ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ニコール・キッドマンハマりすぎ。(*^_^*)~「バディントン」日本語吹き替え版~

2016-01-18 17:17:06 | 映画


これ、アニメだったら見に行かなかっただろうけど、
なかなか面白かったですよ。ちょっと侮ってました。その下げたハードルの分
楽しめました。(わわわわわ)


「ライラの冒険」でも似たような役をやってたと思うのですが、
美しいがゆえに、ヒールがハマるというかなんというか。
大げさなケバいメイクをしなくても、美しいままで「キツイ顔で」クールに・・・
演じてるんだけども案外コメディタッチで
しかも、自分なりの理由があってパディントンを狙うわけですから意外と憎めない役だったりして。


最初にペルーで発見された、知能の高いクマの話がでてきて、
パディントンが二足歩行で喋れて「紳士的で」っていう設定をいっきに納得させちゃったうえで
ロンドンにやってきてからのドタバタコメディを見せてくれてるので
子供にもわかりやす~い、ファミリー向け作品だったと思いまする。


古田新太の声はさすがに私でもわかるので、途中から顔がちらちらしちゃったりしましたけど、
吹き替えメンバーの声そんなに違和感なかったですよ。あくまでも個人的感想ですが。
松坂桃李はがんばってたんちゃいますか?



家を探しにやってきたクマに家族ができました。
もともとかわりもんの家族だったからこそ、うけいれられたのでしょうが、
彼がやってきたことで、彼とドタバタやるうちに家族がひとつになって、
HOMEって雨露を凌ぐ入れ物なだけじゃなくって、大事なのはそこに心を通わせる家族がいてなんぼやでという
・・・ま~ある意味当たり前のことにパディントンが気がつくんですけども
そこへもっていくことがわかっていても楽しめたのだから私はじゅうぶん満足いたしました。


なにより同じくまでも誰かとちがって、紳士的で愛くるしかったですしね。(;´∀`)


PS:老クマホームってあるんだ。よかったね~おばちゃんグマ。(^_^;)
ってか、そこまで人間ぽいのか。ひとりぽっちになってどうするんだろうとおもいきや。(*^_^*)



骨董屋で11時のお茶が汽車で運ばれてくるのってええわ~。なんかかわいい。(*^_^*)

パディントンの帽子のなかには非常食のマーマレードサンドが入ってたけど、
衛兵のあの帽子からポット入りの紅茶とサンドイッチとケーキがでてきたのはウケた~~~~(≧∇≦*)



コメント (4)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« う~ん、やっぱりお説教にな... | トップ | ヘイデン・クリステンセンが... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (BROOK)
2016-01-18 19:41:24
私も吹き替えで鑑賞しました。
パディントンの声を担当した松坂さん…
かなり頑張っていたと思います♪
あまり違和感なく。

今作のニコールはかなり面白かったですね。
彼女って悪役がホント似合います。
「ライラの冒険」(続編希望)を思い出してしまいました。

続編製作が決定しているので、
情報が待ち遠しいところです。
Unknown (Ageha)
2016-01-22 16:32:12
BROOKさん、どうも。

山寺宏一とか、七色の声をもつひとならともかく、
吹き替え版ってのはどうしても時のひとやらアイドルやら
なぜかその俳優に顔や体型が似てるひとやら
お笑い芸人が抜擢されることがおおくて
・・・・・声の演技力がどんだけあっても
そのひとの顔が浮かぶとダメなんですわ、
・・・・・あとは、アニメが大ヒットしすぎて
ルフィにしかみえないよぅ・・とかいうやつもあるし。

・・・・・って散々書いたわりには比較的気にしないで見れました。よかったよかった。

ニコール・キッドマンはあんがい、こういう役も今後こなしていったら楽しいのにね~って。
まさか、元ダンナの代表作のBGMつかってくるとは思わなかったけど。(;´∀`)
Unknown (ふじき78)
2016-02-14 17:36:26
> なにより同じくまでも誰かとちがって、紳士的で愛くるしかったですしね。(;´∀`)

熊が喋る映画と言えば、テッド、ぷーさん、パディントンで3本目かな。パディントンは便座被ってるし、ぷーさんは名前が「ぷー」だし、何か下ネタに寄るのは二足歩行だからかしら?
Unknown (Ageha)
2016-02-15 14:03:12
ふじき78さん、どうも。

あ~~~(;´∀`)なんていうたらええのか
頭の回転が速くなればなるほど
俗世間にハマって人間くさくなるというか
どんどんへんなとこオッサンぽくなっていくというか。(爆)

ある意味テッドはすごいですよね。
ちょっと毛むくじゃらすぎるオッサンですがな。
あそこまでいくとクマには見えない、そのくせ都合の悪いことはクマだも~んで済むし、だまってりゃかわいい。
・・・・結婚までしようってんだからもう。(;´∀`)

