ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミギーに会いに行ったのさ。ヽ(*´∀`)ノ~「寄生獣」~

2014-12-17 15:24:43 | 映画

ぶっちゃけキモい、エグい、はさっぱりわやなんですけども
バイハとドラキュラだけは見るというひとが
どーにかこーにかこれ見れたのは多分
ミギーのおかげ。(爆)


ほとんどモンスターズインク。(;´∀`)

予告でも相当笑わせてくれたけど、主人公と会話してるシーンはなんか楽しくってね~。
寄生されてる、異様な状況であるにもかかわらずすっかり凸凹コンビのコント。

・・・ってま~ホノボノは一部分だけの話で
ぶっちゃけめちゃくちゃ人が死にますんでキツイっちゃキツイ。
なによりお母さんを殺されて寄生されてもてそれを敵として戦わなあかんてのは
ま~こういう展開になるだろうなとは思ってたけどさすがにかわいそうだったな~・・・。

・・・で、こういう状況であっても母は子供を守ろうとしたのねってのがすごかったな~・・・。

映画の宣伝も兼ねて染谷くんがやたらテレビのバラエティやトーク番組にでると
妙に冷めた子で大人っぽくてしっかりしてるんだな~って思う反面で
私は俳優としてはあんまし好きじゃないんだけど東出昌大くんて
こんなにほのぼのして明るくてアタフタするかわいいひとなんだ~って
妙に好感度上がりました。映画の感想とかけ離れてすいませんが。

そのつながりでってわけではないんですが
今回の東出くんは「ハマリ役」でしたね~。

人間界に溶け込むなら笑顔が作れないとね~って微笑む表情が
いかにも「なんかに取り憑かれた不自然な笑い」で
いっつも棒読みで感情あらへんや~んてぼやいてたのが(わわわわわ)
それをええように開花させたのね~って。(コラコラコラ)
深津絵里さんや北村一輝さんよりエイリアンぽかったです。(^-^)/・・・どういうほめ方?!

人間一種のみを食べる行為は実に慎ましいではないかってそりゃむちゃくちゃな話なんだけど
改めて言われると地球で一番害をなしてるのは人間かもな~ってのはあって。(^_^;)
ただ、考える力も愛する心も何かを作り出す技術もあるのだから
なんとかできるのも人間だとおもうんですがどうでしょ?

どっちかいうとヌボーっとした感じだった新一が本気で心身ともに戦闘モードになったとこで
前編終了。ってか二部構成だったんですねこれ。キモいのはキモいんだけど
浅野忠信や大森南朋さんが出てくるのがこれからだしやっぱ見るかな~(それが理由ですかいな)

新一の命を救ったことで自分の細胞をいくらか回収できなくなってしまって
突然ミギーが寝てしまうっていうピンチこそあれども
ミギーの変形パターンがおもろくてワクワクします。
ミギーに蘇生してもらったあとのビフォーアフターが極端ですが戦闘能力が著しくアップした新一の活躍も
これまた期待大ですな。

ミギーの声を阿部サダヲが吹替したことでかなり楽しめて見やすかったってのが正直なとこ。
なんかこういうホノボノがないとこの手のグロい映画は見ないもん・・・(^_^;)

あと、バンプ~~~~~~!!!!!


山崎監督、藤くんにまでミギーをつけちゃってMVおもいっきし手のこんだ映像になってますがな。(爆)
・・・ただ、映画の盛り上がりでぱっと終わったとこでこれが流れて
予告編でもいっかいボリュームあげてどーんと流すから
エンドロールでながれてた「パレード」はその間にはさまれて、えらい印象薄かったな~・・(わわわわわ)
これに関しては映画と切り離して(え)iPodでヘビロテしとります。(え)

コメント (9)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« ベタベタのラブストーリーで... | トップ | イケメン特盛祭りの最終章(... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しんちゃん)
2014-12-17 18:54:39
 主任児童委員のおっちゃんとしては、PG12なのが許せなくって(笑)どう考えてもR15だろ?って感じ。

