goo集団ストーカーとテクノロジー犯罪被害者の雑感

被害内容の記録と自分なりの雑感のブログ

再開1227.大西信二の血圧2017の折れ線グラフ

2018-01-03 10:12:49 | 日記



2017年1年間の家庭で測った血圧の折れ線グラフです。

使用した日本精密測器(株)WS-900の測定値と

病院での聴診器を使った測定値との誤差を

病院で測ったのは血圧の非常に高い時期だったので

上の測定値の補正値を-10、

下の測定値の補正値を-20としていますが、

血圧が正常値に下がった現在は上下共に

補正値を-10位にした方が良いかも知れません。

見方の例として09/10の朝の高い方の測定値は274でしたが、

グラフでは補正値の-10を足して264の位置で書いています。

12/17の夜の低い方の測定値は61でしたが、

グラフでは補正値の-20を足して41の位置で書いています。

服用した薬剤について記載した部分を

文字が判読出来る様に下部に拡大しました。


200超えをちょこちょこ観測していた年前半の血圧が

高かった時期も自覚症状は全く無く、

5月~6月頃の体重減少期に血圧が下がった時期を過ぎ

再上昇期の8月になって200超えを再び連発する様になって

少しふわふわする感覚を感じたのですが、

それも実際の感覚か測定値を見た事によるプラシーボ的な

物か分からない程度の物でした。

服薬によって血圧下降期には立ち上がった時に立ち眩みを

感じる様になりました。

立ち上がった後数秒間じっとそのままの姿勢でいると

立ち眩みは去って行き倒れる程では有りませんでしたが、

低下した血圧には中々順応せず、12月中旬頃になってやっと

立ち眩みが少し軽くなって来た様に感じる様になりましたが、

まだ感じる事は有ります。




Jw_cadで使える家庭血圧管理ノートのテンプレートを再掲します。

家庭血圧管理ノート(うるう年以外の年用).jww

家庭血圧管理ノート(うるう年用).jww


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 再開1226.2018 1月カレンダー... | トップ | 再開1228.香川の温泉へ行こう! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事