の中央付近で直接FKを獲得。蹴るのは1年生9番君。
 右足で蹴ったボールは相手GK君が一歩も動けず、見事ゴールネットを揺らします。
 その直接FK得点シーンはこちら。↓↓↓


 いつか、いつか、と待ち望んだ先制点をとうとう掴み、喜ぶ秋田南の選手たち。


 その後、ワントップの17番君が手首の負傷で途中交代。替わって入るのは14番君。
 
 16番君が入っておよそ5分経過後。ペナ内、左角度45度付近から右足で鮮やかミドルシュートを叩き込み2-0に。
 交代出場ながら大仕事をした14番君。これからは出場機会が増えてくることでしょう。




 試合はそのままのスコア(2-0)で終了し秋田南は初戦勝利。準々決勝にコマを進めました。

 勝利は収めたものの、課題は山積です。
 ファイナルサードでは、ボールをキープした選手なら誰でも緊張・萎縮し精度の高いプレーは出来にくいもの。かつ相手DFは絶対にゴールを許さないぞ、と必死のディフェンスをしてきます。
 しかし、FWを含むゴールを要求されるポジションの選手は、そのような状況下でも冷静沈着なマインドを保ち、正確かつ、いつも通りのプレーを求められます。


 また、ボランチ、センターバック間のパスミスも散見されました。そのパスミスから、ほぼ相手チームに決定的得点機会を与えてしまってます。
 この位置(自陣深い位置)での何でも無いボールロストを「1試合ゼロで」終えられるよう、気をつけてプレーして欲しいと思っております。

 この大会が終わってから待っている、日々の練習においても、これら私が挙げた課題を含めて、チームで浮き彫りになった課題を徹底的に克服できるよう、頑張ってもらいたいと思っております。




 それではここで、秋田県サッカー協会様による本日8試合の結果報告と明日の対戦カードをご紹介いたしましょう。

 「令和2年度秋田県高等学校新人サッカー大会」試合結果

10月31日(土) ~1回戦~
(1) 10:00 秋商   秋田商 5―0 男鹿工
(2) 10:00 マリン  西 目 4―2 国際情報
(3) 10:00 男鹿陸  新 屋 3―1 由利工
(4) 10:00 明桜   秋田南 2―0 大曲工
(5) 13:00 秋商   大館鳳鳴 0―3 本 荘
(7) 13:00 マリン  横 手 0―2 秋田西
(6) 13:00 男鹿陸  大館桂桜 0―3秋田工
(8) 13:00 明桜   大 曲 0―12 明 桜

11月1日(日) ~準々決勝~
(9) 10:00 秋商   秋田商 ― 西 目
(10) 10:00 明桜   新 屋 ― 秋田南
(11) 13:00 秋商   本 荘 ― 秋田工
(12) 13:00 明桜   秋田西 ― 明 桜


 ※ ※ 令和2年度秋田県高等学校新人サッカー大会 2回戦 ※ ※
 2020年11月1日(日曜)10:00キックオフ 
 会場/秋田市 明桜高校グランド

  秋田南 - 新屋

 明日の対戦相手は新屋!これまで”幾度もの”激闘・激戦を繰り広げ、数々思い出される名勝負を続けてきた両校。
 重要な大会、重要な対戦で思い起こされる「あのシーン」「あの試合」。
 今回の対戦ではどんな結果、どんな激闘が待っているのでしょうか???(^_^)








 (わたくしN岡は別会場(秋商グランド)の審判業務のため、本当に残念なんですが、秋田南VS新屋の試合観戦が出来ず。。。)
 「秋田南VS新屋」戦の試合フォトはございませんが、しっかりと試合結果速報はお伝えしますので、どうぞお楽しみに~~

 さあ、秋田南高校現役生諸君!頂点まではあと3つ!
 覇権を奪うまでには格上ばかりの難敵に対峙することになりますが、決して臆することなく「秋田南らしさ」を発揮し、ぜひとも勝ち上がってもらいたいと思います。

 サッカー部OBの皆様、学校関係者の皆様、今大会は観戦規制はありませんので、ご自由に試合観戦することが出来ます。
 ソーシャルディスタンスを保ち、マスク着用をし、ぜひ明桜高校グランドでご観戦、ご声援をお願いしたい所存です。

  ※ ※ 令和2年度秋田県高等学校新人サッカー大会 2回戦 ※ ※
 2020年11月1日(日曜)10:00キックオフ 
 会場/秋田市 明桜高校グランド

  秋田南 - 新屋

 11月1日(日曜)10時、ぜひご観戦よろしくお願いいたします。
 
 「秋田南VS大曲工業」の試合フォトはたくさん撮り溜めました。(^_^)
 残りの試合フォトは、近日中にこの「事務局ブログ」で公開いたします。どうぞその時までお楽しみに(^_^)!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加