桜模様の明かり取り

桜の模様を切り抜いた灯り採りはピンク御影の粘土を使って作られております。作られたのは石井さんで、何時もはオリジナルの模様の切抜きをされるのですが、桜の模様にされたのは何か意図があったのでしょうか。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、灯り採りや二層透かし彫りなど模様の切り抜き加工をした作品が多く作られております。工房で独自に作ったカッターを使って細かい所までの細工が出来、皆さんがオリジナリティ溢れる模様の入った作品を作っております。是非一度、透かし模様の入った作品作りに挑戦してみませんか。

桜模様の明かり取り

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

自前のグイ呑みを作るのが陶芸を始めた切欠であった

自前のグイ呑みを作ることが陶芸を始めた切欠であった、週1回の陶芸を続けて4年目になるがまだ気に入ったグイ呑みが出来ていない。灯油窯での焼成のグイ呑みを何個か作り酒を楽しんでいるが、何時かは穴窯で焼成したグイ呑みが欲しいと思っていた。最近入った陶芸サークルの先生の穴窯で焼成していただけるチャンスが来たが、気に入った形のグイ呑みが出来上がっていない。作品の搬入が1日なのだがどうしようかとまだ迷っている。

グイ呑み

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

織部のタタラ皿

タタラ作りの皿に織部釉を掛けた作品は田崎さんが作った作品です。陶芸を楽しみに仕事のお休みの時に作陶されております、作品を作られた回数は多くはありませんが出来上がった作品は、趣のあるオンリーワンの織部の皿である。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日素焼きの窯焚きが行われました。2週続けての素焼きで、作品の出来上がりはありませんでした。次回は本焼を行ないますので遅れて申し訳ありませんが、お待ちいただければと思っております。

織部のタタラ皿

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

さり気無く描かれ模様に…

模様を描いた皿を作ったのは山田さんです、さり気無く描かれ模様に親しみと、皿の使い良さを感じさせます。紐作りで作られた皿は歪みもも無く良い形に出来上がったのではないでしょうか。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では5週目は教室は休んでおりますが、公募展に出品する作品の制作や新しい作品の試作等を行なっております。皆さんと一緒に作る作品のアイデアが見つかると良いのではと期待しております。

 

模様皿・紐作り

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

織部釉を三方から掛けた深鉢

赤土で作り織部釉を三方から掛けた深鉢は根さん作った作品です。作られた器にはどんな料理が盛られるのでしょうか。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では素焼きの窯出しが行なわれ、入れ替えでまた素焼きの作品を窯詰めしました。2回続けての素焼きなので本焼は来週になってしまいそうです、ご迷惑をおかけしますが作品の完成が6月の1週目になってからとなります。

織部深鉢

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

体験陶芸の試作品(ランプシェード)

桜の模様が切り抜かれたランプシェードは、体験陶芸のサンプルに試作したものである。陶芸の楽しさを多くの人達に知っていただきたく色んな講座を開いているが、ランプシェードをどのような工程だと初心者でも作る事が出来るのか手順と下準備が大切だ。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では陶芸の体験講座を開おり、紹介の作品の講座も開催日を告知し、一緒に作られる方達を募り作陶を楽しみたいと考えている。出来上がったランプシェードに灯りが灯った時の感動を是非味わって欲しいものである。

体験陶芸のランプシェードの試作品

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

幸せ呼ぶフクロウ…

自分で作ったフクロウを飾り事が出来るのは、作り手として最も嬉しい一時ではないでしょうか。作品を作られたのは土佐さんです、フクロウは人気で多くの方が作られますが、作り手によって全てが違います。羽の付け方、目の位置で雰囲気が変わってきますが、手を掛けて作られた分だけ出来あった時に愛着が感じられるようです。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、他の陶芸教室よりもランプシェードや陶人形・フクロウなどの作品の作りが多いようです。切り抜き透かし彫りなども独自に切り抜きナイフを作り加工しており、オリジナリティ溢れる作品を作る事が出来ます。あなたも自分自身の手でオンリーワンの作品を作ってみませんか。

フクロウは幸せを呼んでくれる…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

湯呑み茶碗作りを楽しむ…

湯呑み茶碗には黒天目釉に白萩釉を掛け合わせて、焼き上がりの変化を求めたものです。色合いとしては意図した景色になったようで、玉作りでりで土の感触を確かめながら作った湯呑みには、何となく温もりと愛着が感じられます。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、手作りの良さを生かした作品を多くの仲間の人達が集い、自分の希望した日に作陶を楽しんでおります。是非あなたも陶芸に挑戦してみては如何でしょうか。

