鉄赤釉にボカシを掛けた茶香炉

白土を使い鉄赤釉に霧吹きを掛けた茶香炉を作られたのは山田さんです、鉄赤釉にボカシのバランスが良く上品な出来上がりになっているのではないでしょうか。山田さんは形の違った茶香炉をもう一個の作っておられましたが、良い雰囲気の出来栄えでした。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」は昨日は5週目なので休ませていただきましたが、何度も挑戦していた耐火煉瓦のミニ窯造りをしました。天気の良い日を選んで、燃焼テストを行うつもりでおります、今までの失敗の原因を反省し造り直したので成功できればと思っております。



鉄赤釉にボカシを掛けた茶香炉

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

季節にマッチした手付きの器

化粧土で絵付け・霧吹き加工した手付きの器は、今の季節にマッチし素敵に出来上がっています。作られたのは佐藤さんで出来上がりにきっと満足してもらえると思っております。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では昨日行われた、円錐形のランプシェード制作体験は参加者に大変喜んでいただきました。タタラ作りで立ち上げた高さ25cm位の大きさに、1時間半位乾燥させ模様を切り抜き、出来上がった作品はとても始めての制作とは思えない出来栄えでした。本焼きしての出来上がりには時間がかかりますが、ランプシェードの灯りにはきっと満足していただけると思っております。

出来上がった器には
どんな秋が盛られるのでしょうか

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

徳利が皿に変身…アイデアに驚き

徳利利を真ん中から割って作られた皿、斬新なアイデアに驚きです。作られたのは大野さんで、グリーンのビィドロはガラスを砕いて敷き詰め焼成したものです。いつも独創的な作品を作られる源は、絵を勉強された感性が活かされているからでしょうか…。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今日は円錐型のランプシェードの体験講習が行われます、皆さんに手作りの良さを活かした素敵な作品を作っていただきたいと思っております。

斬新なアイデアの皿

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

オリジナルのランプシェードからはどんな灯りが…

オリジナルの模様に織部釉をかけたランプシェードを作られたのは石井さんです、形そして切り抜き模様の出来具合はご本人も満足されることでしょう。作品は昨日窯出しされたばかりなのでブログにアクセスし確認してくださればと思っております。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では昨日本焼きの窯出しが行われ、多くの方達の作品が出来上がっております、また今日は朝早くから素焼きの窯焚きが行われております。皆さんが作られた作品がイメージした様に出来上がり、喜んでいただければと思っております。

オリジナルのランプシェードからは
どんな灯りが…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

黒天目を掛けた器は…

赤土を使い黒天目釉を掛けられた作品は関谷さんが作られたものです、土曜日に作陶に来られ持ち帰られましたのでもう使われたのでしょうか…。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今日本焼きの窯出しが行われます、どんな色合いに出来上がっているのか楽しみです。また創遊舎では秋田市内の介護施設から体験講座の依頼があり打ち合わせに行ってきます、楽しく出来る提案が出来ればと考えております。



取っ手付きの作品お持ち帰りになり
もう使われたのでしょうか

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

リンゴをイメージしたランプシェード

りんごの形をイメージして作られたランプシェードは、陶芸に来られる多くの仲間の皆さんが作られましたが同じものは一個もありません、どこかにそれぞれオリジナリティを織り込んで作られており、今回の作品は山田さんが作られたものです。山田さんは数個作られておりますのでプレゼントされるのでしょうか。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日は休ませていただいておりますが、明日は本焼きした窯の温度も下がり作品の窯出しが出来る予定です。どんな色合いに出来上がっているのか楽しみな瞬間です…。

リンゴをイメージしたランプシェード

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

織部釉掛け合わせ…

織部釉を掛け合わせて作られた器は鉢として作られたものでしょうか、縁には押印模様を施したり気使いをした作りをされているようです、作られたのは谷中さんです。陶芸を始めてあまり月日は経っておりませんが、展示会を見に行ったり作品の勉強をされておられるようです。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では昨日は午前中で作陶や釉薬掛けが終わり、市内の古い蔵で開催されている陶芸展を見学に行ってきました。穴窯で焼いた焼き締めの作品は、酒席をイメージして飾られており、座布団に座り目線を下げて作品をじっくりと見ることができました。どれも素晴らしい作品でした。

織部釉掛け合わせの鉢

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

体験陶芸で出来るランプシェード

円錐型のランプシェードは体験陶芸のサンプル用に作られたものである、作りの工程をタタラ作りから初めて手順よく作り込んで行くと、乾燥そして模様の切り込みなど4時間位で完成させる事ができる。素焼き釉薬掛けとまだ作業は続くが、釉薬の色をサンプルから決めてもらうと本焼きしてお渡しする。約1ヶ月後には出来上がった作品に灯かりを燈してオンリーワンの手作りのランプシェードで輝く光を楽しむ事ができる。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」で手作りのランプシェードを作り灯かりを楽しんでは如何でしょうか。



