透かしの模様に線刻模様を組み併せた耳付の作品は…

透かしの模様に線刻模様を組み併せた耳付の作品は、花器として鈴木さんが作られました。花器として作られた作品には内側に筒が入っておらず、別の筒を入れて花を飾るように考えて作られたようです。これからの時期どんな花が飾られるのか楽しみです。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日は午前と午後の2回に分けて陶人形・ピエロの体験陶芸が行なわれました。皆さん陶芸は初心者でしたが、手順に添ってタタラ作りで部材を作り予定の時間内でオンリーワンのピエロを作りあげました。また通常は素焼き後下絵付けされる工程を、出来上がったピエロに下絵の具で即色づけの手法を取り入れました。完成は5月末になりますが楽しみにお待ち頂きたいと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

羽を表現するため刻んだ効果がイメージどおりに…

黄瀬戸釉を掛け部分的に接釉した梟の置物は吉川さんが作られ、羽を表現するため刻んだ効果がイメージどおりに出来上がったようですね。同じ窯出しで他にも何点か出来上がっており、今度来られた時に作品と対面出来ます。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では明日行なう陶人形の体験講座のため、粘土の準備や道具の点検をしました。始めての陶芸でも素敵なピエロの人形が作られるように手順良く講座を進めたいと考えております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ランプシェードに灯りが燈ると赤い花が咲く…

花の模様を切り抜いたランプシェードは山田さんが作られました、白萩釉を掛けた清楚な感じのランプシェードに灯りが燈ると赤い花が咲くことでしょうね。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日も工房を休ませていただいております。昨日定期的な検査で病院に行って、風邪でももらってきたのでしょうか朝から体調が悪く休んでいます。30日には体験陶芸があるので体調の回復を願っています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

トンボの模様をあしらった蓋付の作品…

トンボの模様をあしらった蓋付の作品は、貴重品等を入れたりするために作られたのでしょうか。タタラ作りで形作りされ貼付け模様を施したりすると、乾燥の段階で歪みが大きく出たりするものですが、形良く出来上がって良かったですね。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今日は工房を休んで、昨年来の家庭菜園の準備を始めました。畑には天候が不順で手をかけていなかったが、雑草だけは関係なく伸びていた、昨年はアスパラ等が大分大きくなっていたが、今年は漸く芽が出てきた初収獲は何時になるのだろうか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

色んなところから灯りが零れるように…

白萩釉を掛けて織部釉をボカシ掛けしたランプシェードを作ったのは高橋さんです、色んな形のランプシェードを作られている高橋さんですが、今回の作品は色んなところから灯りが零れるように考えられており、点灯されるのが楽しみです。

秋田市・手作り工房創遊舎では午前中はパッチワークの講座が行なわれ、午後からは押花講座が開かれております、月一回の講座ですが限られた時間内に真剣に作品に向き合っていました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

持ち手に魚のアクセサリーを付けたり細かな気遣いが…

バックをイメージして作られ置き飾りは八柳さんが作られました、持ち手に魚のアクセサリーを付けたり細かな気遣いが感じられます。出来上がった作品はご本人がまだ見ておりませんが、きっと喜んで頂けることでしよう。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今日工房休ませて頂きましたが、月末に陶人形・ピエロの作陶体験の講座を開くので、手作りの道具を作る材料を買いに行って来ました。また天気の様子を気にしながら庭の片付けをし、昨年の冬囲いの片づけが漸く終わり春らしく花が楽しめるようになり、工房脇にある桜の木2本は満開になっております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

茶蕎麦釉を掛けた急須と茶碗…

茶蕎麦釉を掛けた急須と茶碗は山田さんが作られました、茶碗は外に2個作られており良い形に出来上がっていました。出来上がった急須で頂くお茶は格別美味しく感ずる事でしょうね。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今朝本焼きの窯出しが行なわれ、紹介の作品の外に多くの作品が出来上がっていました。また作陶されていた方では香炉風の作品に透かし模様の最終チェックをされたり、創遊舎では午後からブリザーブドフラワーの講座も行なわれていました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

手作りオンリーワンの作品として愛でて欲しい…

細かな模様が切り抜かれたランプシェードは、釉薬掛けの際に切り抜かれた小さな箇所では釉薬が目詰まりしているようです。灯りが燈り模様がどのように映える不安ですが、手作りオンリーワンの作品として愛でて欲しいものです。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日二層透かし彫りの作品を立ち上げていました。イメージした形に透かし模様のレイアウトも頭には入っているようで、手際良く作業をされており、最終的にどのように出来上がるのか楽しみに待ちたいものです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

