SUN PATIO

My Collections, My Thoughts and Ideas

紅白幕にまつわる話

2009-02-22 | 身辺雑記帳
昼間の外出中、今日はどういうわけか、 街中で紅白幕を目にすることが三度に及んだ。 紅白幕というのは常にハレの場に使用される とは限らないと見える。 この国の少子高齢化の進行に伴って <冠婚>にまつわるサービスは先細り、 <葬祭>のほうはニーズが増えていく。 にも関わらず、実際には、火葬場や葬祭場の 新規建設は捗々しく進まないという。 住民側の反対で火葬場の立地が決まらず、 最終的に辺鄙な海岸の埋立 . . . 本文を読む

存在の環を求めて

2009-02-08 | ノンジャンル
最近耳にした話では、人間の脳のはたらき方は インターネットの検索エンジンと似ているらしい。 否、むしろ人間が無意識の裡に自らに似せて、 検索エンジンを設計したというべきではないか。 検索エンジンは適切なキーワードを与えることで 適切な回答が得られる。同じ理屈で、 日常のどのような問題を解決するにも、 適切な質問を設定することが肝要だ。しかるに ここを仕損じるケースが往々にして見られる。 (勿論かく . . . 本文を読む
コメント (2)

堺屋太一氏について

2009-02-01 | 歴史、考古学
 今後展開する歴史も、  人間性の導くところ、  再びかつての如く、  それと相似た過程を辿るであろう。               (トゥキディデス) わが書架の一隅に在る二冊の古びた文庫本。 『歴史からの発想』(昭和六十一年発行) 『現代を見る歴史』(平成三年発行) 既に絶版となって久しい堺屋太一氏の著書だ。 いずれも二十代前半に味読していたもの。 流石に経年による紙の変色が著しいが、 いま . . . 本文を読む