ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語・・・・・見てしまった。(^_^;)

2013-11-04 16:56:00 | 映画






劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語【通常版】 [DVD]劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編] 永遠の物語【通常版】 [DVD]

深夜枠でやってたアニメはまったく見ておりません。
多分このイラストを初めて見たのは、2013京都国際アニメフェアで
ものすごく人気だったブースだったなという印象と
あの花・・を見に行ったあたりでたしか予告をみたような・・というレベル。
ウルヴァリンSAMURAIを見に行ったときに
ダーリンと二人で「このポスターいいね」っていうてたのがこれで。(^_^;)
絵が綺麗だからみたいな単純な理由で上記にアップした、DVDの前・後編を借りてきてどっぴょ~んだった。
こんな重たい話だとは思ってなかったんだ・・・。


正直なとこいうとセーラームーンかよみたいな冒頭部分があって
あちゃ失敗したかなとおもったんだけど、
彼女たちのいる世界に最初からものすごい違和感があって
(そもそも5人の魔法少女たちは仲良しこよしではなかったはずで・・・)
ほむらVSマミあたりから物語が急速に動き出すのな。
いや~このガンバトルのかっこよかったこと。マミさんめっちゃ強かったのね。
(劇場版の前編で早々消えちゃうから・・・)


過去・現在・未来すべての魔法少女を救いたいなんていう
トンデモな願いをかなえてまどかが消えてしまって
「まどかを魔法少女にしない」というほむらの願いは
結局まどかによって打ち砕かれてしまったと。
彼女を愛するほむらとしては
なんとしてでも、まどかといっしょにいたいと思った。
これが悪魔の愛でも誰が責められるかな・・・
それにしても、いや~コワ。キツい。
何度も何度もパラレルワールドを行き来して
まどかを救おうとしたし、その願いのために魔法少女になっちゃったわけで
ここまでは自己犠牲の無償の愛だったんだが、
結局、・・・・壊れちゃったんだよな、ほむらも。
まどかの魔力を強力なものにしたのがほむらだったっていうショックもあいまって。

そこまでして守りたいものがまどかという個に徹してしまったほむらと
みんなが幸せになってほしいと願ったまどかは
お互いを思いながらもますます相容れないものになっちゃったわけだ・・・・。

でもなんだろ、不敵に笑うほむらをみてむしろ気持ちよかったのは
なんでなんだろうね・・・。
もうがんばらなくてもいいんじゃないって・・・。

話はぶっとぶかもしれませんが、誰かを愛するって
そんなにきれいごとですかね?
表にこそ出さない感情にはきっと独り占めしたいとか
自分の思い通りになってほしいとかあるんちゃいますか?

孤独で不安でしかたないときに
「笑顔で話しかけてくれた、友達になってくれた」たったそれだけで
ここまで執着しちゃうのもわからなくないんですよ・・・。
その気持ちぶつけられてうれしければ何の問題もないんですが
ごっつ迷惑なら避けまくった結果ストーカーに変貌してしまう、その違いで。

・・・閑話休題。

奇跡を起こす代わりに命を奪われ
魔女になりたくなければ永遠に戦い続けて魂を浄化しなあかんて
・・・こういうの、現実世界でも
こんなふうにエンドレスで何かに追われて生きてることってあるっしょ?
なんだかもののたとえですごくシニカルな話だとも思ったし。

たかがアニメと侮るなかれ。
キャピキャピの女の子が舞うように戦ってるだけなら
こんなに話題にはなっとらんと思うし、うまく言えないけどけっこう考えさせられました・・・
予告でみたときはええ歳してみるもんちゃうやんと思ってたけどこれがなかなか・・・。(^_^;)
わたしだけ?????(^_^;)

エヴァもそういや14歳。
・・・思春期の難しい年頃の子供たちのエネルギーって
ほんと制御不能だよね・・・何考えてんだかわかんない、そのくせ
ある日突然大人になっちゃうような不思議なことがおこる。

そこに乗じて心の揺れがそのまま世界をうごかしてしまうような物語をまどマギは作ったんだね~
・・・・・っていう、なんだかオバサン発言でもって締めたいと思います~。

決してハッピーエンドではなく、嵐の前みたいな終わり方。
それでも私は個人的にほむらちゃん大好きなんでこれめっちゃ納得してしまいました・・・(^_^;)




