ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

深夜枠のドラマで続編希望。(コラコラ)~スキャナー 記憶のカケラをよむ男~

2016-05-21 13:05:21 | 映画


野村萬斎さんありきで見に行った作品で、しかも現代劇とな。元お笑い芸人とな。(;´∀`)

彼に限らず、特殊能力を持ってるひとってのは勝手なときは重宝されるけど
気味悪がられたり、理解されなかったり。
なにより本人がその力のせいで不幸になったり。
・・・・人が知りえないことを知ってしまうというのは
決して本人にとって幸せな能力ではないわけで、そのせいで彼は人間不信になり、
ひきこもり、マンションの管理人となって話相手が熱帯魚という生活を送ってたんだけども、


ピアノ教師の失踪事件に駆り出されることになる。
またその理由が先生があなたのファンだったのという・・・・。
人はどこでどう繋がるのかわからない。その理由もラストに明かされるわけなんだけども
結果的に過去に自分がしたことが千石をまたひとと関わるセカイへひっぱりだしてくれたわけね。


野村萬斎の喋り方はやっぱりどっか仰々しくなるね、狂言の喋り方とまではいわないけど独特。
陰陽師やのぼうのときみたいな、いたずらっ子のような、人を食った笑いはしない。
とにかくおどおどしていて、しかも夏だというのに気を遮断するのが紫外線対策以上にすごいへんなかっこで。
ただ、もともと姿勢がいいひとだから、いっしょうけんめい背中まるめておどおどしていても
ちょっと油断するとしゃきっとしちゃうのね。(*^_^*)いやそれが悪いというわけではなくて
スイッチ入りましたって感じで素に戻ってるというか(え?)
いやそのへんもメリハリつけたってことか?

だれかがレビューで書いてたな~。そのクライマックスってMOZUかよって。
言われて気がついた、こんな感じのなかったっけって。なるほどね~。


「あなたには才能がある」・・・本来は自分の教え子にむけて毎日語っていた言葉なんだけども
千石がその言葉とそのまなざしに背中をおされて、事件解決にむけて動き出すわけで
まさかそれが連続殺人事件の犯人探しになっていくとはもちろん思ってないから
社会復帰にしては随分な体験というか試練でしたね~。
誰かのためにつかう能力・・・って、こんな超能力でなくてもきっと誰もが何かしら持ってる。
それがアイデンティティになったり、自分の生きる理由になったり希望になったりする。
そうやって千石が立ち直っていく物語でもありました。メインはそっちですね。(^_^;)


水と油みたいな丸山とのコンビも
外見やら言動やらみてたら、まるで二人で一人みたいな、千石の別人格みたいに見えてきて、
仲が悪い悪い言いながら、最高のバディになっていってました。
それは千石がやっと、自分を取り戻した・・・といってもいいのかもしれませんね。


女性の自転車をスキャニングしてるシーンは確かに変態(爆)
理解の範囲をこえた力は信じてもらえないからなおさら。
ただ、「記憶はウソをつく」・・・ことで見えたはずのビジョンにもミスリードがあって
なんだ、見えるんならものすご簡単やんとおもわせといて複雑にしてるのが
面白かったですね。

スキャンして見えたシーンがスクリーンでどわ~っと再現されていくCGはすごかったです。

説明が多いのはこの能力がどういうもので、見えたからといって即それが正しいとは限らない分
余計に長くなるわけですが、
そしてそれがちゃんと理解できてはじめて話が進むんですがどうしてもそのぶん
まったりしちゃったかなというのが正直なとこ。爪やすりをさわりながら
同じ言葉を何度も「聞きたがっている」千石のシーンもちょっとくどかったような気がしました。

関ジャニの安田くんはちょ~っと荷がおもかったんちゃうかな(わわわわわ)

30分~1時間程度のドラマで毎回依頼があって、いやだいやだっていいながらスキャンする、
別にそれは殺人事件でなくてもモノ探しでも人探しでも話のバリエーションはあると思うんで、
毎回ゲストと話を変えて連続で見てみたいと思いました・・・・
ただ、劇場版での続編てのは・・・ちょっと地味かな。(わわわわわ)



最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サイコメトリー… (BROOK)
2016-05-21 14:24:38
某ドラマを思い出すような設定でしたが、
まずまず面白かったです。

ただ、映画にするほどかな?とも思ったりと…。
2時間ドラマでも充分だった気がしますね。

事件の真相はツッコミまくりでした。
Unknown (Ageha)
2016-05-21 14:50:22
BROOKさん、どうも。

でしょでしょ。やっぱりそう思いますか。

うん、それも火サスとかじゃなくて
自分でも書いたけど深夜枠のドラマがばしっとはまりそうな
内容だったと思います。キャストも地味めで。(わわわわわ)

うんうん、だから彼には荷がおもかったのではと。(わわわわわ)
・・・・・無理やりそこへ持っていった感ありありのなかで
大変だったろうなと思いました。(^_^;)
Unknown (ふじき78)
2016-05-22 22:43:25
探偵をやりたくない探偵と言えば「悪夢探偵」というのもありましたね。あれも能力が主人公を苦しめる映画。特殊な能力を持っていないのは平々凡々だけど幸せな事なのかもしれません。
こんばんは (yukarin)
2016-05-30 22:49:04
私も連続ドラマで見てみたいです。
映画というよりそっちほうがあってそう...
『スキャナーはつらいよ』 (ジョニーA)
2016-06-15 03:22:58
初代マドンナ?木村文乃さんが
素敵だったので、ぜひぜひシリ
ーズものにして、毎回マドンナに
仙石さんが恋をしつつ、難事件を
解決していくという展開キボン~♪
『男はつらいよ』のサブタイトルみ
たいなんも付けましょう、せっかく
やし。『スキャナーはつらいよ 仙石
純情編』とか『仙石相合傘』とか・・・w
Unknown (Ageha)
2016-06-21 14:57:36
ふじき78さん、またまたご無沙汰してました(;^_^A

「高台家の人々」のテレパスもそうですが
確かに特殊能力なんてもんは
ないほうが幸せなのかもしれませんね。

「サトラレ」みたいに自分の心がひとに筒抜けってのも
めっちゃいやですけど。
Unknown (Ageha)
2016-06-21 14:59:40
yukarinさん、どうも。

深夜枠で盛り上がってゴールデンにきて
映画ならわかるけど、深夜ドラマネタだったような気がしますね。
30分枠でいいからちょこっと見せてくれて
宮迫さんと萬斎さんの掛け合いがもっと見たいです。(^◇^)
Unknown (Ageha)
2016-06-21 15:03:13
ジョニーAさん、どうも。

う~~~。寅さんかいっ。

今回は正直萬斎さんよりも宮迫の演技のほうが
好きでしたね~。どうしても仰々しくなりますから
いきなりの現代劇はちょいとハードルが高かった気がします。キャラにかなり無理がありましたしね・・・

コメントを投稿