ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

京都に行きたい病。

2011-09-27 11:22:26 | book
森見登美彦の京都ぐるぐる案内
森見登美彦の京都ぐるぐる案内森見 登美彦 新潮社 2011-06売り上げランキング : 30134Amazonで詳しく見るby G-Tools
四畳半神話大系公式読本 奇想と微笑―太宰治傑作選 (光文社文庫) 四畳半王国見聞録 恋文の技術 (ポプラ文庫) 美女と竹林 (光文社文庫)



専門学校時代の2年間、定期があるのをいいことに
学校が休みの日でもやたらめったら四条へは来てた。
教室が防音完備だったおかげで、授業で使ってないときは
すっかりサークルのたまり場になっていて
学校のある日よりもわざわざギター抱えてここに来ては
ジャカジャカやってた記憶。
もう今はなくなってしまったから
○○専門学院卒業とか履歴書に書くこともないか、
「何それ、どこ、何してたん?」な学校である(笑)

四条河原町に面していて、祇園祭の山鉾巡行のときには
アーケードの上に降りて「ちまきくれ~」なんてやからもいたし、
そもそも、窓の外を長刀鉾のてっぺんにある長刀が
平行移動してんのに授業なんてすんなよ~って環境だったし、
外国人に京都案内してました~なんてこというと
単位くれたり、さぼりがOKだったというトンデモな学校だったここでの時間は
すっかり私を京都好きにしてしまって

「昼休みに二条城まで行って帰ってくる」とか
「なんで昼ごはんが屋台の○○なんだよ」(要はそゆとこへ行ってる)とか
今でも思い出すのはむちゃくちゃ遊んでた楽しい時間なんだ、
授業以外の。
あ、めっちゃハンサムなアメリカ人のせんせがいたことも
ハッピーだった。(コラ)

で、また前フリが長くなった。

あんまし本は読まないといいながら実は
森見登美彦の本は何冊か読んでいて
しかも彼の小説は、一部を除いて舞台が京都、
それもフィクションでありながら実名で今もあるカフェとか
実際の地名がわらわら出てくる。
変な話が京都にくるたびに今自分の居る場所に
小説の登場人物を思い浮かべて笑ってしまうんだ。

京都ぐるぐる案内は
正直なとこ、京都を知っていて彼の小説を読んだ人には
くすくす笑えるというか楽しめる本なんだけど
ガイドブックとしては少々不親切。
それでも、ちょっと変わった風景を
鴨川や伏見稲荷や京大に思い浮かべられるかもしれない。

まだ退院して1週間もたってないから
残念ながら遠出は控えてる。一応これでもおとなしくしてる。
でも、予約してた本がこのタイミングで手元にくると
出かけたくなるのが性で。

まだ昼間は暑い(あくまで私の感覚ですが)
もすこしいい気候になったらカメラ復活です♪

・・・っていいながら10月入ったらきっと行ってるだろうな~。
時間の問題かも(おいおい・・・)

最新の画像もっと見る

コメントを投稿