ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひょうたんだよ!全員集合(んなアホな)~「プリンセス・トヨトミ」~

2011-06-05 23:57:09 | 映画

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)
プリンセス・トヨトミ (文春文庫)万城目 学 文藝春秋 2011-04-08売り上げランキング : 42Amazonで詳しく見るby G-Tools
鹿男あをによし (幻冬舎文庫) 鴨川ホルモー (角川文庫) 阪急電車 (幻冬舎文庫) ホルモー六景 (角川文庫) ザ・万歩計 (文春文庫)

物語の顛末を映画館でというのなら見てから読むべし。
若干説明不足の分、ひとによっては物足りなさを感じるかもしんない。
いつもなら原作読んでいくと
あーだこーだといちゃもんをつけてしまうのだけど、
地元原住民としてはなんかコレめっちゃ気にいった。
・・・ただし、原作で補完したという理由つきでだが。
ってことになると5点満点の3になってしまうんだろうか?
大概のひとは予備知識なしで行くはずだから・・・。
映画単体で成り立たないとダメかな?

正直なとこ、この奇想天外なストーリーに感動をもたらしたのは
ひとえに中井貴一の演技のたまものかな~。
人によってはそれが「役者に頼りすぎ」っていうかもしれんが。

口数の少ない、
どっちかいうとおどおどしてるのに
言わなきゃいけないことは間違いなく相手に伝わるだけのキャラで、
誠意をもって相手に伝えるその言葉は静かで淡々としていながら
説得力がある。
大阪国総理大臣としてバッチリその役目を全うしていた。

プリンセスを守るという大義名分のもとに5億の税金が大阪国へ流れる。
そら松平が黙っちゃいない。
こんなバカげた話をどうして信じられるのか?
・・・その問いに答える真田のセリフこそが
この話の一番のテーマ。原作の万城目さんが伝えたかったこと。
これがあったからこそ、中井貴一も
この役をひきうけたんだそうな。パンフの受け売りだけど。



もっとゲラゲラ笑う話なのかと思いきや
話は大真面目だったな。意外にも感動した。
松平が亡き父と歩くシーンはジーンときちゃった。

旭ゲーンズブールを男性にしてしまったことで
原作でのラストの話がカットされてしまってる。
でも父と子を真ん中にもってきて話をまとめるのなら
そっかこうきたか~というのは納得できた。

ミラクル鳥居のミラクルといわれるゆえんは
正直なとこかなりカットされてるんだけど、
綾瀬はるかの天然ボケぶりはかわいかった。
原作の鳥居よりかよっぽど好感がもてる。
しっかし、ようたべるな~~と絶句。

PS:堤さんがアイスを食べるたびにゲラゲラわらってしまいました。
おなかこわさなかったかな?あんなにたくさん。

チョイ役で玉木宏が出てたのは鹿男がらみのゲストなんでしょうね。

大阪府庁前を道路封鎖して撮影されたシーンは
男ばっかり5000人、自前の服装で集まってくれて
二日間ほぼ完徹のロケだったにもかかわらず、みんな素人とは思えない役者ぶりで
役者さんたちがなんかいうたびおぉ~~っ!ってもりあがってくれて
それが夜中2時になってもテンションが落ちない、落ちるどころか
カットの声のたびに拍手までしてくれる。
強烈に大阪が好きになったそうな。中井貴一が後日談で語っておりました。

大阪よいとこいちどはおいで。
お好み焼きもええけど、串カツが食べたい。
鳥居が走り回る、ひとっこひとりいない大阪名所案内。
地元の人間が見ててもおもしろかったですよ。




コメント (4)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« ジャッキーでこのエンドはび... | トップ | 秦基博 ・ 水無月 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たいむ)
2011-06-06 20:01:35
おひさっす(^^)

最近、ブログの引っ越しで無難なgooに移る人多いですね。
楽天がTBやめたのもあるけど、不具合から引っ越す人が多い気がしてます。
ここのところほぼ受け身のみになっているので、反応遅くってごめんなさいね(^^;
・・にしても、テンプレで黒白選ぶ人も多いような・・・。
モニターの明るさの調節で軽減はするけれど、基本的に目がチカチカして残像しちゃうからあんまり好きくないんですよ。よって長居はできません。(ゴメン)

確かに脳内補完あっての映画って思いますが、この小説、前半読むのがきつくってね。
映画は割とテンポよく進んでくれて楽しめました。

しばらくマキメ作品は敬遠していましたが、「偉大なるしゅららぼん」を読もうかと積んでありますw
もう読みました?
Unknown (Ageha)
2011-06-06 21:21:29
たいむさん、ようこそ。
まだ設定いじってる最中なんで多分テンプレートも変わりますからもうしばらくお待ちください。
青や黒が好き…はたしかにありますがf^_^;


原作は前半ほんとにまどろっこしかったんですが役者がそろった途端に面白くなって
第二章くらいで止まってたのが嘘みたく一気に読めました。
ホルモーもそうですが説明長い、でもそれがあってキャラが引き立つんで両刃ですね。

映画は予備知識込みで満足だったので映画だけだとどうかなってのはありますがええ話にはちがいないです(^_^)v
食べすぎが心配でした (KGR)
2011-06-07 15:50:55
十字架は意味不明でしたが、
無人の町を走る綾瀬はるかには目が釘付けになり、
府庁前の群集の中にもヤマヒロがいてちょっと驚き、
「漆原」さんが江守徹で笑っちゃいました。
Unknown (Ageha)
2011-06-09 00:16:39
KGRさん、どうも。

