記念の作品を出品

秋田市「土崎公民館まつり」に出品展示した荻原郁子さんの作品で、ランプシェードに挑戦された記念すべき作品での参加でした。展示会後には更に大きな作品に取り組んでおり完成が楽しみです。手作り工房創遊舎「陶恵窯」では先日窯焚きをした窯の温度が今朝21度に下がっており、窯出しが行われますがどんな作品に出来上がっているのか期待感でワクワク・ドキドキしております。

ランプシェードと貼り付け模様の器

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ボトル型にはバラの模様が…

紹介の作品はランプシェードで、ボトル型にはバラの透かし模様が施されております。秋田市・土崎公民館まつりに出品展示された斎藤昇子さんの作品です、斉藤さんは模様などにもオリジナリティに拘り色んなパターンを考えており、今度作られる時にはどの様な作品を作られるのか楽しみです。手作り工房創遊舎「陶恵窯」では来年の干支のネズミの置物を作っている方がおりますが、年内の完成となるのでしょうか…出来上がりが待たれます。

ボトル型のランプシェードには
バラの模様が…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

花瓶は自然な形に…

螺旋状のランプシェードと花瓶を、秋田市「土崎公民館まつり」に出品展示されたのは大野麗子さんです。花瓶は土なりに自然な形に作り、釉薬の流れも形に添った色合いになっており注目を集めたようです。テラコッタで野焼き作品なども作られるている大野さんは、同時期に他の展示会にも出品していただきました。手作り工房創遊舎「陶恵窯」では昨日朝6時からの本焼窯焚きは19時過ぎ無事終り、今週中には窯出しされます作品の出来が気になる方はお越し下さい。

ランプシェードと花瓶

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ランプシェードの灯りを楽しむ

ベル型とドーム型のランプシェードを秋田市・土崎公民館まつりに展示出品してくれたのは田村幸子さんです、個々には一度紹介しておりますが、ベル型のランプシェードはもう直ぐ来るクリスマスで、家庭内を温かい灯で包む事でしょうね。手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今朝6時から本焼きに入りました、これから14時間近くの窯焚きが続きます。今週中には作品が完成します、お楽しみにお待ち下さい。

ランプシェードの灯りを楽しむ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フクロウとタタラの皿

10月に行われた、秋田市「土崎公民館まつり」には沢山の分野の展示がありました。手作り工房創遊舎「陶恵窯」でもグループの人達が出品展示しました、紹介のフクロウのランプシェードとタタラの皿は関谷眞貴子さんの作品です。沢山の作品を作られておりますが、展示会間近に出来上がった作品の出品でした。展示会では多くのグループ展示の中で、興味深く作品を見ていただけ嬉しく思っております。今年の展示会等は終わりましたが、来年の展示会には沢山作られている中から、どの様な作品を出品されるのでしょうか。

フクロウのランプシェードとタタラの皿

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

展示会に出品

秋田市・土崎公民館まつりの展示会に出品した安田和子さんの作品です、同時期に他の展示会にも出品いただきました。多くの市民に自分達が作っている作品を見ていただく事も、励みになって次の作品作りにも繋がるのではないでしょうか。手作り工房創遊舎「陶恵窯」では昨日、雷雨で霙の降る中陶芸に来られた人達は釉薬掛けや新しい作品作りを楽しんでおられました。本焼きを行う予定が悪天候が続き来週になってしまいました、来週には新しい作品が完成します楽しみにお待ち下さい。

土崎公民館祭りに出品作品

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

展示会参加作品

焼締めのフクロウと雛人形は10月19~22日まで開催された、土崎公民館祭りに展示した高橋牧子さんの作品です。公民館祭りには沢山のサクールの方達の作品が飾られており、陶芸も4グループの作品が展示されておりました。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」でも昨年から参加し、今年は陶芸に来られている人達の半数が出品しました。バライテェに富んだ作品は多くの人達の関心を集めており、展示会に参加できた事を感謝しております。作品を撮影しておりますので順次紹介していきたいと思います。

高橋さんの出品作品

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

X’マスには…ランプシェードに灯りを

11月には予想もしていなかった大雪となった秋田県内です、雪の季節と共にクリスマスツリーなどが飾られたニュースが伝わってきます。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、時期に合わせた様にベル型のランプシェードを作られた方がおります。作られた石井眞理子さんはランプシェードは何個か作られており、出来上がった作品にはそれぞれ特別な想いが込められている事でしょう。持ち帰られランプシェードに灯りが燈ったとき色んな想い出が蘇ってくるのではないでしょうか。

