特級麻雀理論

強者が更に強者になる為のセオリー、麻雀に飽きた人向け。

テンホウイまたやらかしたか?2

2020-02-12 21:17:46 | Mリーグ局解説

あまり特定の個人を叩きたくないのだが、やらかしすぎな気がするんだよな。
確かに他の選手も彼と比べ物にならんくらい酷いのもいるけど、
彼だけ叩いてる訳でもないし、強さを売りにしてるなら、批判されても仕方ないよねと。

つか、何でもかんでもそれはそれで良いですなんてのも、強くなる訳ないし、気持ち悪いだろと。 



6:42
前の記事の振込みはまだ理解できる。。。
しかし、これくらい通せないのはどうなのかと。
が直前で通ってるし、3件リーチでいきにくいのは分かるが。。。

・ラス目であるということ。
・供託が3本ある。
・こっから手が詰まる可能性もある。
が通る可能性の方が高そう。
・赤が見えてるのでで打ってもそんな高くない。
が2枚見えてるのでちょっと嫌な待ちかも知れないが、こっちもそれなりの両面。

ここでを押すデメリットも大してないし、これだけ押すメリットがあるなら、そこまで難しい選択じゃないのかなと。

そして問題は、、、
1、ここで切って曲げる奴は少なくないということ。
そういう人と比べて、損しているのでは?

2、ここで、切って降りるってことは他の局面でも同じ失敗をしがち?
損な選択をし続けてるってことであり、散見した所、そういう局面はよく見かける。

ま、ラス回避のネット麻雀なら、こういう打ち方もマシな打ち方なのかも知れない。

でも、実践じゃ通用しないっていういい典型例であり、通用しないだけならともかく、弊害すらもあるということである。 

コメント   この記事についてブログを書く
« テンホウイ、またやらかしたか? | トップ | 染め手、七対、役牌、対々 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Mリーグ局解説」カテゴリの最新記事