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

劇場鑑賞「パディントン」 (日々“是”精進! ver.F)
ひとつの、家族に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601150000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】パディントン オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナ...価格:2,700円(税込、送料込) 宅配便のみ可 ...
パディントン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(P) 世界的有名な児童小説はオッちゃんには少々退屈だった。
「パディントン」:笑いのセンス、映画のセンスの良さ (大江戸時夫の東京温度)
映画『パディントン』(字幕版)を試写会で観ました。 いやー、面白かったです。笑え
パディントン★★★★ (パピとママ映画のblog)
長年世界中で愛されている、マイケル・ボンドの児童文学「くまのパディントン」を実写映画化。見知らぬ国にやって来たクマが親切な家族と出会い、パディントンと名付けられて新しい冒険に乗り出す姿を映す。『ハリー・ポッター』シリーズなどのプロデューサー、デヴィッド...
パディントン (風に吹かれて)
MIするニコールとクマ 公式サイト http://paddington-movie.jp イギリスのロンドンに住む冒険家が、暗黒の地ペルーで、新種のクマを発見した。数十年後、地震で家とおじさんを亡くし
『パディントン』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
ペルーを訪れた冒険家が、言葉を喋るクマの夫婦と仲良くなる。そして40年後、ペルーから一頭の密航者が現れた。この夫婦に育てられた甥っ子のクマだ。偶然通りかかった旅行帰りのブラウン一家にパディントンと名付けられた彼は、しばらくブラウン家に居候することに。礼儀...
ショートレビュー「パディントン・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「他人の家」で、暮らすには。 ペルーの山奥からロンドンへやって来た、言葉を喋るクマのパディントンが、安住の「家」を探して、居候先のブラウンさん一家と大騒動を巻き起こす。 半世紀以上にわたって愛されている、マイケル・ボンド原作の児童文学、「くまのパディ...
パディントン (映画好きパパの鑑賞日記)
 ロンドンにやってきた紳士的なクマが巻き起こす騒動をユーモラスに描いた子供から大人まで楽しめる作品。イギリスらしく、シニカルなところもありますね。吹き替え版で見ましたが、松坂桃季が上手でした。  作品情報 2014年イギリス映画 監督:ポール・キング 出演...
映画「パディントン(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『パディントン(日本語字幕版)』 (公式)を公開初日の本日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー ある日、イギリスの大都会ロンドンのパディントン駅に、真っ赤な帽...
ショートレビュー「パディントン・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「他人の家」で、暮らすには。 ペルーの山奥からロンドンへやって来た、言葉を喋るクマのパディントンが、安住の「家」を探して、居候先のブラウンさん一家と大騒動を巻き起こす。 半世紀以上にわたって愛されている、マイケル・ボンド原作の児童文学、「くまのパディ...
パディントン (そーれりぽーと)
お子様向けとスルーするつもりでしたが、やたら宣伝に力が入っているのが気になったので、『パディントン』を観てきました。 ★★★★ 意外と大人が観ても十分楽しめ、心の温まる良作でした。 いや、やさぐれた大人にこそ、この映画の癒しは効果があるのかもしれません。...
与太郎+熊八= マイケル・ボンド ポール・キング 『パディントン』 (SGA屋物語紹介所)
昨年夏から秋にかけてクマの映画が4本公開されましたが、それから少し遅れておおトリ
【映画】パディントン (アリスのさすらい映画館)
先日英国アカデミー賞が発表されました。受賞結果はこちら。 この賞では英国作品を対象にした英国作品賞という部門があって、今年は『博士と彼女のセオリー』が受賞しています。嬉しいなぁ。 今日はその英国作品賞にノミネートされた一本、イギリス人作家マイケル・ボン...
マーマレードは飲み物です(笑)~『パディントン』【字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 PADDINGTON  「暗黒の地」 ペルーの森から、赤い帽子をかぶったクマ(声:ベン・ウィショ ー)が大都会ロンドンへやってきた。雑踏で途方に暮れていた彼はブラウン夫 人(サリー・ホーキンス)に助けられ、駅の名前から 「パディントン」 と名付け...
「パディントン」 (或る日の出来事)
たいへん、よク、マとまりました。
『パディントン』を東宝シネマズ渋谷2で観て、癪だから難癖は付けておこうふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★安定した面白さ。ただ一か所だけ糾弾しておこう】 ロンドンで家を探す子熊を主役にしたお子様映画。 だけど、大人が見ても面白い。 HOUSEを探しな ...
パディントン (C’est joli ここちいい毎日を♪)
パディントン '14:イギリス ◆原題:PADDINGTON ◆監督:ポール・キング ◆主演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ 、ジム・ブロードベント、ピーター・カパルディ、ベン・ウィショー ◆STORY◆南米ペルー...
『パディントン』 (beatitude)
南米ペルーのジャングルから、一頭のクマがイギリス・ロンドンへ家を探しにやってきた。丁寧な言葉遣いで話しかけてもクマであるため誰にも相手にされずにいたが、親切なブラウン家の屋根裏に泊めさせてもらえることに。一家は彼と出会った場所にちなみ、彼をパディントン...
パディントン 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
しゃべる熊が活躍する原作が児童文学の映画 『パディントン』が公開されましたので 観に行ってきました。 しゃべる熊のぬいぐるみが主人公のコメディ 『テッド』は大人向けの内容でしたが、こちらは ファミリー映画、ですので吹き替え版が多い中、 近くのシネコンで字幕...