二層透かし彫りの花瓶は色んな試みを…

二層透かし彫りの花瓶は色んな試みをしながら作られており、いまだベスト言える形や工程を見出せてはおりませんが一作毎に前には進んでいるようです。「陶恵窯」オリジナルの作り方で二層透かし彫りの作品を作れればと、考えながら皆で陶芸を楽しんでいます。今日はこれから本焼きの窯出しが行なわれます、どんな作品が出来上がっているのか楽しみです。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日10時から本焼きの窯出しが行なわれ、火鉢・土鍋・片口・菓子器・茶碗などの作品が出来上がっていました。作品は早速撮影し、パソコンにデーター保存し明日以降のブログに投稿します。また窯には次回の素焼きの作品を詰めたり、作陶に来られた方はタタラで新しい作品を作っていました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

二層透かしの花器…色合いは水指と対に

二層透かしの花器は秋をイメージした模様を切り抜いています、色合いは水指と対になるように作られています。依頼されて作っているので気に入ってもらえると幸いです。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」は今日休ませていただいており、魁新聞に記事紹介された「ひな人形」展を大仙市刈和野に見学に出かけております。3月には地域の方々と一緒に隣接の八幡田公民館で「つるし飾りと雛人形」展を開く予定で勉強になればと思っております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

底を安定させ胴から口にかけてのラインが…

口を斜めに切り込んだ花瓶は茶蕎麦釉を掛け、底を安定させ胴から口にかけてのラインが全体の姿を美しく見せているようです。作られたのは山田さんで最近作られる作品に、何処か工夫を凝らしたモノが多いように感じられます。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、昨日の窯焚きは設定温度が何時もより100度低かったので、18時近くには終わることが出来きました。今日は前日から作られていた直径25cm位の蓋付の鍋を成形をされている方や、茶碗の高台を削ったり各人の工程に合わせた作業をされていました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

焼締めのような色合い…古色然とした雰囲気が

焼締めのような色合いの片口を作られたの岩本さんです、どんな釉薬の掛け合わせをしたのかご本人に聞かなければ分かりませんが古色然とした雰囲気が素敵です。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今朝6時から本焼きの窯焚きを行なっております。最終の窯の温度設定は通常よりも100度低い1150度です、何時もと違う粘土での作品なのでどのように焼き上がるのか楽しみです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

蓋と口回りに工夫を凝らしたポット…

蓋と口回りに工夫を凝らしたポットを作られたのは畠山さんです、出来上がったポットでは何を楽しまれるのでしょうか。先般の窯出しで巾着のランプシェードと一緒に皿も良い形で仕上がっておりますので、作品を手にされるのが待ち遠しく感じられるのではないでしょうか。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今日作陶に来られた方は刺し身等を盛られる大皿と茶碗などを作られていました、また釉薬をかけられた方もおりそれぞれの工程で作品を作っておりました。自分自身も昨年7月以来の茶碗作りに挑戦しましたが思うような形になりませんでした、初心に帰って焦らず作品を作り続けていこうと思っています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

二層透かし模様の水指…

二層透かし模様の水指は秋をイメージした模様を切り抜いており、蓋にはトンボがデザインされ持ち手になっています。釉薬は霧吹きで古さを表現しようと工夫を凝らしているようで、作られたのは石塚さんで同時の窯出しで二層の花瓶なども出来上がっていました。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日は先週から作っていた火鉢の成形を終え、「竹に雀」の模様を浮き出しで表現していました。作り手には出来上がりをイメージしての作業のようでしたが、時折り手を休めては考え…慎重に仕上げをしており、出来上がりが楽しみです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

全体を秋をイメージした模様に切抜かれたドーム型…

全体を秋をイメージした模様に切抜かれたドーム型のランプシェードを作ったのは田中さんです、ランプシェードの模様も色んな形で切り抜かれますが、全体を切り抜くと焼成の際に切れたり型崩れする事もありますが綺麗な形に出来あっておりました。

秋田市・手作り工房創遊舎では、今日午前中にキルトの講座が行なわれ、午後からは押花講座も行なわれています。新年になってからは陶芸だけが行なわれていましたが他の講座も行なわれ、工房で楽しげに手を動かしている人たちが多くなり嬉しく思っています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

巾着の形にしたランプシェードは、上部を桜の形に絞り込んで…

巾着の形にしたランプシェードは、上部を桜の形に絞り込んでおり灯りが燈ると桜模様浮かび幻想的な雰囲気になることでしょう。作られたのは畠山さんで巾着の形は始めてようですが、台座も作られ灯りを燈すのが楽しみですね。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日窯出しが行なわれ多くの作品が出来上がり、早速撮影し投稿の対応をしております。また窯出し後には次回の本焼きの作品の窯詰めが行なわれ、窯焚きは27日頃行なう予定です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

