SpeedLander

余生を考えると貯蓄も必要かと、趣味の浪費も考えなければならない時代、すでに遅いけど(汗)

EMAX 12A ESC

2017年03月15日 01時01分42秒 | ラジコン ドローン
はCleanflightからかなり焼きました、最スローでも傾けばペラが水平補正するので回る!
まあ最スローで急降下する場合でも水平保てるレーサー仕様だが当方みたいに色んな場所で
飛ばす場合は逆に不必要な仕様でもあります
方言みたいでもう分け無いです最大スロはフルスロ、最小スロは最スローまたは最スロとか言う人も!(汗)

今までPCBの焼けた殆どのFETは-側なのでNchannel Pcannel側は
焼け無しオープンリークも無く無事、ペアFET?多分P/Nの耐圧が違うのかも!?
普通ECSはPタイプだけで構成されているのだが何故PP(プッシュプル)にするほどの利得あるのか
オーディオならハイコンプライアンスにはなるけど・・・

ごたごた考えても仕方ないので小損のESCを生き残りのFETで一個復活でした(汗)


昔カー540ブラシモーターは普通に巻きかえし独自チューンしていたが、ブラシレスモーターは如何に・・・
太めの線使って耐圧上げればKVも稼げるがアンプ容量もと・・・

も一つ電力高いドレイン、ゲートがリークしてソースにバッテリー電圧かかり
制御ICが故障しているのも有りました!

焼けた基板のパターン(銅箔)は必ず熱酸化し抵抗を持っています
特にPPの場合バランス(中点電圧)が狂うので信号無い場合でもモーターに常時流れる
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平尾台で~~ | トップ | Naze32 Rev6 6DOF にソナーを »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ラジコン ドローン」カテゴリの最新記事