イーダイブ スペシャルトリップ報告☆

ediveオペレートのインドネシア・コモドクルーズ、インド領アンダマン諸島クルーズのSPクルーズ報告!

2018/2/5~13 ラジャアンパット

2018-02-17 | ラジャアンパット
インドネシア 秘境ラジャアンパットクルーズ 2018年2月5日〜13日 by Aki


秘境の定義とは?
まだ人によく知られていない奥地。
また、外部からの人のおとずれのまれな場所。

日本から結構、時間がかります。
日本〜ジャカルタ約7時間30分、トランジット3時間30分、
ジャカルタ〜マッカサール約2時間30分、
トランジット約3時間、マッカサール〜ソロン約2時間30分、
さらにクルーズ船でどんぶらこ、まさに秘境!
これだけ時間をかけても行くべき魅力的な海であります。



ゲスト16名、スタッフ、しょうじ(男)&アキ(男)の合計18名でラジャアンパットクルーズ、
ハルマヘラ海とセラム海を制覇いたします!



1日目
DIVE1 Yanbuba
まずはチェックダイブも兼ねて、ラジャアンパットの海スタート!!!

いきなりのマクロ攻撃!

イレズミハゼ属のオレンジリーフゴビー


メギスの仲間でチェッカードドティーバッグ


ミヤケテグリ?


マルスズメダイによく似たアンボンスズメダイ


タルボッデモイゼル



DIVE2 Blue Magic
いきなりマンタポイント!
そして、マンタ外しました。ぺこり
ダイビングはマンタだけではない!
マンタが出なくても楽しいポイントでした。
NO PHOTO・・・

DIVE3 Mioskon
マクロからワイドまで楽しめるポイントです!

突如現れたコガネシマアジの軍団




鮮やかな体色のバリアブルジョーフォッシュ


ポントヒピグミーシーホース通称ペラピグは水深5mにいました~



DIVE4 Sapokuven Night
どろっぽい砂地のナイトダイビングでした。
探せば探すほど、次々とマクロの魚たちがとっても楽しいポイントです。
ということでダイブタイムは1時間を超えること間違いなし!

カニがカニ食っとったーーーーーー





ココナッツオクトパス


ピグミーカトルフィッシュ


なんと!ハナイカまで


イロカエルアンコウの親子?小さい方が大きい方の後をぴったりついてってて
ソーキューーーーート❤


ホワイトフェイスワスプフィッシュ




教えられても葉っぱにしか見えないコノハガニ


マルカラッパ




2日目
DIVE1 Cape Cri
ここの目玉はなんといってもリボンスイートリップス玉!
しかし深い・・・減圧が、でないように気をつけて!




ピンジャロ玉が近づいてきて合体!



さらにヒメフエダイの玉も近づいてきて、このあと三位一体になったが
残念ながらタイムオーバー。。。安全第一です。



中盤戦は色とりどりのハナダイが舞うリーフをドリフト〜
キンギョハナダイ、メラニシアンアンティアス、エバンスアンティアス、スミレナガハナダイ、パープルアンティアス!
去年見つけたフトモイハナダイは見つけられず残念

スプレンディッドドティーバッグはカイメンの中がお気に入り。


そして、締めはやっぱりサンゴ!

ポイントへの移動中、なんとっクジラを発見!ラッキー



DIVE2 Manta Ridge
とんでもない発見!!!
水深10メートルにいろんな種類のフラッシャー(クジャクベラ)とハナダイがわんさか!
イリアンジャヤラス、ホカケハナダイ、ブルーフィンフラッシャー、フィラメンテッドフラッシャー、
こんなところ世界的にないんじゃないかな!?
まあ、マクロ好きじゃないとふ〜んという感じではあります。













そのあとはポイント名通り






さらにブラックマンタGET!




DIVE3 Arborek
桟橋ダイブ!
桟橋って素敵なんですよ!


1mを超えるオオシャコガイは100年以上生きてるらしい。。。


ピューターエンジェルフィッシュ



島に上陸!ダンスのクオリティーが年々上がってるぞ!







DIVE4 Arborek Night
ラジャアンパットを有名にした!?
ウォーキングシャークを発見!



ブルーリングオクトパス


ツマジロオコゼに似てるけど・・・


コブシメ?の赤ちゃんは1cm










3日目
DIVE1 Citrus Reef
砂地にいろんなハゼがいっぱい


ギンガハゼ黄化個体のペアー


ネジリンボウ?模様がちょっと違うような。。。
手前の個体は第1背びれが伸長してて、オスとメスの違いなのかな?


オニハゼ


ヤノウキホシハゼ


ブリーカーズダムゼル


メタリックシュリンプゴビー


ラジャアンパットではお馴染みのテールスポットブレニー






DIVE2 Mangrove Ridge
ミキティ〜祝400本!おめでとう


淡水と海水の魚を同時に楽しめるというお得なポイント!
前半の浅瀬では、幻想的なマングローブの写真を撮ったり、テッポウウオを見たり、
(注)マングローブの奥に進みすぎるとワニに遭遇する危険も・・・
後半は海へ!カニハゼ、マンジュウイシモチとサンゴを楽しみました。






ラジャ固有のイソハゼの仲間でその名もラジャゴビー


カニハゼのヤング


カニハゼ


海水域にはマンジュウイシモチ、淡水域にはホソスジマンジュウイシモチ
同じダイブポイントで見れるなんてアメージングラジャアンパット






DIVE3 Melissa,s Garden
たぶん、ここは世界一のハードコーラルのサンゴポイントだと!
みんなに見せてあげた~い!!!








