古民家風のランプシェード…除夜の鐘

古民家風のランプシェードは、作られる方によって古民家の形は色々変わるようです。紹介の作品は斉藤幸子さんが作られた、オンリーワンのランプシェードです。灯りが燈ると何となく懐かしい風景を見るような思いになるのではないでしょうか。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」で、陶芸をされている方達の作品紹介を中心に、ブログ投稿を続けてきました、拙い文章にも関わらずアクセスして下さいました事に感謝しております。今日は大晦日…除夜の鐘を聞きながら、心静かに新年を迎えたいと思っております。

 

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

ウエルカムボードで新年を迎える…

イチゴの模様をあしらった、ウエルカムボードを作ったのは斉藤さんです。下絵の具で色付けされた作品は、赤・緑・白とバランス良く配色され、玄関に飾られ新年を迎えられると、幸せが訪れるのではないでしょうか。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、素焼きを終えた窯の温度も30度近くになっておりましたので、明日に窯出しをしようと思っております。

ウエルカムボード

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

正月にはオンリーワンの茶碗で…

茶碗を作られたのは、田崎さんで陶芸を始めたのは9月から月1回を楽しみに作陶されております。作品の紹介は11月5日の葉皿と2回目となりました、手作りオンリーワンの茶碗は田崎さんの手に馴染んで、きっと美味しく…お正月にはお茶を楽しむ事が出来るのではないでしょうか。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、昨日は今年最後の素焼きの窯焚きが無事に終り仕事納めとなりました、今日はお正月を迎えるささやかな飾りをしようと思っております。

お正月にはオンリワンの茶碗で…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ランプシェードのカサにのっているのは…

カサにカエルとカタツムリが葉っぱにのっている、ランプシェードを作られたのは高橋光子さんです。織部釉で葉っぱの色付けをして、全体の色調のバランスを、取られているようです。灯りが燈るのが楽しみです。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、朝から素焼きの窯焚きが行われております、窯には1年間焼成に堪えて頑張っていただきました、正月には清め、お餅を備えて感謝したいと思います。

カエルとカタツムリが
ポイントのランプシェード

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ヤツデの皿には…何が盛られるのでしょうか

ヤツデの葉っぱの皿を作られたのは岩本とき子さんです。織部の色合いが良く、ヤツデの葉っぱが置かれているようにも見えます。ヤツデの板皿は一度作りましたが,乾燥段階で壊れてしまい、再度の挑戦での完成でした。写真撮影後、大切に管理しておりましたが、アクシデントがあり申し訳なく思っております。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今日、工房の大掃除を行い新年を迎える準備をする事になっております。完成している作品のお渡しできますので起こし下さい。

ヤツデの板皿

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

始めての作品に…感動…

11月15日に始めて陶芸をされた、大本さんが作られた作品です。茶碗、小鉢、そして醤油の受け皿でしょうか、とても初めて作られた作品とは思えないような出来上がりでした。故郷へ帰省されるとの事で昨日作品を受取に来てくれました、ご両親や知人達に陶芸の楽しさを話してくれればと思っております。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」は昨日、本焼きの窯出しが行われ多くの作品が完成しました。写真の撮影も終り順次紹介して行きたいと思っております、また出来上がった作品のお渡しができますので問い合わせ下さい。年内の本焼きは今回で終りましたが、素焼きをもう一度行う予定で窯詰めも完了しました。

初めての作った作品の完成

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

聖夜に灯りが燈ってくれれば…

ドーム型のランプシェードは細かい透かしの模様が、細部まで施された作品で、高橋牧子さんが作られました。ドーム全体が模様で切り抜かれているので、灯りが燈ったらどのような輝きとなるのでしょうか。出来上がった作品を、ご本人がみておりませんが、喜んでいただければと思っております。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、これから本焼きの窯出しが行われます、どんな作品が出来上がっているのか楽しみです。

ランプシェードからの輝きは…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

120枚近くの瓦も…メルヘンのランプシェード

メルヘンの世界を、ランプシェードに表現したのは、斎藤昇子さんです。屋根の上の小鳥のみ釉掛けされ、全体は焼き締めされています。屋根の瓦は一枚一枚作られ、120枚近くも貼り付けられているでしょうか。屋根の上の子供も可愛らしく、本当に素敵な出来上がりです。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、昨日は釉掛けされたり、茶碗の成形が行われました。また漸く年賀状の制作にかかり、少しでも早く投函したいと思っております。

