ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブラックな秀吉。(´・ω・`)~「信長協奏曲」~

2016-01-26 17:53:57 | 映画

ま~、サブローが歴史に疎い、疎すぎるという設定だからこそ良くも悪くもマンガチックなんですが、
それにしたって小学生でも知ってる本能寺の変を
日本史の教科書今更みて工エエェェ(´д`)ェェエエ工ってなってるってのはいくらなんでもひどすぎないか?(;´∀`)
・・・しかも読んだページは信長の死後の話で、肝心の「どこで」を見ていない、
これが前提で話がすすみます・・・・ヾ(・∀・;)オイオイ


これは散々コメディタッチで描かれるんですけども、小栗旬の一人二役はなかなかのもんでしたね。グッドです。


歴史もので信長なんて散々やり尽くされてる、だからこそのこんなコミック原作の映画化ってのは逆にアリなんでしょうね。
別の切り口で楽しむエンタメでええんちゃいますか?もちろん原作は未読。
終わってないはなしを勝手に劇場版でおわらせてしまうってのもどうかと思いますが
実際、ドラマをず~っとみてたもんにとっては、本能寺でオチをつけないとすっきりしなかったので
ごっつ待ち遠しかったし、実際個人的にはものすご楽しかったです。
ほんとこれは初日1回目の上映でみてきました。



信長にされてしまったサブローと素直じゃない帰蝶のラブコメは
劇場版でさらにフルスロットル。こんだけこのふたりのやりとりを映画でやるってのはま~ないですから。
こんなとこにまず時間さいてくれないですから。
そういう意味では女子向けの作品になったかもしれませんね。
学園モノの青春ラブストーリーはこっぱずかしくてもう見に行けないのですが
(ちょっとまて「Orange」行ったやないかいっていうツッコミはスルーしますよ、ほんとあれもめったにないって
ちゃんとかいたんだからねっ(^_^;))
まさか柴咲コウに泣かされるとは思わなかったです。なんてかわいいツンデレ。(爆)



血をみるのもビビってたはずの、刀なんかもってひとを殺せるはずのないサブローが
今回はみずから先陣きって戦にでていきますんで、これに関してはもともと剣道の達人だったとか
よほど運動神経がよかったとか、一応は腕を磨いたとかなんかないとそんなに動けないだろうというツッコミはありますが
タイムスリップからしてそもそもなんちゃってなので、細かいことは気にしない気にしない、
好きな俳優さんで「戦国コメディ」をみれた、それで十分わたしは満足してますんで。ヾ(・∀・;)オイオイ



ぶっちゃけヒールをひとりで背負ってしまった山田孝之でしたけども
ある意味影の主役。さすがにうまかったです。このひとがこの作品を盛り上げたといってもいい。
たしか、紀里谷監督が撮った「GOEMON」でも、秀吉が明智光秀をそそのかして本能寺で信長を討たせておいて
即乗り込んで光秀を討ったというのがあったんで、この展開も実は意外でもなんでもないんだなって
私は思いました。もっともそれ以前に隠密としてほかの大名に仕えていて、バリバリ戦ができるってのは
大阪のおばちゃんとしては秀吉のイメージ変えすぎでしょとはおもいましたけどね。(^_^;)
ま~こいつがキーマンになって本能寺の変になるわけですが、

サブローは最後の最後まで信長の死が本能寺だってことを「知らない」まま話が進むので
「結婚式は本能寺!」ってなことを言い出す始末。自ら行ってどないしますねん。(^_^;)

・・・・だからこその切ないミッチーは最後の最後で随分株があがりましたわな。
病弱で人望のない悲劇の信長ってのはあまりにイメージが違いすぎるのもあって
秀吉がダークだったぶん、サブローに全てを託そうとするミッチーにはものすごくギャップ萌えしました。(;´∀`)



散々もりあげて、カッパだしてくるのはいただけないな~とは思ったんですが
いきなり帰蝶が本能寺で炎につつまれるなんてことを回避するためにこれがあって
ま~ラストシーンのつじつまを合わせるためにこれはこれで仕方なかったのかなと。