DIVE4 Galaxy Night





サトミズピグミーシーホースは綺麗なヤギについてました~
しっかし、ホントよく見つけるよな~ケトゥーの目が欲しい。。。


2夜連続のブルーリングオクトパス~


しかも穴から出てきた!びよーーーーん


タコだね(笑)このあと別の岩に無事に着地




4日目
DIVE1 My Reef

DIVE2 Cureo Channel
Mr.旦那の祝500本記念!おめでとう





インドカエルウオの幼魚


エロンゲートドティーバッグはラジャで見たいメギスの1つ


チリメンヤッコの幼魚


グルグルリング状のムチカラマツにいたイボイソバナガニ


スパインチークのヤング



DIVE3 Batu Rufus
Melissa,s Garden と並んでラジャアンパットでハードコーラルが素晴らしいのがここ。















さらにこんな景観が見られる場所も!
南エリアの有名なBoo Window に似た雰囲気






バーチークダムゼルは幼魚から成魚までいっぱい。
超ベビーは動きが速くて撮るの大変











こいつもめっちゃ綺麗!スプリンガーダムゼル


デニスピグミーシーホース通称ツルピグはお腹ぽっこりさんでした





島上陸!!!
新しい桟橋と階段が出来ていて、山頂まで快適に登ることが出来ました!




モンセ~ダッシュ!





DIVE4 Keruo Slope
ニシキテグリがいるかもしれないとのことでサンセットダイブからのナイトダイブ~

はいっていきなりワンダーパス!





珍しいハルメイダゴーストパイプのペアー


そして・・・いたーーーーーーニシキテグリ
でも、超ちび




成魚もいたけど、残念ながらお相手が見つからず



音は聞こえど、その姿はめったにおがめないガマアンコウの仲間
以前はバンデッドトードフィッシュと呼ばれてたけど、別種でラジャ固有のトードフィッシュらしい
なので、見れた人は超ラッキー!


カワハギの仲間でリトルファイルフィッシュ


ボブテイルスクイド


5日目
DIVE1 Melissa,s Garden
やっぱり安心、安定のポイント!
いろんな種類のハードコーラルがびっちり、そこにスズメダイもびっちし、まさに天国!




一昨日は見られなかったバラクーダをGET!


DIVE2 Manta Sandy
マンタが・・・マンタサンデー・・・

残念なことがあればもちろん、いいことも〜!
ダイビングの後、移動中にドルフィ〜ン!!!50頭くらいはいたのでは・・・
このクルーズ船とは相性がいいのでしょう。ものすごく遊んでくれて、ゲストも大喜びでした!






DIVE3 Manta Ridge
とりあえず、全員ブラックマンタGET!!!
一安心。



DIVE4 Sawanderek
ラジャアンパットの桟橋は、どこの桟橋も素晴らしい。


アヤコショウダイの群れ



フチドリカワハギの幼魚かな?
初めて見た魚はもしや新種?




これぐらいのサイズが可愛いサラサハタの幼魚


綺麗なガヤにいたシムランス



6日目
今回は南側の海況と天気が悪いというので、南側を諦め、いつもは行かないさらに北側のポイントに行きました!

DIVE1 Eagle Rock
いろんな種類の色鮮やかなソフトコーラルがいっぱいでとっても綺麗なポイント。
スイミングウォビゴンとマンタもでたぁ〜!


イエローリボン玉~Cape kuri より数は少ないけど深度は浅めだからノーストロボでOK!


隣りにはヒラニザ玉~



DIVE2 Next Eagle Rock
ウォビゴンシャークの撮影会!



ええ感じですよ!ねぇさん



DIVE3 Black Rock
このポイントの見どころはとにかく、ソフトコーラル!





ウォビゴンの交尾!現地ガイドも見たことないと興奮していました。




1本目から3本目までは、ウォビゴン尽くしの3本でした!!!


DIVE4 Edi,s Wall in サンセットダイブのウォールダイブ!!!
水中ライトで壁の隅々まで覗きました!
ピンクスクワット、マンジュウイシモチ



あっちゃーん、祝900本おめでとう!
1000本まであと少し。





7日目
ラストDAYなのに曇り雨!がちょーん

DIVE1 Blue Majic
流れ強し!物凄いフュージラの群れが流れと格闘していました。もちろん、ぼくたちも・・・
ギンガメアジ、バラクーダ、ウォビゴン、アケボノハゼを14メートルで見つけたチームも!





DIVE2 Sardine Reef
タッキーさん、祝600本おめでとうございます。
ラストダイブもやっぱりウォビゴンシャークでした。
あっウォーキングシャークを見たチームも!

メギス特集~








ラジャアンパットクルーズ26ダイブ、すべてのダイビングが無事に終了いたしました!
楽しいゲストとマーメイドのスタッフたちのおかげで海も船上も盛り上がった8泊9日でした。
この海は本当にサンゴ&ソフトコーラルが凄くて、大物、群れ、マクロとどんなダイバーでも楽しめる凄い海でした。


来年のラジャアンパットの予定はComing Soon!

天気 晴れ
波 なし
水温 29度
透明度 ・・・よくない

写真提供:あっちゃん、かよねぇ、旦那

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2017/9/16-23 コモド諸島ク... | トップ | 2018.3.10-18 ラジャアンパ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ラジャアンパット」カテゴリの最新記事