ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スポックの目にも涙。~「スター・トレック イントゥダークネス」3D字幕版~

2013-09-02 01:15:10 | 映画


別に3Dにこだわったわけではないんだけど、
ベネディクト・カンバーバッチの「役に徹した低音の魅力」だけは聞きたかったので
今回はぜひとも字幕でということで。(^^;
でも、ついでのつもりの3Dもあいまってなかなかの迫力!


カーク船長・エンタープライズ号・スポックくん耳尖ってる~~
たったそれだけしか予備知識(って言わんだろそれ)しかないのに
さて楽しめるのかという若干の不安はあったんですが
これがどーしてどーして、ノンストップアクションてか
なかなかのジェットコースタームービーだったんで大満足でした

比べちゃいけないいけないと思いながら
いっこまえのレビューで
緊迫感あらへんってぼやいてたんで
こっちはその点きゃ~、うわ~、大丈夫なんかいなって
そりゃもうえらく引き込まれまして。ハイ、ごっつ人間単純でして。

なんかいうと論理だの規律だのと超頭カチンコチンなスポックは
最初こそうっとうしい~って思うんだけど
正直なとこあれだけ熱血漢で青い船長だと
そらまわりに誰か冷静なやつがおらんと大変なことになるよね~


ベネディクト・カンバーバッチは
2、3度だけ「シャーロック」で見たことがあるんだけど
スター・トレックのポスターにこの人がピンで映るほどすごいひととは思ってなくて。
ところが映画の宣伝でやたら取り上げられるのはこのひとのインタビューばっかで。
正直ヒールでスゲーとおもったのは「ダークナイト」のヒースレジャーくらいで
なかなかそこまでいくひといなくて。
ただ、たしかに意識して低い声で喋ってるそこんとこは静かな恐怖を感じさせるもんがあって
カークの熱さや青さとの対極にあるそれは
この若き船長に脅威を与える敵として十分大きな存在に見えました。
それでもその怖さよりもエンタープライズのクルーたちのほうが一枚うわてで
個々のひとたちがちゃんと自分の仕事をしていてそれがとっても光ってました。


冒頭のほうでベネディクト演じるカーンの血液が
難病に苦しむ女の子の命を救うシーンがあるんですが、
あ~この前フリはこれにつなげるためだったのねっていうラストにつながっていくんで
カークは「すごく都合よく無茶してたな」っていうツッコミこそあったけど。


本来キャプテンはその席にすわって何があっても船とともにあるはずが
ま~どこへでも行くし、無茶ばっかするし、考えるより体が先に動いてるみたいなひとだから
もうまわりがしっかりしてないとどうしようもなくて、その点クルーたちは
スポックを筆頭に、ほんとみなできたひとたちでしたね~。

それでもカーク船長はそんなひとだからこそ皆からとっても好かれてて
もうしゃ~ないな~っていう、なんかお守りしてるようなそのへんのチームワークだとか絆だとかを
ハラハラドキドキのかたわらでしっかり描いてて、そこんとことても微笑ましかったです。(^^;

このJJエイブラムス監督、次スターウォーズなんですか?
このスタトレのレビューでSWが楽しみ楽しみっていうひとがメチャおおかったんですが。
そういや、細かいとこだけど
ものすごく狭い隙間をハイスピードで突っ込んでいって無事通り抜けるあのシーンて
EP4でルークがやってた有名なシーンとかぶってニマニマしてたんですが
オマージュだったのかな?

PS:そらガッチャマン痛いはずやわ~・・・(ボソ)
  チームプレイとか仲間の絆とか掟か仲間の命かなんての
  全部かぶってるやん・・・比べるまでもないけど。(わわわわわ)
  で、タイムリミットのなかで動く緊迫感も個々の見せ場も
  VFXのクオリティもとなるとグリコだよな~・・・




コメント (4)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« 三角関係とバイオハザード?... | トップ | あの日見た花の名前を僕達は... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たいむ)
2013-09-02 16:51:34
そうなんですよね。
ガッチャマン、不憫です。
まぁ同時期公開でなくても残念には違いないんだけど(^^;

それにしてもカーンの血の効果って、TOPシークレットですよね。病気は直すわ、条件付きとはいえ本当に死んでも行き帰るわけで。

殺したのではなく眠らせたってことならば、再登場を期待したくなりますねw
カーンも不憫な気がします・・・ (Ageha)
2013-09-02 17:01:56
たいむさん、どうも。