飛び鉋での作品作りに挑戦…

飛び鉋模様を施した中鉢は、作られた本人のイメージ通りの出来栄えなのでしょうか。普段飛び鉋での作品作りが少なくチャレンジ精神で作られたようです、これからも挑戦し満足する作品に作り上げて欲しいものです。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今日、昨日の窯焚きの疲れを忘れたかのように作陶に来られた皆さんと一緒に作品を作っていました。釉薬掛けをしたり、手付きの作品を作られたりそれぞれの工程に添っての作業を楽しく行なっていました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

織部釉を掛けられた小壺は珍味入れ…

蓋付の小壺は佐々木さんがつくられました、織部釉を掛けられた小壺は珍味でも入れられるのでしょうか…それともシュガーポットとして使われるのでしょうか。形良く出来上がっているので活用方法を考えるのも楽しみですね。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今朝6時から本焼きの窯焚きが行なわれています。19時現在まだ焚き終えておりません、20時近くには終える予定で、その後買い物してからの夕食となります。今日21日は私の誕生日です…何か美味しいものが食べられればと思っております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

作陶談義をしながら手作りのカップで美味しいコーヒーを…

なまこ釉薬を掛けたコーヒーカップは杉沢さんが作られました、1年以上も前からの陶芸ですが仕事の関係で作陶頻度は多くはありません。最近はお父さんと一緒の作陶の機会が多いようです、今回はお父さんの作品は出来ておりませんが、作陶談義をしながら手作りのカップで美味しいコーヒーを楽しんでください。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日の作陶は和気藹々の雰囲気の中でそれぞれ作品を作っていました。雰囲気が盛り上がったのか何時は工房での食事ですが、皆さんで外食に出かけたようです。昼食後にはそれぞれの方の進行状況によって作業をされ15時過ぎには作品を布で包み保管棚に容れ作陶を終えました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

練りこみの茶碗…

練りこみの茶碗を作られたのは畠山さんで、色合いを変えた練りこみ茶碗を外にも作っていました。出来上がった茶碗を本人が手にされておりまんが、喜んでいただければと思っております。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今日は釉薬掛けが行なわれ、掛け終えた作品は窯詰めされていました。本焼きは木曜日頃の予定ですが風邪気味の体調が早く回復してくれればと願っています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

線刻模様を入れた鉢カバー…

線刻模様を入れた鉢カバーは長澤さんが作られました、釉薬の掛け分けで出来たコントラストが程よい景色になったようです。春咲き鉢花を容れたら調和がとれて、お互いの良さが引き立つ事でしょうね。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、工房を開いてから妻が体調をくずして工房を休んだ事はありませんでしたが、昨日から風邪気味で午前中は作陶を控えておりました。午後からは陶芸に来られた方がおり16時近くまで作陶のお手伝いをしておりました。天候の不順が体調に影響したのでしょうか、早く体調を回復して欲しいものです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

同時の窯出しで絵付けした皿2枚も完成…

小鉢を作られたのは岩本さんで、粘土は赤土を使っているようです。色合いから釉薬は読み取れませんでしたがイメージ道理の出来上がりでしょうか、同時の窯出しで絵付けした皿2枚も出来上がっておりました。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日作陶に来られた方たちは前回作られた作品の手直しされたり、新しい作品を作られたりそれぞれの方の工程に合わせて作業をされていました。また釉薬掛けされる方はかち合わないように順番を変え、イメージした釉薬を選んで色づけされていました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

作陶の息抜きに…風船作り

陶芸を楽しみに色んな作品を作っている石塚さんは、夕食後の空時間に時折布小物を作ったりしている。今回は知人に教わった風船作りに挑戦し、型紙に添って裁断した絵柄の布をどうにか丸い風船に縫い上げた。口からゴム風船を入れて、空気をいれたら綺麗な風船ができあがった。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日作陶に来られた方はタタラ作りで新しい作品を作るために下準備をされていました。メモ用紙にイメージした作品のスケッチに寸法が書かれており、手順良く作品を作られていました。予定の工程まで作られてからは素焼きの終った作品に釉薬掛けをして15時近くは今日の作業を終えられました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