*begejstring for DANMARK*

Apple製品&ガジェット&コーヒー&漫画大好き☆ いろんなことを書き連ねています♪

【iPhone】勝手に自分の行動がiPhoneに保存されている!?『利用頻度の高い位置情報』を慌ててオフ(^◇^;)

2015年10月07日 | *iPhone/Apple♪*



日本でiPhoneが発売されて以来、毎年買い換えている私ですらこんなこと今まで知りませんでした!

なんか怖い!><。


↓詳細は以下のタッチラボさんの記事で。

【参考記事】iPhoneに保存されている「行動履歴」を削除する方法


……とはいえ、実はそんな慌てて削除しなくとも大丈夫なのかもしれませんが、でもこういうのってもしかしたら知らずに、例えば《何かのアプリ》が勝手にデータを取っていたりしたら嫌じゃないですか(滝汗)


利用頻度の高い位置情報:ユーザにとって重要な場所を学習するために、iOS デバイスには、最近訪れた場所と、そこに行く頻度や行った日時が記録されます。このデータは、お使いのデバイスに保存されるだけで、同意なしに Apple には送信されません。予測交通経路指定のようなユーザに合わせたサービスを提供する際に使われます。

- via:iOS 8 および iOS 9 のプライバシーと位置情報サービスについて - Apple サポート -


↑Appleの方では《同意なしに Apple には送信されません》とは書いてありますけど、ねぇ……?

もちろん、ここをオフにすることによってもしかしたら何かの機能(?)等が使えなくなったり、精度が悪くなったりするのかもしれないので、オフにするかどうかは人にもよると思いますが。








【設定.app→プライバシー→位置情報サービス→システムサービス→利用頻度の高い位置情報】


↑でも、設定.app内のこんな深いところにあるなんて普通は気づかないですよね(^◇^;)

上記2枚目の画像はすでにデータを削除した後なので何も記載されていませんが、見た時はもう顔面蒼白というか、『こんなの残しといちゃいけねぇ!』(爆)、という感じで速攻削除してしまいました。

もう、スクショ撮る頭もなくw



で、オフにしてホッとしたところで、

『でもこの機能って、どのiPhoneからあったんだろう?』

と、素朴な疑問が。

昔のiPhoneにはなかったと思うんですよね。なんとなく。


ということで、過去のiPhone生き返らせて、全部調べてみました!(笑)


そして、結果から先に言うと、『5sから《利用頻度の高い位置情報》機能はあった』ということになりました!(あくまで、なちこ調べですがw)


ではせっかくなので、そのスクショも載せておきますね。






これが『iPhone5』の時の当該画面。

なんというか……懐かしいデザインですね(笑)

まぁそれは置いといて、このように《システムサービス》内には《利用頻度の高い位置情報》がありません。








そしてこれが、『iPhone5s』の当該画面。

ありますね、《利用頻度の高い位置情報》が!



ということは、

『iPhone5s』以降のiPhoneを使っている人で、自分の行動履歴をiPhoneに残しておきたくない人はここをオフしておく方が良い!

ということになるかと。


『iPhone5』よりも前のiPhoneの場合は、そもそもそういう機能がない(?)、少なくとも自分の手でオフできるところがない、ということでしょうかね。



iPhoneを長く使い、しかもこういうブログも当時から書いている私でも、実はiPhoneのすべてを知っているわけではない、という良い事例です(笑)

今はもう、機能がありすぎてよく分からない!というのが正直なところです。←コラっw

まぁでも、だからこそ面白いんですけどね!(言い訳?w)



さぁ、ではこの辺でこの話は終わりにして、あとは蛇足といきましょうか。


全部のiPhoneの電源を入れ、そしてついでに……






初代iPod touchの電源も入れてみました(笑)

懐かしいなぁ、唯一悪いことした Jailbreakというか脱獄した 製品です。

なので画面がこんなw


iOSなんて《iOS1.1.4》ですよ!www

今は《iOS9.0.2》の時代ですよ!(記事掲載時)


まぁ、これがあったから今の私がある、という原点ともいうべき私の初のApple製品。

もう8年も前のことですね。


発売当初に搭載されていたアプリケーションは、カレンダー・YouTube・時計・計算機の4つ。
2008年1月15日(日本時間)出荷分より、メール・マップ・株価・メモ・天気の5つが追加され、それ以前に出荷されたiPodのユーザーは、1月のアップデートとしてアプリケーションをiTunes Storeで購入(2,480円)することで対応した。

- via:iPod touch - Wikipedia -


そうでしたそうでした。

う〜ん、すべてが懐かしい……(遠い目)。

このころはまだ、《App Store》アプリが存在すらしていなかった時代、というと今のiPhoneユーザーの方にはびっくりされるでしょうね。



懐かしついでに、その後のiPhone発売時の記事を毎年分、以下にリンク貼っておきます(年により、開封の儀の記事でない時やその日1日のをまとめている時もあります)。


【iPhone 3G】2008年7月 - *begejstring for DANMARK*

【iPhone 3GS】iPhone 3GS、無事ゲット♪ - *begejstring for DANMARK*

【iPhone 4】【iPhone 4】『PUKコード(PINロック解除コード)』の調べ方(^-^; - *begejstring for DANMARK*

【iPhone 4GS】2011年10月 - *begejstring for DANMARK*

【iPhone 5】【iPhone5】速報!黒の64GBゲットしました!【追記あり】 - *begejstring for DANMARK*

【iPhone 5s】2013年9月 - *begejstring for DANMARK*

【iPhone 6】2014年9月 - *begejstring for DANMARK*



思いがけないことから過去を振り返ってしまいました。

たまにはいいですね!









この記事についてブログを書く
« 【北欧椅子】ザハ・ハディド... | トップ | 【漫画】『銀河英雄伝説』、... »
最近の画像もっと見る

*iPhone/Apple♪*」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事