・・・・・多分中高生くらいの女の子なら時をこえた遠距離恋愛みたいなオチは
これはこれでキャーキャーいうんでしょうね。(冷めとるな~・・・(;´∀`))

コメント (8)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« いや~もうやめて~ってくら... | トップ | 長居植物園 1・19 »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (BROOK)
2016-01-26 19:24:38
信長と光秀がそっくりという設定が巧く活かされた展開だと思いました♪
サブローが光秀に仕立て上げられてしまう展開は、そうきたか…となりましたよ。

いろいろとツッコミどころはあるものの、
かなり面白かったです。

ラストがラストなので、これはもう続編が出来そうになく…
ちょっと残念でもあり。
Unknown (JUN)
2016-01-26 20:37:59
こんばんわm(_ _)m
私も先日、拝見しましたが・・・
>それにしたって小学生でも知ってる本能寺の変を・・・
そっちの方が、おかしくないかぁ~!( ̄。 ̄ )ボソ…
って思ってしまいました。…( ̄  ̄) (_ _)うんうん
でも、映画は楽しめました。

Unknown (Ageha)
2016-01-27 10:27:14
BROOKさん、どうも。

確かに、サブローが信長そっくりで、
本物の信長が明智光秀になっちゃうってのが実にうまくできてるな~って思いました。
すべてはサルくんの復讐劇のためにあったんですね。

サブローとゆかいな仲間たちみたいな
実際の時代劇はこんな和気あいあいにはならないし
ましてやにせものとわかっていながら
それでも仕えてくれるツネちゃんや
本気でサブローを愛した帰蝶やら
このへんは女子中高生むきになったんちゃいますか?(;´∀`)ワイルドじゃない胸きゅん時代劇。(;´∀`)
Unknown (Ageha)
2016-01-27 10:29:55
JUNさん、どうも。

ですよね~~。(爆)
タイムスリップよりそっちのほうが絶対無理があるっておもいましたよ。
ようそれで高校うかったよなと。(わわわわわ)
ただ、「本能寺の変をしらない」という大前提がないと
この話盛り上がらないので(!)そこはとことん、サブローを
アホ扱いするしかなかったのでしょうね。(;´∀`)
お邪魔します… (ティモコ)
2016-01-29 23:15:40
Agehaさん、こんばんは!
まさにおっしゃる通り!
「そうなのよ、そうなのよ~~」と思いながら読ませていただきました
ひとつ違うのは…カッパ、いただけませんか?(笑)
いや~、カッパいいですよ!カッパ!(爆)
なんでサブローに会わずに帰ったんだろう…もう一回見たかったのに…と涙がこぼれました(ウソです)
ほんと、突っ込みどころ満載の映画ですが、深く考えない方が楽しめますね
Unknown (Ageha)
2016-01-30 12:51:32
ティモコさん、どうも。
いや~、そちらで散々笑わせていただきました。
(≧∇≦*)

カッパね~。あれはあのエンドにもっていくために
あきらかひっぱってきた感があったんですよ。
カッパすっかりキューピットでむっちゃええひとでしたけどね~。(爆)
・・・てか、よくサブローの住所氏名調べたね。(爆)

PS:
しわくちゃになるのはそなただけでよい、わらわは嫌じゃと言っていた、帰蝶はあのビデオレターがほんとなら
どんだけアンチエイジングに成功したんだよって最後の最後までツッコミまくりでした。(;´∀`)
Unknown (ふじき78)
2016-02-01 22:43:31
柴咲コウのツンデレにメロメロでした。

続きがあるなら、きっと今度は幕末にタイムスリップして龍馬になる、とかじゃない? 古田新太は近藤勇あたりで(平和な時代じゃなくなるとタイムスリップ起こすんか?)。
Unknown (Ageha)
2016-02-03 15:07:32
ふじき78さん、どうも。

柴咲コウ可愛かったですよね~。(*^_^*)

信長とゆかいな仲間たちっていうムードも
信長とツンデレ帰蝶のラブコメっていうのも
いままでなかった時代劇だから
ドラマから引き続いて楽しんでる方は
スクリーンでオチがみれて十分かなと。

同じパターンで龍馬編をつくったら
寺田屋で暗殺されて元に戻るってか?(わわわわわ)

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事