この映画をハッピーにしたのは
ひとえに綾瀬はるかの天然ボケ
そういう意味では彼女は実際ミラクルな存在でした。

たまにいるじゃないですか、
役にたっていないようで
そこにいてくれるだけでいいひと
しっちゃかめっちゃかやってるだけなのに
見ててクスッと笑う
それだけで自分が救われてる・・・みたいな。
ニコリともしない松平と
銀縁の下で何考えてるかわからん旭との間で
きょとんとしてひたすらたべて
パタパタ走ってる…綾瀬はるかめっちゃかわいかったです

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

プリンセス トヨトミ (LOVE Cinemas 調布)
「鴨川ホルモー」で知られる人気作家・万城目学の同名小説を映画化。会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語だ。メインキャストの3人を堤真一、綾瀬はるか、岡田将生が務め...
「プリンセス トヨトミ」大阪の秘密を知った先にみた大阪の人々の想いと末裔を守る使命 (オールマイティにコメンテート)
「プリンセス トヨトミ」は万城目学の長編作品プリンセストヨトミを映画化した作品で、会計検査院の調査官3人が調査のために大阪の財団法人の実地検査を実施するが、そこで大阪に ...
プリンセス トヨトミ (佐藤秀の徒然幻視録)
大阪国八百長説 公式サイト。万城目学原作、鈴木雅之監督、堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、和久井映見、中井貴一、笹野高史、江守徹、菊池桃子、平田満、玉 ...
プリンセス トヨトミ/堤真一、綾瀬はるか、岡田将生 (カノンな日々)
人気作家・万城目学さんの同名小説を原作に『HERO』の鈴木雅之監督が映画化した歴史ミステリーです。伊坂幸太郎さんの小説と一緒で万城目学さんの作品もまだ一度も読んだことがない ...
プリンセス トヨトミ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
(仮)映画オリジナル・サウンドトラック「PRINCESS TOYOTOMI」荒唐無稽で壮大なホラ話系エンタテインメントだが、父と子の絆が謎解きの鍵。中井貴一の存在感が ...
プリンセス・トヨトミ (Akira's VOICE)
面白味が伝わらん・・・。
映画 「プリンセス トヨトミ」 (ようこそMr.G)
映画 「プリンセス トヨトミ」
プリンセス トヨトミ (ダイターンクラッシュ!!)
2011年5月29日(日) 18:50~ TOHOシネマズ有楽座 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認 『プリンセス トヨトミ』公式サイト 「世にも奇妙な物語」長編版といったレベル。 万城目学の原作小説は、もっと面白いと思うのだが。いあ...
「プリンセス トヨトミ」みた。 (たいむのひとりごと)
原作は発売後直ぐに読了。(感想はこちら)読後感としては面白い作品だったが、「大阪全停止」なんて意味深な前置きに至るまでのグダグダにはイラっとするところもあって、特に好きという作品では無かったりする。逆
プリンセス トヨトミ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★☆【2,5点】(10) 天然度数Maxの綾瀬さんが見られただけでOKとしておこう。
『プリンセス トヨトミ』 (こねたみっくす)
人情の街・大阪。歴史と着倒れの街・京都や海港と履き倒れの街・神戸とは違い、形がないものや残らないものを大切にする食い倒れの街・大阪。 そんな大阪に桂三度さんが大統領の ...
プリンセス トヨトミ (勝手に映画評)
万城目学原作の長編小説の映画化。『その日大阪が全停止した。』がキャッチコピー。3.11以降の実際の日本で、いま大阪が全停止されると非常に困ってしまうわけですが、そういう意味でも興味を引かれてしまったのと、中井貴一が真田幸一を演じるに際して、大阪府知事の...
プリンセス トヨトミ (だらだら無気力ブログ)
「鴨川ホルモー」の人気作家・万城目学が大阪を舞台に描いた同名ベスト セラーを豪華キャストで映画化した奇想天外エンタテインメント・ムービー。 大阪を訪れた会計検査院の3人の調査官が、ひょんなことからこの地で 脈々と守り継がれてきた驚くべき秘密を目の当たり...
映画「プリンセストヨトミ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/6/1、 ファーストデーで、誰でも千円の109シネマズ木場。 水曜日はレディスデーでいつも女性が多いのだが、 心なしか年齢層は高目で男性が多い。 *     万城目学(まきめまなぶ)の同名小説の映画化。 堤真一、中井貴一、綾瀬はるか、岡田将生、和久....
プリンセストヨトミ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「鴨川ホルモー」の万城目学による同名小説を、「HERO」の鈴木雅之監督が映画化した歴史ミステリー。東京から大阪にやって来た3人の会計検査院調査官が遭遇する大騒動を描く。出演 ...
プリンセストヨトミ (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/05/28公開 日本 119分監督:鈴木雅之出演:堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、笹野高史、和久井映見、中井貴一 大阪全停止。その鍵を握るのは、トヨトミの末裔だった。 会計検査院の調査官である松平元、鳥居忠子、旭ゲーンズブールの3人が、府...
「プリンセス トヨトミ」 父親と息子 (はらやんの映画徒然草)
万城目学さんの作品は「鴨川ホルモー」を映画で観て、さらに原作を読みました。 本作
プリンセス トヨトミ (とりあえず、コメントです)
万城目学著の同名小説を映画化したミステリーです。 原作が文庫化になったので買っていたのですけど、映画を観るまでは…と読むのを我慢していました(^^ゞ 物語が佳境になった時、予告編で観たとおりの無人の世界が広がっていきました。
『プリンセス トヨトミ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「プリンセス トヨトミ」□監督 鈴木雅之 □脚本 相沢友子□原作 万城目 学 □キャスト 堤 真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、和久井映見、中井貴一■鑑賞日 5月28日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★...