焼き締めでメルヘンを表現

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

素敵な色合いの板皿

タタラで作った皿を陶芸をされた方なら、何枚かは作られている思いますが、自分の思うような色合いに作り上げるには大変です。吉田悦子さんが作った板皿は、釉薬が自在に掛けられ、面白い色合いを出しております。画像サイズが小さくて、上手く表現されておりませんが素敵な皿に出来上がっております。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では昨日本焼きが行われ、今日は温度の下がるのを待っている状況です。陶芸に来られる方達の作陶は年内は終り、釉薬掛けをされるだけとなりました。窯の温度が35度まで下がると作品の窯出しが出来ます、楽しみにお待ち下さい。

板皿の色合いが素敵

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新作…焼酎サーバー

絵付けされた焼酎サーバーを作ったのは田中征子さんです。紐作りで立ち上げ、サーバーコックの穴の位置を決め、化粧土で絵付けしております。素焼き後に、再度コックのパイプに合わせて穴を調整し、焼成しております。正月前に出来ましたので、美味しい焼酎を楽しむ事が出来るのではないでしょうか。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今朝6時から本年最後の本焼の窯焚きが始まりました。14時間近くの焼成ですが、1年間の感謝を込めながら、無事焚き上げて欲しいと願っております。

出来上がった焼酎サーバーでの味は…

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

蓋付のオリジラル新作ランプシェード

蓋付のランプシェードは全てがオリジナルの作品で、作られたのは石井眞理子さんです。切り抜かれた透かしの模様も型紙を作られ、細部まで丁寧に仕上げております。クリスマスそれともお正月に飾られるのでしょうか、灯りが燈るのが楽しみです。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、各自色んな作品を作っておりますが、陶器の焼酎サーバーを作った方がおられます、明日の投稿で紹介しようと思っております…お楽しみに。

オリジナルの模様からは
どんな灯りが燈るのでしょうか…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

男の陶芸…楽しみは完成後の一杯?

下絵付けの作品は銚子で、男性の高岡さんの作品です。家族で陶芸に来られておりましたが、最近は奥さんとお嬢さんとの時間の調整がとれず、一人での作陶が多くなりましたが、今回の銚子で男の陶芸として楽しみな酒器が揃ったようです。正月には器に料理を盛って、ぐい呑み片手に酒を飲む、陶芸をやった人のみが味わう事のできる、最高の贅沢ではないでしょうか。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、昨日窯出しが行われ多くの作品が完成しました。また直ぐに窯入れが行われ今年最後の本焼きの準備が整いました、窯に感謝の心をこめて焼成して欲しいものです。

男の陶芸の楽しみは…完成後にある

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

留学生の体験陶芸…作品完成

11月17日に秋田大学に留学生として来ている人達が、国際交流課の方の案内で、秋田市。手作り工房創遊舎「陶恵窯」に陶芸の体験に来られました。作られてから、乾燥・素焼き・釉薬掛けなどの工程を経て今日、窯出しされ作品が完成しました。初めて作られた作品ですが、どれも良い出来映えで秋田での良い思いでとなってくれればと思います。また機会がありましたら是非、作品を作りに遊びに来ていただければと思っております、お待ちしております。

 

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

鉢カバーが引き立つ…

イラボ釉薬を掛けた手付きの鉢カバーは、バランス良く出来上がって、作られた方も喜ばれたのではないでしょうか。今の時期、大切な鉢などは室内に置かれているので、鉢カバーが一際引き立つ事でしょう。陶芸は、季節に合わせ作品を作られる方もおられますが、タイムリーに活用されると、作品も喜ぶのではないでしょうか。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では明日本焼きの窯出し予定で、出すと直ぐに年内最後の作品の窯入れをする事になっています。一作品でも多く年内に完成できるように頑張りたいと思っております。

今の時期鉢カバーが
一際引き立つ事でしょう

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

切り合せ蓋…雰囲気が…

切り合せ蓋の作品はシュガーポットに使われるのでしょうか、葡萄の模様を線刻や貼付けなどで表現され、手の込んだ作りをしています。釉薬はいらぼを掛けられたことで独特の雰囲気を出しているようです。今日の秋田市は、明け方から雪が降り道路状況が大変でしたが、手作り工房創遊舎では「絵手紙」講座が開かれ、講座終了後受講生の昼食を兼ねた忘年会を楽しみました。「陶恵窯」に陶芸に来られた方達は思い思いに新しい作品を作っておられました、残り少ない年内に本焼をもう一度行いますので作品の完成を楽しみにお待ち下さい。

切り合せ蓋シュガーポット

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