ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

真夏のUMINOFESクマーソニック2013~羽海野チカ原画展ハチミツとライオン~

2013-08-09 12:54:17 | フォト・京都


タイトル長っ!

大丸京都店にて。

ミュージアムの入口でポストカードいただきました。(^-^)

大変申し訳ない話だけど、実はまだ「3月のライオン」は未読。(えええええええ~っ)
真っ白な状態での参加だったんですけど。
ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス―ヤングユー)
3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)

ということで、「ハチミツとクローバー」に関しては思い入れが半端ないのだけど
「3月のライオン」に関してはふ~ん、そういう話なのねという知識詰め込んで帰ってきたと。(おい)

翻訳されて海外へ出ていったコミックの表紙だったり、
今までの挿絵だのワンシーンだのコミックの予告で使われたイラストだの
随分たくさんあって、もちろん持ってるコミックに関しては
あ~あの巻のあのエピのあのシーンだぁ~~!で。

そうそう、コーラスには載ったけどコミックには入ってなかったエピソードを
そのままページ1枚1枚貼って展示してるコーナーもありました。
今現在紹介されてるエピは14日でまた別のエピと入れ替えるそうなので
期間中に行けたらもいっかいのぞいてこようかと思います。

「3月のライオン」コーナーも原画だけじゃなくて
人間将棋をネコちゃんモチーフでつくったやつのでかいのが飾ってあったり。(^-^)
和菓子の模型がおいてあったり。
あ~やっぱりちゃんと読んでから来るんだった・・・(^^;

興味もったのは「3月のライオン」の空想お散歩MAP
このリンクに飛べば、ダウンロードできますよ(^-^)/

月島と千駄ヶ谷バージョンがあるんですが
空想MAPとはいえ、コミックのなかで実際に登場する風景がそこにあるので
これはいつか東京へまた遊びに行くことがあったらぜひ行ってみたいもんだと思いました。
・・・ってかその前にまだ読んでないですが。(おい)
だいぶ前にダーリンが単身赴任で東京にいた頃、
最後の最後だったかこっちに帰ってくる前にご飯食べに行ったのが月島のもんじゃだったんで
おぼろげながらわずかなりともその雰囲気や風景を覚えてるもんなんですね。
記憶が確かならほかにも葛西やみなとみらい、どっちかの観覧車が描かれてたと思うんですが
そういう行ったことある場所の写真と、それから実際にコミックに登場した景色が
「羽海野チカのお部屋」コーナーにペタペタペタペタ~っといっぱい貼ってあって
実はそこ随分じっくり眺めてました。

グッズ情報のページもリンクしときますが
京都での開催から増えたものもありますんで、これはって思うやつはゲットすべし。
めっちゃかわいかったです。がま口とかICカードステッカーとか。
・・・う~~予算が。今回は泣く泣くスルーしましたけど、
お手頃なとこでネコイラストのノートとか開催地によってイラストの違うポストカードとか
いやもうほしいもんいっぱいでございました。
万札のとぶ原画も販売しとりました。(^^;

京都での開催からといえば、今回の原画展によせて
仕事仲間だのお友達だの有名人のサイン色紙がいっぱい飾ってました。
これは今後次の開催地次の開催地へと移動するごとに増えてくのでしょうね~
そこだけでも十分じっくり見てました。作家さんからお笑い芸人に俳優、歌手まで。

そういや、ちょっとムフフな人魚のはぐちゃんイラストがあったな~。
そこだけ覗き穴にカーテンがついてた。(^^;

「3月のライオン」てマンガ大賞2011で大賞とってんのよね。
昔「ヒカルの碁」で碁にハマる小学生が増えたとかホンマにプロになっちゃった子とかいたそうだけど
将棋ってどうなん?
「ヤングアニマル」っていう青年漫画に連載されてて
ハチクロを知らなければ羽海野チカを知らなかったし
羽海野チカを知ってても「ヤングアニマル」を知らないので(^^;
どんな人が読むどんな感じの漫画雑誌かも知らない。
ただ、コミックス新刊が出るときに数ヶ月休載したりするらしいので不定期更新のマンガなのだそうで。
近々「ニャー将棋」つきの新刊がでるらしい。それまでに今度こそちゃんと読もうかな。(遅っ!)





コメント   この記事についてブログを書く
« 陶器まつり行って来た(^-^) | トップ | 京都テクテク日記。その1. »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

フォト・京都」カテゴリの最新記事