 原作も大好きな私にとってはなかなか上手く映画化したなぁって思います。

 で、あの母親とのシーン・・・十三大橋&阪急電車って気がついた?(笑)
Unknown (Ageha)
2014-12-18 23:46:06
しんちゃん、どうも。

PG-12
12歳未満(小学生以下)の鑑賞には成人保護者の同伴が適当。
R-15
15歳未満(中学生以下)の入場(鑑賞)禁止。いわゆる15禁。単にR指定と表現する場合、これを指すことが多い。

・・・実際小学生のほとんどは親に連れてってもらってるはずだけど、映画みたあとのフォローなんぞしてる親なんているのかな?(わわわわわ)

猟奇的な犯罪が起こったりして、映画が子供に与える影響ってものすごうるさくなった・・・反面でR指定の線引きは大人がみてもぜんぜんわからん。これがR15でこれがPG12てどゆことって作品はいっぱいあるね。

私の娘がまだ15歳になる前にバトルロワイヤルが公開されてなんで見たらあかんのさ~ってすごくつっこまれました。
同じ中3で誕生日来てへんからあかんってわからんわ~ってね。(;´∀`)ものの考え方、受け止め方、そない変わらへんのとちゃうんてね・・・(;´∀`)
避けて通るのではなくてそのあとどうするか
なんでも話ができる家族であれば、ノープロブレムやと思うんですけどね~。

「告白」にしても「乾き。」にしても子供には見せたくない反面で、子供ならどう思うのか聞きたいとブログでの感想でコメントしました。すごい矛盾ですけどね・・・

PS:で、あのシーン大阪で撮ってたの?!ぜんぜんわからんかった。(爆)
Unknown (しんちゃん)
2014-12-19 06:57:14
 あれ?十三やん?なんて思ってて。
で、エンドクレジットに「阪急電鉄」って名前が出た時に
「やっぱ十三大橋やん!」なんて確信しました(笑)

 
Unknown (Ageha)
2014-12-19 13:20:16
しんちゃん、どうも。

阪急電車のあずき色くらいは視界に入ってたと思うけど見てるようで見てないのよね~(*^。^*)

逆に三井寺は映画に出てくるとわかるようになりました。そういう場所ってあるよね。f(^_^;
Unknown (しんちゃん)
2014-12-19 22:57:51
 それがね、阪急電車が出てくるのは、戦いが終わった瞬間にローアングルで主人公を下から写した時に鉄橋をシャーって走るところだけ(笑)
 あずき色は確認できるけど、それは私が淀川河川敷?なんて思ってたからだと思う。
 
グログロ (メビウス)
2014-12-20 03:10:36
Agehaさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

予告編とかでは新一とミギーのやり取りやアクションが結構出てて、知らない分にはとても面白いエンタメ作品に見えるんですが、フタを開ければ予想以上に人間のミンチやグロ諸々があからさまに映ってるので、確かにキツイっちゃキツイですよねぇ。R指定が付いてないのも凄い不思議^^;・・でも原作も結構気持ち悪い描写多かったので、ある意味忠実なのかもしれませんね(汗

あとバンプの『パレード』は自分も結構好きでしたね。
Unknown (Ageha)
2014-12-22 02:34:35
メビウスさん、どうも。

R指定したって見に行く子は見に行くような・・・
(わわわわわ)
結構原作に忠実らしいですね。
・・・ってことは読んでるひとはもちろん結末も知ってるわけか。春まで長いっすね。(^_^;)

「パレード」はそれ単体で聞いたら
MVを山崎監督ががっつり力入れて作ってくれてるせいもあって、映画の世界観をちゃんと伝えてくれるのに
シネコンでバンプが聞きたいいうて行っといて(え)
スクリーンで聞くそれは若干ガッカリ感が・・(わわわわわ)
Unknown (ふじき78)
2014-12-27 23:35:42
> ミギーの声を阿部サダヲが吹替したことでかなり楽しめて見やすかったってのが正直なとこ。

