コラム・スノーマン~これじゃ悟りは臨めますまい

忘れたくない、或いは一刻も早く忘れたい日々について

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

珍スポットシリーズ~北広島編

2010-01-27 | 珍スポットシリーズ
今回は「全くもって素敵でも小洒落てもないが微妙に笑えて個人的にお気に入りのスポット」をおひとつご紹介したいと思う。

念のために申し上げておくが決して「お勧めスポット」ではない。

飽くまで私個人の趣味であるのであしからず。


********


北広島市 「達磨寺」

曹洞宗正法山達磨寺は1998年に開山した新しい寺で、JR北広島駅南西の高台にある住宅地の外れに位置している。

到着するとなんとまあ、肝心の観音様の前に堂々と置かれたトラクターが。


達磨庵と名付けらてた小屋には達磨がわんさか。



敷地内には寺関係者は一人もいない。(この達磨達盗まれないのか?)

どうやら夏に行われるという盆踊りがかろうじてこの寺を寺として機能させているようだ・・・。


と思ってキョロキョロしていたところ端にある小屋の窓に人影が。

ちょっと色々聞いてみよう、すみませーん!



・・・・人ではなくポニーだった。



「福を呼ぶ馬・福呼(ふうこ)」・・・温かく出迎えてくれてありがとよ、福呼・・。
ついでに一つ聞きたいんだけどここって本当に寺でいいんだよね?


不安と期待を抱えながらの境内散策は続く。

たまらん光景発見!



コンテナ風の達磨を背負うようにひとりそっと佇む二宮金次郎。
サイズは膝上程度。過去に見た金次郎像の中で最小。

チグハグ感が何とも言えずシュール!

だがここにこれが本当に必要だったのかは謎。

おっとお堂にも入ってみよう。ガラガラガラ・・・・・



って、えーーーーーーっ!?!?



こんなの見せ付けられちゃもう笑うしかない。



ここにも達磨。
何故か「あまり有り難くない感」が漂っていて良い。

ちなみに南部煎餅も売っていた。

そしていよいよお堂の中は、というと。



やっぱりね!!!
『国内旅行』 ジャンルのランキング
Comments (6)   この記事についてブログを書く
« キムチに見守られて | TOP | いかがわしきは鬱陶しい »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
で、結局・・・ (パパチャリ)
2010-01-28 00:29:04
お坊さんはいたのですか?
いや、お坊さんじゃなくてもいいです。お寺の関係者(馬でもマネキンでもなく)はいたんでしょうか?
こんなお寺(?)があるとは道元さんもビックリしていることでしょう。

この手のネタがシリーズ化されるんですね。
楽しみにしています(^^)
で、結局・・・ (えつ)
2010-01-28 00:52:15
パパチャリさん、お坊さんはいませんでしたよ・・・・。

そう、お寺の関係者も・・・・。

でも「なにかありましたらこちらまで」的な張り紙と電話番号はありました(笑)

たまには洒落たところもご紹介しようと思ってはいるのですが、やはりこういうのが好きなので勝手にシリーズ化してみました
手塚さん (だいすけ)
2010-01-28 10:48:25
いつもradio拝聴してます。
手塚さんの声はとってもやさしくていつも癒されてます。
今日の髪切った話表現の仕方笑えました(笑)
これからも旅の話楽しみに聞いてます。
だいすけさん (えつ)
2010-01-28 14:02:54
コメントありがとうございます

そしてラジオも聞いてくださっているとは、本当に嬉しい限りです

今日の発言について、なにやらあの後番組にたくさんメッセージが届いたようで・・・

笑っていただいたのか笑われたのか・・・

こんな私ですが、どうぞこれからもよろしくお願いいたします!
Unknown (g)
2010-01-30 03:41:52
金次郎とダルマの写真シュールだね!

先日ラジオ聞きました。
穏やかな口調で、一言一言も面白くてさすがですね
金次郎&ダルマ・・・ (えつ)
2010-01-30 12:09:45
gさん

金次郎がこれまたやたら小さいんですよ
境内中に違和感が満ちていて、好きでした

旅コーナー、聴いて下さってありがとうございます

本題に入る前のお話はいつも突然振られるので自分でも「こんなこと言わなきゃ良かった」と後悔することが多いです

口調は穏やかというより、多分まだ眠いのかもしれません(笑)

post a comment

Recent Entries | 珍スポットシリーズ

Similar Entries