ベル型のランプシェードは…
X’マスに灯りが燈る

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ルリ色の器…

ルリ色の手付きの器は紐作りで立ち上げ、持ち手の部分を2本の紐を編み込みで形作り、適度の乾燥後接合して作っております。作られたのは岩本とき子さんです、この季節ミカンなどを入れたらコントラストがあり映えるのではないでしょうか…、使い方で色んな楽しみ方が出来る事でしょうね。今日の秋田県内の天気予報は大雪注意報の出たところもあり降雪が気になります、秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では陶芸に来られる人達には自動車の運転には十分に注意してお越し願いたと思っております。

手付きの器

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

自然釉でのシュガーポット

大きさは8cm位のシュガーポットですが穴窯での焼成したものです、釉薬とは違った雰囲気が出て作った本人は気に入っているようようです。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では灯油窯での焼成を行っておりますが、知人が穴窯をグループで作られたので無理なお願いをして一緒に窯に入れてもらい記念の作品となりました。「陶恵窯」では工房を開いて3年4カ月と間もないので色んな可能性を追求しながら陶芸を楽しみに来られる方達と共に歩んで行きたいと思っております。先日行われました留学生の体験陶芸は大変楽しかったと引率してくれた方からメールと写真が届きました、「陶恵窯」にとっても有意義な一日となりました。

シュガーポット

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

葡萄模様のワインクーラー

葡萄の模様をあしらったワインクーラーを作ったのは山田眞紀子さんです。深みのある色合いに出来上がった作品に氷が入れられ、ワインが冷やされている様子を思い浮かべるとワインが一層美味しさを増すように思えてきます。山田さんの作品は他にも出来上がっておりました。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」に昨日陶芸に来られた人達はランプシェードや茶碗等イメージされた作品を作っておられました。

ワインクーラーで冷やされた
ワインの美味しさは…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

桜巾着ランプシェード

桜巾着のランプシェードは久し振りの完成です、田中征子さんが1年以上も前に作られ素焼き後登り窯や穴窯で焼成する予定で保管していたのが念願かなって穴窯で焼成していただきました。「サヤ」に入れての焼成なので燃焼した自然灰が掛かっておりませんので紹介の色合いと成りました。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では昨日素焼きの窯出しが行われ、引き続き釉薬の掛かった作品の窯入れが行われました。天候を見ながら窯焚きが行われます、タイミングがよければ今週末には作品が出来上がります…楽しみにお待ち下さい。

桜巾着ランプシェード

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

留学生の陶芸体験

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」で昨日、秋田大学に留学生として来ている人達が国際交流課の方の案内で陶芸の体験に来られました。当初は4名の留学生が来れれる予定でしたが中国からの方が来られませんでしたが、マレーシアのアリさん・ファイジさんとモンゴルのホスさんの3名が作陶に挑戦しました。作品作りが終わってからそれぞれの国の事を聞いたりしましたが日本語の上手なのには驚きました、モンゴルのホスさんは話される言葉は完全な日本語でモンゴル人の誰しもが知っているのが相撲といっていました。留学生の人達は秋田で大学卒業までおられるとの事、秋田の想い出を沢山作って母国の人達に伝えて欲しいと思いました。

看板の前で…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大きな目が可愛いフクロウのランプシェード

フクロウの焼締めが3個同時に窯出しされ2個は紹介しましたが今回の作品は宮崎とも子さんが作られたものです、先日宮崎さんが陶芸に来られフクロウを手にされ可愛いと喜んでいただきました。フクロウのランプシェードは人気があって現在作っておられる作品や乾燥中のフクロウは合わせて10個近くあり、どのような思い入れが作品に込められているのか完成が楽しみです。
秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今日陶芸体験教室が行われます、秋田大学に留学されているマレーシア2名・中国1名・モンゴル1名と大学の関係者2名でどの様な作品が作られるのか楽しみです。秋田に留学されている期間の楽しい思い出になってくれればと思っております。

大きな目と頭の葉っぱが印象的です

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

花器に思いを表現…

2本の一輪挿しの筒が寄り添うように作られ、台皿には子供が二人座っているメルメンの世界を表現した花器作ったのは斎藤昇子さんです。色んな作品を作られる斉藤さんですが作られる作品には斉藤さんの思い入れが込められているように思われます、陶芸に来られる時にはイメージをラフ書きしたのを基に作陶されので迷いなく作品作りが進んでいるようです。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では各自がイメージした作品が作られるようにアドバイスしたり楽しく作品が作られるようにお手伝いしております、あなたも手作り陶芸に挑戦してみませんか。

メルヘンの世界を形に

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