神戸浩(「超高速参勤交代」のナレーター)が吹替えしても面白かったかも、と思ってしまった。
Unknown (Ageha)
2014-12-31 01:12:50
ふじき78さん、どうも。

時代劇になっちゃうよ~( ̄▽ ̄;)

ほんとはその声が誰の声なのかわかんないほうがいいんでしょうけど、ミギーの場合は阿部サダヲが演じているってことの安心感というかギャグの部分が救いでした。

ミギーに命を吹き込む声がどんなのかで
随分イメージは変わるでしょうね~。(*^_^*)

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

26 トラックバック

『寄生獣』 (2014) (相木悟の映画評)
ついに登場、日本産ホラー・エンターテインメント、前編! 賛否両論うず巻く人気漫画の映画化市場に、屈指のクオリティを誇る一本の登場である。 本作は、『月刊アフターヌーン』他で88~95年にかけて連載された伝説の同名漫画の映画化企画、2部作の第1部だ。原....
『 寄生獣 』 PART1 悪魔は誰だ (映画@見取り八段)
寄生獣     監督: 山崎貴    キャスト: 染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本愛、東出昌大、岩井秀人、山中崇、オクイシュージ、池内万作、豊原功補、大森南朋、北村一輝、余貴美子、國村隼、浅野忠信 公開: 2014年11月29日 2014年12月3日。劇場観賞 あれ...
寄生獣 (映画的・絵画的・音楽的)
 『寄生獣』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)2部作の前半に過ぎないということで躊躇しましたが、まずは見てみようと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の主人公・新一(染谷将太)は、母親(余貴美子)の女手一つで育てられてきた高校生。  ある日、彼の...
劇場鑑賞「寄生獣」 (日々“是”精進! ver.F)
この種を、食い殺せ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411290001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】キネマ旬報 2014年 12/1号 [雑誌]価格:918円(税込、送料込) 【寄生獣 ミギーのぬいぐるみマスコット ...
「寄生獣」人間と融合した先で知った人間感情と誰かを守るための防衛本能と共存できると知ったパラサイト同士の弱肉強食の戦い (オールマイティにコメンテート)
「寄生獣」は岩明均原作の寄生獣を映画化した作品でパラサイトが人間の脳を乗っ取り人を食う事件が頻発し、その中で脳を乗っ取られず右手にパラサイトが寄生した青年がパラサイト ...
『寄生獣』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「寄生獣」□監督 山崎 貴□脚本 古沢良太、山崎 貴□原作 岩明 均□キャスト 染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本 愛、東出昌大 ■鑑賞日 11月29日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆...
寄生獣~ミギーってスマホ? (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。岩明均原作、山崎貴監督。染谷将太、深津絵里、橋本愛、東出昌大、北村一輝、余貴美子、國村隼、浅野忠信、大森南朋、池内万作、豊原功補、オクイ シュージ、山中崇、 ...
寄生獣/染谷将太、深津絵里 (カノンな日々)
岩明均さんによる同名人気コミックを『永遠の0』の山崎貴監督が実写映画化した2部作構成のSFアクション・ムービーです。作品の存在というかこのタイトルだけは知ってましたがどんな ...
寄生獣 (Akira's VOICE)
面白いが、性急で勿体ない。  
寄生獣 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
1990年代に一世を風靡(ふうび)した岩明均の人気コミックを実写化したSFサスペンス。人体に寄生しながらほかの人間を食らう生物パラサイトたちを相手に、そのうちの1匹を右手に宿した高校生が壮絶な戦いを繰り広げる。メガホンを取るのは、『永遠の0』などの山崎貴。主演...
寄生獣  監督/山崎 貴 (西京極 紫の館)
【出演】  染谷 将太  深津 絵里  阿部サダヲ(ミギー:声)  橋本 愛 【ストーリー】 海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に擬態し、ほかの人間を食料としてむさぼっていく。そのうちの1匹が至って普通の高校生・泉新一に寄生す....
