goo

Record cleaning - 水の「激落ちくん」


 レコードのプチプチパチパチ音を完全に消したい!そんな思いから、この休みを利用していろいろネットで探してみると、みなさんいろいろチャレンジされているようですね。その中で気になったのが、水の「激落ちくん」なるアルカリ電解水で汚れを100%落とすというスプレー洗剤。これをレコード盤に散布して、デンターシステマ「超極細毛」でレコード盤を磨くと、プチプチパチパチ音がほぼ完全に取れるというもの。さっそくアマゾンで水の「激落ちくん」を購入。歯ブラシはコンビニにあった。笑 以前、木工用ボンドでゴミ取りに失敗して、逆にめちゃくちゃゴミを貼付けてしまった瀕死のレコード盤で試してみた。歯ブラシで磨くといっても、歯ブラシの自重でもって、溝に沿ってレコード盤を回すという感じ。片面を時間にして約10分くらいまんべんなく磨く。洗剤といっても電解水なので、泡立ちしない。磨き終わったら、水道水でしっかり電解水を洗い落とし、Clearaudio Smart Matrix Professionalのバキュームでもって、水をバキュームしながら乾燥させる。しっかり乾燥させた後、試聴してみると、これがビックリ!あのガビガビのLPが新品に戻っているではないか!プチパチの一つもなく再生される音楽にしばし呆然。100%とは言わないが、一度の洗浄で、99%は除去されるようだ。激落ちくんの宣伝文句に偽りはなかった。まあぁ、キズだけは戻すことはできないのと、古い中古アルバムは、ゴミが焼きついているのか、なかなか全部は落とせないようだ。これは精神的にも非常に良いですな。いざというときの激落ちくんです。ただアルカリ性なので、洗浄後はしっかりと水洗いしたいところ。バキューム式クリーナーのない方は、最後に精製水で洗い、レコード専用ペーパーで水分をしっかり拭き取ると良いようです。

本年最後の投稿となりますが、今年一年間いろいろとお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

水の「激落ちくん」を使用して、レコード洗浄を試されたKuniさんのブログ。映像で、その効果のほどを観ることができます。
Years may go by

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« S.E.R.D. - LP... UTOPIA - STEF... »
 
コメント
 
 
 
おめでとうございます (横浜のvafan)
2014-01-01 00:52:40
Giuliaさん、明けましておめでとうございます。

昨年は、ライブにオフ会、お世話になりました。
今年もよろしくお願いします。

アナログの洗浄は、ほぼ同じところに落ち着いた
ようです。私も電解水をかけて歯ブラシで磨く
方法です。その後、水でバシャバシャ洗い流し、
1日かけて乾燥させます。

高価な洗浄機はとりあえずスルーかなと思って
います。
 
 
 
RE:おめでとうございます。 (Giulia)
2014-01-01 04:57:18
横浜のvafanさん、明けましておめでとうございます。

旧年中は、いろいろとお世話になりました。

本年もヨロシクお願い申し上げます。

DSに入れ込んでいたせいか、アナログの対策が年末に
なってしまいました。やはりみなさんちゃんと対策されて
いたのですね。
 
 
 
使ってみたら…… (Kuni)
2014-01-08 11:15:42
いつも読ませていただいている者です。

正月にこの記事と1つ前のものを読んで大変興味深かったものでSNSでイイネ!と紹介したところ意外な反響がありました。

行きがかり上うちでも試してみることににし、その顛末を拙ブログに書込みました。

こちらの記事に倣って実際にクリーニングをしてみたら、想像を超える結果が得られてびっくりしました。

ありがとうございました。
 
 
 
RE:使ってみたら…… (Giulia)
2014-01-10 10:47:22
Kuniさん、こんにちは。

効果あったようで、なによりです。
Kuniさんのブログ拝見させていただきました。
詳細な作業工程と映像、素晴らしいですね。
私もまったく同じです。
水の激落ちくんは、ある意味福音ですね。
レコード聞くことが楽しくなります。

Kuniさんのブログが素晴らしいので、リンク
させてください。

今後ともヨロシクお願いいたします。

 
 
 
安心しました (Kuni)
2014-01-10 12:28:55
Giuliaさん、ありがとうございます。

事前承諾なしに進めたことでしたので、さぞ御不快に思われたのではと案じておりました。それがこのお返事で。

> 水の激落ちくんは、ある意味福音ですね。
レコード聞くことが楽しくなります。
試した皆さんそう思ったことでしょう。

GiuliaさんのブログはLinn関係など私には別世界の内容で個人的な楽しみとして密かに(笑)読ませていただいていたのですが、この記事には思わず刺激されて反応してしまいました。

よろしければ、喜んで相互リンクさせていただきます。
 
 
 
ありがとうございます。 (Giulia)
2014-01-10 13:51:52

Kuniさん

相互リンクの件、ありがとうございます。

デジタルとアナログ、アプローチはちがえど

求める先は同じですね。笑

私もいろんなオーディオ好きな方のブログを

参考にさせていただいてます。

みなさんのいろんな情報をリンクして

美しい音楽をみんなで共有できれば

いいですね。

Kuniさんのブログ、オーディオはもちろん

聞かれている音楽にも興味深々

これから、仲良くさせてください。

どうぞ、よろしくお願いします。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。