ランプシェードの体験は随時行うことができます

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

早朝から本焼きの窯焚きが…

釉薬によって色んな景色が見られる小鉢を作ったのは山田さんです、大きな作品なども沢山作られているので、今回の小鉢は手馴れたサイズでバランス良く出来あっているようです。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では早朝6時から本焼きの窯焚きが行われており、13時間の炎との戦いが続きます。バーナーの炎を調整しながら焚き続けますが、どんな色合いの作品ができあるのか完成が楽しみです。

景色が美しい小鉢

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ボカシの色合いが素敵なワインクーラー

ルリ釉薬をボカシした器はワインクーラーでしょうか、作られたのは山田さんです、ポンスで切抜き模様をつけ美しい形に出来上がり、さぞワインも美味しくいただけるのではないでしょうか。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日も10時から作陶が行われています。釉薬掛けをされたり、形を整える成形をされたり、各自の工程の進み具合によって作業をされております。イメージした形や色あいをどのように表現するのか難しいけれど楽しいひと時です。オンリーワンの作品を作るにはいろんな工程を経て出来上がるので、出来上がった時の喜びは格別です。あなたも是非陶芸にチャレンジしてみませんか。



ボカシの色合いが素敵なワインクーラー

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

レンガミニ窯造り…燃焼テスト失敗

耐火レンガでのミニ窯造りは8月末頃から初めて、造っては燃焼テストを繰り返していたが成功せず。18日から再度挑戦…兄の手助けを借り積み上げ、今度はガスバーナーでの燃焼テストを試みた、最初は徐々に温度が上昇したが200度近くになるとバーナーが異常な音を出し始め中止する。バーナーの金属部分が熱くなっているのに気がつき、窯の中の炎の出る部分を調整し、バーナーを冷却後再度火を焚くが250度近くでまた音を出し始めて燃焼テストを止める。写真の焚口のように覆ってしまったのが原因なのかも知れない、また挑戦し今度は成功させたいものである。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では灯油窯で作品を焼成しているが、楽焼などの茶碗を作ってみようとレンガの窯造りを試みている、完成させ年内には楽茶碗を作ってみたいと思っているのだが…!。

レンガミニ窯…
形は良いが燃焼テストは失敗

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

展示会を終えたが…さらに創作意欲を高め

地域のコミニティーセンターで行われた催事(18日)に作品を展示して皆さんに見ていただいた。日頃の活動を知っていたいただければと思い参加し今回で3回目となる、搬入・展示等大変であるが終わってみれば楽しい思い出となる。秋田市・手作り工房創遊舎では、陶芸教室を始め各種講座を行っている、日頃制作している作品をブログで紹介しているが、展示会を開催したりして多くの皆さんに見ていただく機会を作っている。これからも続けて行きたいと考えており展示会を終えばかりであるが、また来年に向けて創作意欲を高めて行きたいものである。



展示風景

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

花押印で模様を施したタタラ皿

タタラ作りの皿は花押印で模様を施しており、白萩釉薬が流れるような模様になっており、作られたの山田さんです。今日、秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では昨日の展示会の後片付けなどをしました、今回で今年の展示会等は終わり、また明日から新しい作品を作っていこうと思っております。8月末に自宅裏に作っていた耐火煉瓦を積んだミニ窯は温度が上がらなかったので解体し、陶芸経験の長い兄と一諸に造り直しをしました、一応出来上がったので再度空焚きをし温度テストをしようと思っております。どんな結果が出るのか楽しみと不安が入り混じった複雑な心境です。



タタラ作りの皿

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

片口にさり気なく花を描いて…

花を描いた片口は赤土を使い高橋さんが作られました、同じ窯出しで白萩釉薬をかけた器や、ブドウの模様を表現した花器も出来上がっております。今度来られた時にはお持ち帰りできますので、楽しみにしてお越しください。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、地域で行われる催事に、昨日作品の展示をしてきました。展示は今日一日ですが、多くの方たちに見ていただければと思っております。

花を描いた方口

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ブドウ模様の花器

ブドウの模様を貼り付けで表現した作品を作ったのは佐藤さんです、陶芸を始めれて月日も経っておりませんが、色んな作品に意欲的に挑戦されているようです。陶芸の難しさを感じながらも楽しく作陶され、オンリーワンの作品を沢山作っていただきたいと思っております。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、明日行われる地域コミニティーセンターでの祭事に作品を出品するため朝早くから準備し、午後からは作品の展示に行ってきます。地域の多くの方たちに自分たちの作品を見ていただき日頃の活動を知っていただければと思っております。



ブドウの模様が印象的です

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