goo

cc vol.21


そろそろ上映時間です
 創造集団パノラマ屋/安達良春

 「映画監督というものは、ただ待っているだけで欲しい画が撮れるなら、例え大地が腐ろうとも待つべきなんだよ」
 昔読んだ漫画の中にあった台詞だ。読んだ時には素直に感動したのを覚えている。そして自分でも映画監督を名乗る様になった今でもこの台詞は自分の中から消えずに残っている。
 映画の撮影は地味な作業だ。舞台を創る事より地味だと自分では思っている。撮影中に満足感を感じる事は殆どない。ただひたすら完成を信じて時間と労力を費やしていく。まぁ、それが楽しいんだと言えなくもないが…。とにかく辛抱強く、完成を信じて作業は続けられる。
 などと気取った事を書いてみたが、とにかく今回の撮影は時間が取れなかった。待てるものなら待ちたいし、時間も掛けたい…。が、締切は確実に近づいてきている。毎日毎日綱渡りで目眩がする程だ。「来年の完成でもいいじゃないか」「今ここで無茶をして何かいいことがあるのか」と何度も自問したが、結局押し切った。作品の背骨に対して迷いがなかった事、キャスト・スタッフに恵まれた事、完成を楽しみにしていると言われた事、人づてにクランクインを聞きつけた友人が電話で激励してくれた事…。全てが自分を後押ししてくれた。後は、自分が頑張るだけだ。
 さて、出口は見えてきている…ハズだ。もう一頑張り。え?まだ完成していなのかって?そうなんです、編集どころか撮影も残っています。あ!帰らないで!出来ますから!5月26日、ベンスタで上映会をやりますから!完成させますから!観に来て下さい!待ってますよ!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

amuse 2006年5月号


FLOOR ~階間(はざま)のヒトビト~
 えとまさる/八戸市
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )