タタラ作りの皿にビードロを融解させて…

タタラ作りで作られた皿は吉川由香さんが作られたものです、釉薬は黒天目と皿の中央にはビードロを敷き融解させております。タタラでイメージした自然なカーブの形に作りますが、素焼き・本焼きの際に下がったりするのでなかなかイメージの通りの仕上がりは難しい事です。今回の窯出しでタタラ作りの皿が4枚ありました、秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では3回続けて本焼をしましたが、窯出し後素焼きの作品の窯入れが済ませており次回は素焼きとなります。明日から10月になりますが今度は皆さんがどんな作品を作られるのか楽しみです。

タタラの皿は自然な形で

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

模様が描かれた…花瓶

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では昨日本焼きの窯出しが行われました、早速取り出された作品の撮影しましたので紹介いたします。白御影の粘土を使って紐作りで立ち上げ、下絵付け絵の具で模様を書いて作品を作ったのは佐藤美智子さんです。佐藤さんは今回他にも多くの作品が焼き上がり茶碗に絵付けした作品も素敵な仕上がりでした、絵付けは絵手紙講座で勉強された筆遣いが生かされているように思われます。これからの季節作品作りには一番良い時期と思われます、色んなアイデアやイメージを形にして行って欲しいと思っています。 

模様が描かれた花瓶には
どんな花を活けられるのでしょうか

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

手付き紙袋をイメージした花瓶

手付きの紙袋をイメージした花瓶を作ったのは宮崎とも子さんです、タタラ作りで形を作られ釉薬は白萩釉にルリ釉を霧吹きで掛けられている様です。デザインが斬新なので色んな使い方が出来る事でしょう。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今日本焼きの窯出しがありました、絵付けをされた作品や色ガラスを容れて焼き上げた作品等もありバライティに富んだ作品が出来上がっております。次回以降に紹介して行きたいと思っております、自分の作品が気になる方は工房へお越し下さい。

斬新なデザインの花瓶

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

モミジの模様に灯りが燈ると紅葉…

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」で赤土で作られ焼締め焼成されたドーム型ランプシェードを作られたのは田村幸子さんです、ランプシェードに灯りが燈ると「モミジの葉」が紅葉に変わる瞬間をイメージして作られたのでしょうか。これからの季節に合わせた様にタイミング良く完成され持ち帰られて点灯するのが楽しみでしょうね、今度陶芸にこられのは来週でしょうか…それまで作品を大切にお預かりします。

灯りが燈ると紅葉に変わる…

 

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

線刻に沿ったイラボ釉の流れ

いらぼ釉の流れを想定して釉薬を掛けらた花瓶は山田京子さんが作られたものです、花瓶に縦に線刻されたので釉薬の流れが線に沿って景色を作っているようです。山田さんは昨日は「りんご」の形をした作品を作っておられましたが、最終のイメージはどの様な出来上がりを考えて作られているのでしょうか。完成が楽しみですね…、秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では野焼き大会終了後本焼きを続けて行っており出来上がった作品が棚に飾っております。まだ自分の作品を見ておられない方…作品が作り手の方をお心待ちしております。

線刻された花瓶

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ランプシェードはメルヘンの世界

小鳥が止まっているランプシェードを作ったのは斎藤昇子さんです、丁寧な作りの中に自分のイメージしたメルヘンの世界を表現されているように思います。斎藤さんはまだ作品を手にしておりませんがご自身は出来映えをどの様に評価されるのでしょうか。秋田市・手作り工房「創遊舎」では今朝6時から本焼きの窯焚きを始めており4日後にはまた新しい作品が出来上がります、どんな作品が出来上がるのか楽しみにお待ち下さい。

メルヘンの世界を表現

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

展示会・イベント参加して

秋田拠点センター「アルヴェ」・秋田駅東西自由通路ぽぽろ-ど等で開かれた「ハートぴあ秋田ジョヤサ」に秋田市・手作り工房創遊舎では22~23日と2日間参加させて頂きました。多くの人達に創遊舎の講座の皆さんの作品を見ていただき感謝しております、またアルヴェ1F広場で行われた創遊舎が行ったビーズ・エコテープ・押し花の各体験講座にも多くの人達の参加を頂きお礼申上げます。体験を契機に自分も何か物づくりを続けてみようと考えてくれる人が一人でも多く増えてくれればと思います、創遊舎では各種の手作り講座を開いており随時の参加が出来ますので是非工房へ遊びにいらしていただければと思っております。陶芸は希望日に陶芸ができますので是非挑戦したは如何でしょうか。

「ぽぽろーど」での展示作品
パネル展示2枚を含め通路中央に展示

「ぽぽろーど」で陶芸作品

アルヴェで講座前の風景

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

陶器のバラ…イベント参加

先日の窯出しで焼きあがったバラの花は吉川昭子さんが作った作品です、色付けされているバラの花は縦に立てて焼くには大変なので横にしての焼成となりバラの花のような作品を陶芸で作られる人は少なく大胆な挑戦でした。秋田市・手作り工房創遊舎では昨日、秋田市拠点センターアルベを中心に開かれたハートぴあ秋田ジョヤサに参加し作品の展示・体験講座・販売なども行いました会場には多くの人達が集まり盛況でした。今日も10時か16時まで開かれており作品は秋田駅東西自由通路「ぽぽろーど」に展示しております。是非見学にいらして下さい…お待ちしております。

陶器で作ったバラの花

「ぽぽろーど」での展示

イベント会場風景

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

古民家のランプシェード

昨日窯出しされた古民家の作品は石井眞理子さんが作りました、紐作りで立ち上げ釉薬は古瀬戸に黒天目と白萩釉を霧吹きで掛けているのでしょうか。素朴な古民家の感じが良く出ていると思います、ランプシェードとして作られているので灯りが燈ればどんなに素敵でしょうか。石井さんは何時もは土曜日に陶芸にこられるのですが今日は秋田市・手作り工房創遊舎[陶恵窯]では秋田市拠点センターを中心に22・23日に開催されるイベントに参加のためこれから出かけます。時間がありましたらお出かけ下さい、会場でお待ちしております。

古民家のランプシェード

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

清楚な感じが…

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今朝本焼きの窯出しがあり沢山の作品が出来上がりました、今回紹介の作品は吉田悦子さんが作られた花瓶です。作品は大分前に出来ておりましたが暫らく休まれており、先日釉掛けをされタイミング良く本焼の窯に入り今日出来上がりました。釉薬は白萩釉でしょうか清楚な色合いが作られた方の作品に対する思いが伝わってくる様です。久し振りに吉田さんの感性の作品がみられ、今度どんな作品を作られるのか楽しみです。

清楚な花瓶にはどんな色の花が…

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

絵付けされた…手付き花瓶

グレー御影の粘土を使い紐作りで立ち上げて作ったのは田中征子さんです、絵付けの作品はあまり作ってはおりませんが挑戦して作られたようです。秋田市・手作り工房創遊舎[陶恵窯]で今日は陶芸の体験者もおりましたが各自イメージしていた作品を作っていたようです、また22~23日秋田拠点センター「アルベ」・秋田駅東西連絡自由通路ぽぽろーど・アゴラ広場で行われる、ハートぴあ秋田ジョヤサに参加するため名札の制作や作品の梱包などの準備を始めました。陶芸を中心に創遊舎で行っている講座の皆さんの作品を展示する予定です、昨年は1万人も参加したイベントで今年は3年計画の最後で規模を拡大し行われる会に初参加なのでプレッシャーを感じております。体験講座も行うので講座の先生にはご苦労をかけますが一緒に頑張ってアッピールしてきたいと思っています。時間がありましたら是非会場にお越し下さい。 

 

手付き花瓶

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

織部釉掛けされたシュガーポット

切合わせ蓋のシュガーポットを作られたのは土佐悦子さんです、月曜日を中心に陶芸に来られるのを楽しみにして作陶をされております。紐作りで作られ葡萄の模様を貼付けで作られた手の込んだ作品で、手作りオンリーワンのシュガーポットはこれから使用され度に愛着が感じられてくる事でしょう。これからも自分がイメージした作品を皆さんと一緒に作っていただきたいと思っています。秋田市・手作り工房創遊舎[陶恵窯」では今日は各自が釉薬掛けや作陶を楽しまれる予定です。

切合わせ蓋のシュガーポット

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

縄文の息吹が…

先日参加した東由利で行われた野焼き大会での素焼きの状態と藁・萱で焼成した野焼き後の作品です、炎と煙に寄って作品に縄文の息吹が蘇ってきたように感じます。火力や煙の状態で色合いに変化が出てきます、また焼成中に欠けたり壊れる時もあり慎重に野焼きの工程を行っていきますが完全な形で藁灰の中から取り出す時は感動します。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では壊れてしまった作品の補修も独自に勉強をして縄文の土器文化を大切にして行きたいと思っています、出来上がった作品を見て今年参加出来なかった人達は来年は是非作品を作って野焼きに行こうと張り切っています。

テラコッタの黄色の粘土が素焼き後の色

藁と萱で焼成・縄文の息吹が蘇る

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今日窯出しされた作品が

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では7月から準備してきた野焼きも終わりホットしております、今日は野焼きで焼成した作品の手入れをしその後13日に窯焚きをした作品の窯出しをしました。今回の作品は大きな作品が少なく日常使う作品が多い様です、紹介の作品は石塚恵美子さんが作った「ソース容れ」でグレー御影の粘土で作っています。手作り一点物のソース入れで注すと何時もと同じソースでも美味しく感じられるような気がします。
今週創遊舎では[ハートぴあ秋田・ジョヤサ](9月22~23日開催・秋田アルベ、ぽぽろーど通路、アゴラ広場にて)に作品の展示参加する事になり準備を進めております、是非多くの人達に会場にお越し頂きたいと思っております。

今日窯出しされた「ソース容れ」

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

縄文の土器文化・野焼き

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では昨日、由利本荘市東由利[いこいの森]で開催された全県野焼きを楽しむ会に参加しました。陶恵窯からは10名の参加でしたが会場には各自が作った作品が多く持ち込まれ、作品を藁を敷いた上に並べ更に藁で覆い野焼きの準備しました。10時に点火され萱を焚き込んで温度を上げる3時間の煙と熱さ(800~1000度まで温度を上げる)の戦いです、昨日は好天に恵まれ気温も30度近くあり野焼きにとっては過酷な日となりました。1時頃からは萱の追加焚きはせず温度が急激に下がらないように炎を見ながらの火力を調整して行きます、3時近くには火も消え灰の中から丁寧に作品を取り出し野焼きも終わりました。出来上がった作品を並べて記念撮影をし各自満足の一日でした、大会を主催してくれた東由利の関係者には心から感謝しております。

△作品を藁床に並べて準備

沢山の萱が焚かれ周囲は煙

出来上がった作品を並べ記念撮影

 

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