「寄生獣」:完結篇を早く観たい (大江戸時夫の東京温度)
映画『寄生獣』を試写会で観ました。これ、なんと前後編のうちの前編なんですよね。そ
『寄生獣』 (こねたみっくす)
一心同体なのに二人三脚。 あの伝説のコミック「寄生獣」がついに映画化された!ニューライン・シネマでも映画化出来なかった作品を山崎貴監督がついに実写化した!もうこの興奮 ...
寄生獣 (だらだら無気力ブログ!)
これ、二部作だったのか!?
寄生獣 (花ごよみ)
岩明均のコミックを 山崎貴監督が実写映画化。 2部作の前編です。 試写会で見ました。 主演は染谷将太。 深津絵里、橋本愛、東出昌大らが共演。 人間の脳を乗っ取り寄生し、 宿主に擬態。 そして他の人間を食う生物パラサイト。 脳を奪うことに失敗したその中の1匹の...
寄生獣 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】山崎貴 【出演】染谷将太/深津絵里/阿部サダヲ/橋本愛/東出昌大/北村一輝/國村隼/余貴美子/浅野忠信 【公開日】2014年11月29日 【製作】日本 【ストーリー】 普通の高校生・泉新一は、未知の生物に右手を食われた。地球の生態系に突然現れたこの生物は...
寄生獣 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(F) 染谷くんは映画の中で毎回逞しく成長していく。
寄生獣 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。謎の生物「パラサイト」が突如出現。人間に寄生し脳を乗っ取り社会に溶け込みます。その内の1匹が高校生の新一に寄生しようとするが失敗し、仕方なく右手に寄生。ミギーとして新一と共存することになり・・・。原作は読んだことないんですが面白かった...
【寄生獣】姫路や神戸でロケ敢行~! (ジョニー暴れん坊デップの部屋)
{{{[http://eiga.com/movie/79555/ eiga.com 作品情報 『寄生獣』]}}} {{{: ■解説:謎の寄生生物と共生することになった高校生・泉新一の数奇な運命を描いた岩明均の伝説的人気コミック「寄生獣」を、「永遠の0」の山崎貴監督が実写映画化した2部作の前編。ある日、人...
「寄生獣」☆漫画実写化の成功例 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
漫画原作を実写化すると、「まあまあ」とかは存在せず、「超いい♪!」か「駄作」のどちらかになってしまうのが常。 この映画は、その中でも歴史に残るよい出来栄えなんじゃないかな。
寄生獣 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/11/29公開 日本 PG12 109分監督:山崎貴出演:染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本愛、東出昌大、 豊原功補、大森南朋、北村一輝、余貴美子、國村隼、浅野忠信 日常は、ある日とつぜん、食べられた。 岩明均原作の人気コミックを映画化したSFサスペンス。人間....
ショートレビュー「寄生獣・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
慎ましく、喰い尽せ。 人間の脳を乗っ取り、捕食する謎の寄生生物が出現した世界で、ひょんな事から右腕だけを乗っ取られてしまった高校生を描くSFサスペンス。 90年代のアフタヌーン系を代表する、岩明均の傑作漫画、初の実写映画化である。 元々人気も高く、映像化...
『寄生獣』を109シネマズ木場3で観て、咀嚼しきれない感ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★殊更に悪い訳ではないのだが、何か一つマンガのように親身になれない】    なんでっすかねー、と答が出てないのだが、 普通に考えて上出来に近い筈なんだ ...
『寄生獣』('14初鑑賞81・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 11月29日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 14:00の回を鑑賞。
寄生獣 (のほほん便り)
後編の公開を記念した、テレビのオンエア版で見たので、お茶の間向け、& 後編鑑賞の予備知識として、すごく総集編っぽい、というか、編集が入り、カットも沢山に感じられたのですが、プチグロながら、なかなかに見応えありました。それに、染谷将太の主役力も抜群だった...
今、寄生虫なんだ  (もののはじめblog)
           【今、帰省中なんだ】 と 送ったつもりが誤変換 。  只今、「寄生獣」公開中