音の四季~風の彩

作曲家、しの笛・龍笛奏者、ジャズピアニスト、城山如水の徒然日記。
オカリナ、フルートの事も・・・・

脱炭素社会の衝撃

2018年11月14日 | 裏読み 政治・経済


化石燃料から脱する「脱炭素社会」への変革は予想以上に進んでいるらしい。

NHKの特集を見ると、日本企業はもはやクリーンエネルギーの世界的潮流から取り残されている現状が見て取れた。

日本から資金を引き揚げている投資家は数百に上るらしい。

このままで行くと日本の企業は立ち行かなくなるのだろう。

今、脱炭素・エコ文明の最先端を走っているのは中国らしい。

世界の見方は「日本はテクノロジーを持っているのに、なぜ、脱炭素社会へ舵を切る勇気を持たないのか」ということらしい。

太陽光発電パネルは広大な敷地を必要とする。

日本のテクノロジーを持ってすると、パネル面積は十分の一くらいに縮小させることができそうに思う。

もっと小さくできるかも知れない。

世界の投資家は化石燃料企業から資金を撤退して、脱炭素企業に乗り換えているそうだ。

このペースは驚くほど急速に進んでいるようだ。

日本企業は19世紀エネルギーに逆戻りするのではなく、21世紀エネルギーに一日も早く方向転換するべきだろう。



激変する世界ビジネス”脱炭素革命”の衝撃
https://www.youtube.com/watch?v=01g3ahwQ-ds

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« こころの祭り 姫路 <播州... | トップ | <姫路文学館コンサート> ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

裏読み 政治・経済」カテゴリの最新記事