いくら私がミーハーでも
これは部が悪すぎるやろ~ってツッコミ。(^^;
その差は歴然でしたね~・・・

>殺したのではなく眠らせたってことならば、再登場を期待したくなりますねw

・・・・日本でのプロモーションみてると
この映画でよほどベネディクト・カンバーバッチを
売り出したかったんだろな~っていうのがありありだったんで
おそらくはもいっかい使うでしょうね~。
そのためにも殺すわけにはいかなかったという
中のひとの事情が見えたり見えなかったり。(わわわわわ)
カンバーバッチ (悠雅)
2013-09-05 19:09:46
『ガッチャマン』を観たことなければ、『スター・トレック』にも思い入れのない人なのですが(^^ゞ
こちらはカンバーバッチが観たくて観に行ったという、徹底したミーハーオバサンな悠雅です。
『SHERLOCK』も、英国作品(コスチュームものもとても似合うし)で何度も観ていた人なので、面白そうだと観たドラマだったんですが、
ドラマにドハマリしてしまって、現在に至ります(笑)

「英国の至宝」と呼ばれているらしいカンバーバッチ、
このシリーズ(再登場あり、と勝手に決めてる)だけじゃなく、
いろんな作品に出演するのが楽しみです。
スタトレビギナーでもOK (Ageha)
2013-09-06 15:34:45
悠雅さん、どうも。

冒頭にも書きましたが知ってることといえば
耳の尖った「スポックくん」・・・を何かのコントで見た程度。

この作品のファンならばもっと細かいニヤリがあったでしょうが、
全くの初心者で予備知識がなくても
十分楽しめる作りになってました。
それもまたよかったかなと。

カンバーバッチが主演の映画もまた
近日公開ですし、今年はブレイクですね~彼。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

12 トラックバック

スター・トレック/イントゥ・ダークネス (Akira's VOICE)
心地の良い軽さとワクワクを満喫。  
スター・トレック イントゥ・ダークネス (佐藤秀の徒然幻視録)
と言うよりダークナイト・イン・スタトレ 公式サイト。原題:Star Trek Into Darkness。ジーン・ロッデンベリー原作、J・J・“じぇじぇ”エイブラムス監督。クリス・パイン、ザカリー・クイ ...
スター・トレック イントゥ・ダークネス (だらだら無気力ブログ!)
迫力ある映像は圧巻で、大いに楽しめた。
スター・トレック イントゥ・ダークネス (3D吹替版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【STAR TREK INTO DARKNESS】 2013/08/23公開 アメリカ 132分 監督:J・J・エイブラムス 出演:クリス・パイン、ザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジョン・チョー、サイモン・ペッグ、カール・アーバン、ピーター・ウェラー、アリ....
「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(3D字幕版)みた。 (たいむのひとりごと)
IMAXで鑑賞。実は初IMAX3D。ずっと「本当に2200円の価値はあるの?」とか思っていたのだけど、折角観られる環境にあるのだし、デヴューは3Dと相性の良いSFモノのコレって少し前から決めていた。そ
スター・トレック イントゥ・ダークネス(3D吹替え) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(13) こういうSFスターシップバトルは「スター・ウォーズ」も含め
スター・トレック イン・トゥ・ダークネス・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
真打、登場。 J.J.エイブラムス監督による、リブート版「スタートレック」第二弾。 前作の大成功を受けて、新シリーズとしての真価が問われる今回、エイブラムスは人類の運命を握る素晴らしく強力な敵を登...
「スター・トレック イントゥダークネス」☆初めての満足3D (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
最初から最後まで、ここまで見事に3Dを生かした作品に初めて出合えたんじゃないかな。 私がいよいよ3Dに慣れたのか、はたまた3D映像の技術がようやく私のレベルにまで到達できたのか(爆)
『スタートレック -イントゥ・ダークネス-』 2013年8月16日 TOHOシネマズ六本木 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『スタートレック -イントゥ・ダークネス-』 を先行上映で鑑賞しました。 面白い 文句なしですね。 キャストもバッチリはまった感がりますね。 【ストーリー】  西暦2259年、カーク(クリス・パイン)が指揮するUSSエンタープライズは、未知の惑星の探索中に巨大な...
スター・トレック イントゥ・ダークネス (to Heart)
人類最大の弱点は、愛だ。 原題 STAR TREK INTO DARKNESS 製作年度 2013年 上映時間 132分 監督 J・J・エイブラムス 出演 クリス・パイン/ザカリー・クイント/ゾーイ・サルダナ/ベネディクト・カンバーバッチ/ジョン・チョー/サイモン・ペッグ/カール・アーバン/ピータ....
スター・トレック イントゥ・ダークネス (悠雅的生活)
2D 字幕版
スター・トレック イントゥ・ダークネス IMAX-3D/クリス・パイン (カノンな日々)
前作『スター・トレック』の公開からはもう4年以上も経っているんですね。つい先日観たばかりとは言いませんが、もうそんなに経ってるんだなぁという印象です。この世界、4年もた ...