宇宙麻雀理論

Welcome to the game!

和了トップVS役満、W役満

2017-03-25 12:23:44 | 何切るを解説

麻雀で何切る No.12519の問題 

オーラス南家ドラ
親25000
自分26000
西家24000
北家25000
ウマ1-2 祝儀なし。
捨て牌は普通の捨て牌と考えてください。 

以外ないだろと思う人も多いだろう。ただ、それは早とちりに思える。
ここで切りで七対子狙いならほぼ確実に聴牌であり、そっちの方がスピードは早いのは否めないだろう。
それはいくら鳴き仕掛けが効くとは言え。手牌にある牌以外は全て聴牌なので。
また、聴牌形も微妙である。単騎待ちの聴牌とは言え、ドラと役牌のバッタだと後者の方が弱いようにも見える。
確かに、ここで捻って切れれば別だけども、鳴かれたくもないし、を浮かす形でも危ない手格好である。

しかし、素点もすさまじいものがある。
とツモった時には、、、3半荘分くらいの大トップ勝利となる。親だったら4半荘くらいはいくのでは?
仮にを鳴いてでアガっても、でアガっても二回トップを獲ったのと同じくらいか。

しかし、
・メンホン七対子の素点。
・点差が拮抗しており、ラスを引く可能性も考えるとトップの価値は大きい。
ことを考えると、、、私としては最大限の和了を求めを切りそうな気がしてならない。

『ギャンブル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 麻雀が苦手な人間へのフィー... | トップ | 振り聴待ちの基本的な考え »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

何切るを解説」カテゴリの最新記事