何時かは「いい仕事」をしているねと…

三つ脚付きのカップは色違いで沢山作られ、工房の新年会では参加者の皆さんにプレゼントされました。頂いた皆さんに喜んで普段使いしていただければと思っている。今日土曜日は秋田では「なんでも鑑定団」が放映されておりテレビを観ながら投稿しているが、何時かは「いい仕事」をしているねと言われるような作品を作りたいものである。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日は土曜日を作陶日にされている方たちが作品作りをされており、日中は時折り雪の降る生憎の天気でした、土の感触を確かめながら思い描いていた形を作り込んでいました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

織部釉薬を掛けた葉皿は…

織部釉薬を掛けた葉皿は葉脈も写し込んでいい雰囲気に出来上がっています、工房に作陶に来られる方たちの中には色んな形の葉皿を作られる方がおりますが、冬季間は葉が手に入らず葉皿を作るのは困難です。2月には地域の包括支援センターで体験陶芸が行なわれます、どのような作品作りの対応が出来るのか考えておかなければと思っております。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、昨日の窯焚きは20時近くに無事終える事が出来ました。今日も普段どうりの作陶ですが、外は昨日とは違い雪が降り続いており朝雪寄せをし、15時近くにはまた雪寄せを行ないました。雪が降ってくると天気予報を気にしながら春が待ち遠しく感じます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

鉢を載せた人形は釉薬を霧吹きで重ね掛け…

田中さんが作った鉢を載せた人形は、釉薬を霧吹きで重ね掛けし花をあしらった部分を強調されています。鉢植えの花を載せたり、キャンデーを容れたり色んなかたちで活用できる存在感のある楽しい作品です。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今朝6時半から本焼きの窯焚きが行なわれています、正午過ぎには750度であったので目標温度まではまだまだ焚き続けなければなりません。また作陶に来られ前回に作られた兜飾りの成形をされたり、サンプルを持参し形を整えたり、それぞれ会話を楽しみながら制作しておられました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

紐作り立ち上げ二つに割って脚を付けて作られた小鉢…

紐作り立ち上げ二つに割って脚を付けて作られた小鉢…作ったのは岩本さんです。出来上がった2つの小鉢に珍味等を盛り、酒を楽しむと美味しさも格別なことでしょうね。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日は以前に作られた作品の成形などを行なったり、新しく作られる作品のイメージを考えたりゆったりとした時間を過ごしていました。また新しく発注した釉薬も届き明日からの作業の段取りを思案されているようでした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

桜模様のランプシェード…

桜模様のランプシェードを作られたのは斎藤さんです、白い色合いのランプシェードに灯りが燈ると、一足早く桜咲くといった気分になる事でしょうね。先般作陶に来られた時には難しい模様の切込みをされており、ほぼ完成の状態でしたので出来上がりが楽しみです。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今日新しい蓋付の器を作られた方がおりました、また先週から作られいる作品に模様を切り込んだり、釉薬掛け等の作業をされており、思い描いた作品に出来上がってくれればと思っています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

胴に縦のラインを入れた花瓶は釉薬がラインに沿って流れ…

胴に縦のラインを入れた花瓶は釉薬がラインに沿って流れ、剥離箇所をカバーして良い景色となっているようです。花瓶全体の形も拘った美しい姿に仕上がっており、作られたのは山田さんで出来上がりには満足されていました。

秋田市・手作り工房創遊舎では、今日月曜日は絵手紙の講座が行なわれる日でしたが、12月の最終講座の際に1月は雪のため道路状況が悪くなるのではと中止を決めていました。講座を欠席されていた方に連絡を忘れご迷惑をお掛けしたことをお詫びします。また「陶恵窯」では釉薬を掛けたり、高台を削ったり各自の工程に合わせた作業をされていました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

モミジや色んな形を切り抜いて作った作品…

モミジや色んな形を切り抜いて作った作品はランプシェードでしょうか、それとも花器でしょうか、作られたのは関谷さんです。筒状に作り台座に載せて模様を切り抜いた作品は香炉にも活用出来そうで色んなイメージが浮かんできます。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日作陶に来られた方は人形など素焼きの作品が沢山出来上がっており、午前中には新しい作品を作っていましたが午後から釉薬を掛けをされていました。また午後から作陶に来られた方は茶碗作りをされており、久方ぶりの土の感触を楽しんでいました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