玉造りの湯呑み茶碗

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

蔓薔薇の模様のランプシェード

蔓薔薇を模様に取り入れたランプシェードを作ったのは佐藤さんで、忙しい仕事の合間に陶芸を楽しみに色んなイメージした作品を作っております。ランプシェードも何個かは作られておりますので、色んな灯りの変化を楽しまれている事でしょうね。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今朝から素焼きの窯焚きを行なっております。皆さんが作られた作品が手順良く釉掛け本焼と進んで、作品が出来上がるように作業工程を行なっております。素焼きが済んだ作品にはどんな色合いの釉薬が掛けられるのでしょうか…楽しみです。

ランプシェード

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

絵付けした茶碗蒸し用の器

椿の絵が描かれた蓋付きの茶碗は、茶碗蒸し用に佐々木さんが作ったものです。大きさを変えて作られた器で二人で、茶碗蒸しを美味しく食べられるのでしょうね。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、日常使われる茶碗などからランプシェードや陶人形など色んな作品を、皆さんと一緒に作っております。初心者でもイメージした作品が作れるようにアドバイスしたり相談にのっております、是非陶芸に挑戦しあなただけのオリジナルの作品を作ってみませんか。

お揃いの茶碗蒸し用の器

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

メルヘンチックは作品…

薔薇の花を切り抜いたランプシェードを作ったのは斉藤さんです。薔薇の花をあしらったり、メルヘンチックは作品は斉藤さんが好んで作られる作風で、配色もイメージに併せて選ばれているようです。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日は水曜日に陶芸をされている方達が集い、前回に作られた作品の成形や、新しい作品を作られたり一日楽しく過ごしていただきました。昼食時などには会話が弾み笑いが絶えず、何時も工房内は和やかな雰囲気に包まれております。あなたも会話を楽しみながらイメージした作品を作ってみませんか・

イメージを形に…ランプシェード

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今日窯出しされた作品…

赤土で作られた花器は注ぎ口が付けられ、蔓などで持ち手を付けられるように作られております。作られたのは長澤さんで今日窯出しされた作品です。長澤さんの作品は他に蚊取り線香を点す、器も作られておりました。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、窯出しがされ作品の写真撮影なども行ないました。また次回の素焼きの窯詰めの工程も済ませ、成形の終わっている作品を効率良く焼成して行きたいと思っております。

注ぎ口付きの花器

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

口の作りにアイディアを織り込んで…

織部釉を掛けた花瓶には他の色も吹付けされているのでしょうか、微妙な色合いの変化見られました、作品を作られたのは山田さんです。花瓶も色んなデザインの形の作品を作られておりましたが、口の作りにアイディアを織り込んだ作品には季節の花が活けられる事でしょうね。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今朝は一昨日本焼された窯の温度はまだ90度以上もあり窯出しは出来ませんが、明日には窯出しが出来るのでどんな作品が出来上がるのか楽しみです。

織部釉に微妙な色合いの変化が…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

二層透かし彫り花瓶に新しい試み…

二層透かし彫り花瓶の内側の筒に化粧土で絵付けし、竹取物語のイメージを表現しようとして作られた作品です。かぐや姫の後ろ姿が切り抜かれた竹の内側に描かれており、雰囲気を出そうと試行錯誤しております。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、色んな作品をどんな工程で作るとベストなのか試作品を作ったりして勉強しております。皆さんと一緒に作品を作る時に良いアドバイスが出来ればと思っております。

二層透かし彫り花瓶

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

イメージ通りの花瓶に…

紐作りで筒状に作った花瓶から変形させ四角の花瓶にした作品は、最初から四角に作った花瓶と違った雰囲気の作品になっている。写真の撮影角度が難しく、作品の姿を上手く表現出来ておりませんが、作られた岩本さんもイメージ通りの作品となったのではないでしょうか。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、作品の出来あいを決める釉薬掛けも、釉薬の種類を揃えイメージした色合いが出せる様にしております。特に釉薬の掛け併せには気を使い、他の釉薬に解けて混じる事の無いように注意して作業をしていただいております。イメージした色合いが表現された時には本当に嬉しいものです。

イメージ通りの花瓶に…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