ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雪とくらげ。~京都水族館 3・10

2016-03-15 16:55:34 | フォト・京都

まずこれ見てくださいまし。

一面蒼の世界にクラゲの水槽がはめ込まれた部屋なんですが
雪バージョンの時はプロジェクションマッピング?で、
壁には雪の積もった木が描かれ、足元はうっすらと雪で白くなります。
でもって、誰かの歩いた軌跡だけ雪が消え、また徐々にその部分も白くなっていきます。


今度はクラゲバージョン。
一度暗転して、今度は海の中。壁にもクラゲが描かれています。
足元はクラゲの海。宇宙みたいにも見えます。
で、今度は人が歩くと水の波紋が現れます。
これ、子供さんとかが走り回ってくれると面白い写真が撮れまする。

もっともこの2枚撮るのにどんだけ膨大なボツの山だったことか。(;´∀`)
年パス持ってるからいいようなもんの、この日は「ここだけしか」見る時間ありませんでした。(!!!)
ま~ついたの2時半で「2時間くらいしか」いれなかったんですけどね。(どんだけ粘ったのよ)

この2枚は広角であとはマクロで撮影してました。最初単焦点のほうが明るいかと思ったんですが
全体像を撮りたかったのと、クラゲの細かいとこまではなかなか撮れなくって。
そんなこんなでレンズとっかえひっかえして。(;´∀`)

 











自己満足になりますけど、ここまで細部が撮れたのは初めてでしたんでそりゃもうめっちゃうれしかったです。
ちゃんとピントがあえば、一眼ってすごいんだな~って。(爆)
あ、でもこれISO12800のシーンモード「キャンドルナイト」なんで
完全にカメラまかせの設定です。引き延ばせば当然ザラザラ。(;´∀`)
ブログでアップするサイズに縮小してるからバレませんけど。

今まではアートアクアリウム行ってもクラゲって撮影失敗ばっかしてました。
カメラに聞いてくれ~って感じで今でも奇跡に頼ってて、
偶然何百枚に1枚すげーって言えるもんがあったら御の字なので毎回撮りにいっては削除が大変です。
それでも砂金探しみたいな1枚が残せるともう舞い上がってますね。で、やめられない。
片付けの途中でまた上からさらに撮りに行くから膨大な削除の繰り返しです。(´・ω・`)

・・・・その編集作業でもってかならず数日のタイムラグで
なっかなかこっちで更新できません。ご了承を。m(_ _)m


雪とくらげは13日までだったはずが「好評につき23日まで会期が延長」されました。
ぶっちゃけ、海遊館とかとくらべてしまうと小規模な水族館ではありますけど、
今回のこの企画に関してはほんと見に行って損はないと思います。
今までの京都水族館のプロジェクションマッピングがイマイチ~って思ってたひとでも
これは納得すると思いますよ(^-^)/

ただ展示するだけじゃ人が集まらないから、その方法もプラスワンのイベント企画も
大変でしょうね。でもそうやってわ~っと感動したあとに
私でもそうですけど、やっぱり生き物の神秘のほうにもちゃんと目がいくんですよきっと。

特にこのフヨフヨしたくらげとヒーリングのようなBGMとがあれば
何時間でもここにいられるような気がします。なんか癒されますよ~(*^_^*)




コメント (2)   この記事についてブログを書く
« RADWIMPSのHE・SO・NO・O ~1... | トップ | 長徳寺と、ちょこっと平野神... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
クラゲの撮影 (ひこばあちゃん)
2016-03-15 19:06:30
Agehaさんの写真撮影に対する、何時もながらの飽くなき努力で達成出来たクラゲの撮影。

クラゲの写真は何れも素晴らしく、その満足した気持ちがこちらにも伝わってきます‥(^_^;)
Unknown (Ageha)
2016-03-16 00:18:06
ひこばあちゃん、どうも。

うん、自己満足でしかないのですが、
撮れるまで帰らないくらいの勢いでやってて
そういうことに対してのこだわりやら集中力はありますね。
かなりしつこいです。(^_^;)

ミートではそういうことはさすがにできないんで
誰かいるときはお手本をひたすら見ています。
あとは徹底的に聞きまくりますね。(^_^;)
で、今度一人で行ったときに納得いくまで粘ります。

とはいえ、専業主婦がこんだけあちこち行って
好きなだけカメラ散歩させてもらってることは
やっぱり感謝しないとですね。ダーリンがカメラに興味ないとしても。(^_^;)好きにさせてもらってます。(*^_^*)

コメントを投稿

フォト・京都」カテゴリの最新記事