PS:私が見に行ったブルク7のミュージアムは当然まどマギ特集でした。
ほむらとまどかのテーブルがあり、あの花・・のときのようにポップコーンセットがあり(爆)
入場者プレゼントのカードもらいました。
あ、ドリンクは「人魚の魔女」でブルーに着色されたグレープフルーツジュース(わわわわわ)
・・・よくま~それだけミーハーになれたもんだ。(^_^;)

コメント (2)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 今月の鑑賞予定~♪ | トップ | 既視感はあるけど楽しかった... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
映画版は見てないけれど。。。 (GAKU)
2013-11-04 21:33:50
Agehaさん、こんばんは。
映画版は見てないのだけれど、深夜にやってたのはネットで最後まで観ました。なかなかエグイですよね。

友人から紹介されてみてみたんですが、私も最初は絵柄からプリキュアみたいな感じなのか?なんて侮ってました。ただ、この絵柄からしてフェイクなんですよね。表現のドロドロ感、内容の重さを隠すためのフェイク!

TV版だとキュウベイがあのキュートなビジュアルからいきなり不気味な存在になったのですが映画だとどうなのでしょうか。そのあたりに描き方にも座布団な作品でした。
見た目で判断したらダメですね~ホント。(^_^;) (Ageha)
2013-11-04 23:43:21
GAKUさん、どうも。

劇場版にあたって3部作作るってのは
最初からあったようですね。
で、これが3作目・・・ってここで終わるんですかね?
不気味な余韻を残しながらも
これでいいんちゃうかなって個人的には
完結しちゃいました・・・(え?)

劇場版の前編・後編は
TV版の凝縮版みたいなもんのようですね。
よそのブロガーさんが1話ずつ解説してるのを
読ませていただいてなんとなく理解したんですが。

キュウベイは最初まったくしゃべらない
可愛らしいマスコットとして
まどかにまとわりついてたのがむしろすごく違和感で
クライマックスでしゃべりだしたとたん
やっぱこっちだよね~って(わわわわわ)。

わざわざ見なくてもいいもの知らなくていいことを
結局暴かずにはいられず、
それによってまたズタズタに傷つくという
・・・ほんとキツいアニメでございました・・・。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

劇場鑑賞「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」 (日々“是”精進! ver.F)
神と悪魔… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310260001/ 【送料無料】【ポイント3倍アニメ】劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後...価格:8,991円(税込、送料込) 【送料無料】【新作CDポ...
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    巴マミの変身シーンは、とても格好が良く   鹿目まどかの変身するシーンは、とってもキュート。   巴マミと戦う暁美ほむらのシーンも凄いけど   美樹さやか...
映画 「劇場版 魔法少女まどか☆マギか[新編]叛逆の物語」感想  (くまっこの部屋)
面白かったのと、けれどもこの結末は見たくなかった、という反する二つの気持ちが入り
『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』で祝福されるのは誰か? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  「アニメーション映画は子どものためにつくるもの。」  宮崎駿監督はそう考えて作品をつくってきた。  その枷をはじめて破って『風立ちぬ』を発表し、宮崎監督は長編アニメの制作から引退した。  私が『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前...
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 (だらだら無気力ブログ!)
いや~衝撃的だったな。
『劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』 (こねたみっくす)
一人ぼっちになったらダメだよ。 これは5人の魔法少女の物語ではなく、一人の魔法少女が魔女になっていく物語。美樹さやかも佐倉杏子も巴マミも、そして鹿目まどかさえもその存 ...
[映画『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』を観た(セカンド・インプレッション)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆先日、彼女を連れて、二回目を観に行きました。  彼女は、テレビ版はチラホラと観ていたそうで、今回、私が、映画版「はじまりの物語」と「永遠の物語」を貸して、新作鑑賞前の復習として見てもらった。  本当は、彼女の家で、中年オタクのしつこい解説を加えて一緒...
「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」序盤感想~究極の愛物語!~ (サイネリア~わたしのひとりごと~)
「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」公開初日から鑑賞してきました! 当日券が購入できるほど甘い世界ではありませんので(苦笑)、もちろんネット予約です。 2日間の鑑賞回数は6回!! 観客動員数に大きく貢献しました(笑)。それはもちろん来場者プ...