ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チャラ男、杣人(そまびと)になる。・・(^_^;)~「WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常」~

2014-05-18 00:58:57 | 映画

余談ですが、マキタスポーツハマってるね~。
フツーにこういうひとこういう仕事してそう感があって(え)
歌うシーンはさすがにええ声。(^-^)


伊藤英明は海猿から山猿へ。(違)

「陰陽師」のみやこびとはいずこ。
多分ね~「海猿」以降ごっつくなったんだろうな~。
体格もそして精神的にも。んで役の幅ひろがったんならええことええこと。


実は染谷くんの代表作「ヒミズ」は未見。
スクリーンではじめて見たのは「永遠の0」のとき。
だもんだから彼がこういう青春コメディみたいなのに出るのは知ってるひとからしたらびっくり?

大学受験に失敗し、彼女にはフラれ、
ある意味ものごっつ挫折して凹んでたときに見かけたのは
1枚のパンフレット。そこに映ってた美女に惹かれて林業・・・やるかフツー?(爆)
でも不純な動機というか軽率な行動にしては
最後まで研修を終えた彼は
パンフの彼女に再び会えることを願って中村林業で1年間実習することになり・・・。
ケータイは繋がらない、こどもや若いもんがほとんどいない、
コンビニがなく、スーパーまで車で2時間、居候先は鬼のような露喜の家。
こんな場所で
果たして勇気は生きていけるんでしょうか~~?!っておはなし。

話が若干それるんだけど
就職難の若いもんと、若者がいなくて過疎化の進む村や後継のいない職業。
それを繋ぐものってないんだろうかね・・・。

この映画、不純な動機にしては最後まで研修をやり遂げ
どんどん主人公がほんとに山の男、杣人になってくんだけども
実際はなかなかそういう若者を見つけることは難しく、
どんな仕事も楽じゃないんだけども、
その前にその仕事がどんなものか実際その世界に飛び込まない限り
理解できないものがたくさんあって、
・・・あ~何が言いたかったかというと
映画「県庁おもてなし課」がそのまま高知PRになったように
この作品も林業こんな感じですわ~を面白おかしく教えてくれるものになってること。
こういう生き方もあるんだよって。

・・・リクルート映画とは言わないが、
映画監督が選ぶ題材が一般の人が知らない世界を見せてくれることで
将来どこで働きどんなふうに生きたいのかの選択肢を増やしてくれるような気がして。



お地蔵さんの恩返し?おにぎりが子供を救うなんて不思議は
案外ほんとにあるのかもしれません。お伊勢さんのある三重県のおはなしですし。(^-^)
山と共に生きるってのは危険もあるけど恵みもある。
トトロやもののけ姫の世界。自然を相手に生きてくひとたちは
良きも悪しきも受け入れてる。そういう感覚って都会では薄れても
こういう場所では切実なぶん信仰もするし研ぎ澄まされてる感覚だよね・・・。

「黒執事」で意外な一面を見せてくれた優香は田舎のおばちゃんぶりが似合ってて(わわわ)
長澤まさみでさえもほぼすっぴんな顔でワイルドさを見せていて
かわいいとか癒される~とか言われてた女優さんの変貌ぶりとハマりようにもびっくりだったけど
染谷くんもこういう役は初めてだったんちゃうかな?
「ヒミズ」未見の奴が言うことちゃいますがどっちかいうと影のある役どころが
多かったような印象をもってたんですが。その辺は俳優さんたちの引き出しというか
カメレオンぶりをみれて楽しかったです。



どんな仕事をしたいか・・・の入り口はどうでもよくて
そこで頑張りたい理由が不純だったとしてもやり遂げたら結果オーライ。(^_^;)
目的なくしたわかもんに気軽に見て欲しい作品かな。

都会にいることのほうがなんかしっくりこなくなって
クンクン匂いを嗅いでいったら家建ててるとこだったなんていうのはちょっと出来すぎな気もしましたけどね。(^_^;)

エンドロールの写真たちがナイスです~♪
こういうハッピーエンドは大好き~~(≧∇≦*)




PS:
・・・お習字に「ヒル」はないよね~(爆)










コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 「すべては君に逢えたから」D... | トップ | 靭公園へバラ撮りに行った~♪ »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昼に蛭~ (cyaz)
2014-05-19 17:24:52
Agehaさん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

ま、この手の作品は内容はともかく、
多少の粗もほっといて、
手放しで笑える風味がいいのでは(笑)
そういう意味ではエンタテインメントな作品に仕上がっていました。
そういえば昔、田舎に遊びに行って
蛭に血を吸われたことありました。
ケツじゃなかったですが(汗)
サブいよ~~。(^_^;) (Ageha)
2014-05-20 01:32:47
cyazさん、どうも。
昼に蛭ね・・・
いやでもあんなおっきなの(´・д・`)ヤダ~~

レビューでも書きましたけど楽しいリクルート映画でした(え)
誰とであってどう過ごすのかで
人はどうとでも変われる。

現在住んでるとこは2,3分で駅もスーパーもあって
でかい大学病院も駅前にできた。
コンビニに至っては7,8軒近所に乱立。
マクド、ミスド、モス、ケンタ、31、
吉野家、松屋、すき家と
ファストフードなんでもござれが全て家から徒歩5分ほど。
電車乗れば30分で京都へも梅田へも出れる。
・・・こんなとこ住んでたらどこにもいけませんわ~。
田舎暮らしは私にはできないな~(^_^;)
Unknown (ジョニーA )
2014-05-21 23:40:46
都会じゃイケてなかった若者が田舎に自分の
居場所を見つける、という設定は「あまちゃん」
っぽくて素敵でした~。主人公の染谷クンは、
その黒い部分とコミカルな部分をうまくミックス
させて、『寄生獣』を成功に導いてほしいモンデス~
Unknown (Ageha)
2014-05-23 12:51:20
ジョニーAさん、どうも。

どうしてもミーハーな作品を選ぶので
なかなか名作というやつを見てないですが
きっかけがどっからであれ
今後の染谷くんが楽しみでありまする。(^-^)

じつはNHKの朝の連ドラって
高校時代に朝登校する際の時計がわりにしてただけで
それ以降も全然見とらんのですわ・・(わわわ)
ここんとこ当たってるみたいだから
話題になってることのいくつかくらいは
わかるんですけどね・・(^_^;)
Unknown (ふじき78)
2014-06-28 21:58:13
読んでて、ふと気づいた。
伊藤英明って「ハスミン」の仇名でショットガンぶち放してたし、優香は「黒執事」であーいう役だったし、染谷君は「脳男」で隠れた犯罪者だった。そんな奴らが寒村に身を潜め・・・・・・どう考えても殺人鬼側になれないマキタスポーツとかを斬殺するのかな。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事