花火をイメージ

花火をイメージした様な二層の透かし彫りの花瓶を作ったのは石塚恵美子さんです、2層の透かし彫りの作品を勉強中でしたが反省点も見つかりこれからは問題点を解消する事が大切と思っているようです。何時かな大輪の花が開くような作品が出来る事を期待したい物です。

何時かは大輪の花が…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

イラボ釉手付き花瓶

イラボ釉を掛けた手付きの花瓶を作ったのは田中征子さんです。イラボ釉の流れが面白い景色を作り田中さんも満足の出来上がりの様でした、当日の窯出しでは二層透かし彫りの作品も完成しました。今まで色んな作品を作って来ましたが、これからは9月に参加する野焼きの作品作りでしょうか。

イラボ釉手付き花瓶

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

福が多くと…お多福の面飾り

お多福の面飾りを作ったのは大野麗子さんです。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では自分が作りたいモノを楽しく作る事を大切にしており、イメージした作品をどの様な工程で作るかを一緒に考え作陶に入ります。大野さんは他の人達がオッと思うような大胆な作品を作られる事が良くあります。今回のお多福の面飾りは表情が一番大切で、絵心が無ければ難しいと思っていましたが絵を描いておられた大野さんにとっては腕の見せ所でした。ふくよかなお多福を表現され、益々大野さんに福が多く訪れる様な気が致します。

福が多くと願いを込めた…お多福の面飾り

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

作品にオリジナリティーを…

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」で陶芸を楽しんでいる佐藤美智子さんが作った二層透かし彫りの作品です。陶恵窯で二層透かし彫りの勉強を始めたら、早速挑戦し先に始めて人達に2層のタイミング・模様の割出しのアドバイスを受け制作を始めた。形・模様にオリジナリティーを表現した2個の作品が先日の窯出しで完成した、作品にまだ対面していないがきっと喜んでいただけるのではと思っている。

初挑戦の二層透かし彫り

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

織部釉の二層透かし彫り

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」で昨日窯出しがあり、岩本とき子さんの二層透かし彫りの作品が完成しました。初めての二層透かし彫りの制作でしたが、バランス良くまとまった仕上がりになったように思われます。作品をまだ見ていない岩本さんが作品と対面した時の感想を早く聞きたいと思います。

織部釉の二層透かし彫り

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

象嵌模様の皿

紹介の器は象嵌加工の模様が施されています、作品を作った大野麗子さんはオリジナルな大胆な作品を多く作っています。先日絵付けされた作品はお多福の面でした、色んな作品を何時も楽しく作られる大野さんは洋画等も描かれ陶芸にもセンスが活かされているのでしょうね。秋田市・手作り工房創遊舎では今日窯出しが予定されていますがどんな作品が出来上がるのか楽しみです。

象嵌模様の皿

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

淡い色合いの鉢カバー

淡い色で仕上がった鉢カバーを制作したしたのは山田京子さんです、火曜日を中心に工房に来られる人達と陶芸を楽しんでいます。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では自分の希望日で陶芸が出来るように対応しており、陶芸に来られた人の作品が途中の場合は制作工程に適応出きる様に乾燥状況を考えて保管棚に入れて置きます。二層の作り・透かし模様・貼付け模様等、制作者がイメージした作品が出きる様に一緒に作陶しております。先日山田さんが作られた貼付け模様を施した作品は自然乾燥の工程に入り、今度はどんな作品を作られるのでしょうか。

草花を引き立てる鉢カバー

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

オリジナりティーを織り込む…

蔓を巻きつけた様に粘土の紐を巻き込んだ手付きの作品を作ったのは安田和子さんです。蔓を巻きつけた様な手付きの作品を作った方は他にもおられ、作品の形等にオリジナリティーを出されるのに苦心されたのではないでしょうか。月2回仲間の人達と秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」で陶芸を作陶を楽しんでいる安田さんは、先日はプレゼント用のランプシェードを作られました…完成が待ち遠しい事ですね。

作品にオリジナりティーを織り込む…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

焼締めの鉢

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」で焼締めの鉢を作ったのは宮崎とも子さんです。赤土を使い紐作りで立ち上げてから形を整え、穴があけており紐をつけると吊るす事もできるように造られている様です。同時に完成した作品もあり一緒に持ち帰られましたが鉢はこれからが出番です、焼締めの鉢にはどんな花が植栽されるのでしょうか…楽しみですね。

植栽が楽しみです…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

仄かな明りが包む幸せ…

大胆にカットした模様のランプシェードは田村幸子さんの作品です。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」で陶芸を楽しんでいる田村さんは陶芸の外にも色々な作品を作っておられ、その感性が陶芸にも生かされているようです。作品にランプを入れる前に内側から和紙を張ってから点灯される事でしょうね…、ランプが灯るとイメージしてカットした模様が仄かに浮かび色んな思いを包み込む事でしょうね。

大胆なカットのランプシェード

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

窯出しされた作品に納得

昨日窯出しされた手付きの花瓶は石塚清子さんが作ったものです。手作り工房創遊舎「陶恵窯」で陶芸を楽しんでいる石塚さんは時間の都合がつき陶芸に来られ、早速作品とご対面されました。貼付け模様の葡萄の葉っぱがもう少し緑であってもとの話でしたが、葡萄が食べ頃には葉は色付くのでは…との話で何となく納得…?。手の込んだ作りで苦労された作品はご本人も満足の出来映えでした。

手付き貼付け模様の花瓶

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

窯出しされた猫の置物

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」で今日窯出しがありました。紹介の猫の置物は吉田悦子さんの作品です、何時もオリジナルな作品に拘り制作する吉田さんが粘度を手にすると何故か粘度が色んな形に出来上がっていくような気がする。今回の猫もシャイに構えている様子が上手く表現されている様に思える。

チョットシャイな猫が…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

何時かは気に入った茶碗を…

陶芸を始めて3年…その間茶碗を何個作った事だろうか、でも自分で気に入った茶碗がまだ1個出来ていない。何時かは手に馴染んでくれる茶碗で美味しいお茶を飲みたいものだと思っているが自分には無理なのだろうか。現在自分で作った碗で毎日ご飯を食べているので、手に幾らかは馴染んでいるがやや重めである、ご飯を盛ると腕の筋力トレーニングになる様な気がする…?。今から毎日筋トレをしていると老後は大丈夫と自虐的な考えをし、下手な自分自身を慰めている。それでも何時かはオンリーワンの作品を完成させたと思っている。

何時かは自分の手に馴染む茶碗を…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

二層透かし彫り花瓶を楽しむ

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」で二層の透かし彫りの花瓶等を作って陶芸を楽しんでいるは石塚恵美子さん作品です。2層の透かし彫りの難しさを実感しながら、模様の作り・花瓶の膨らみのバランス・釉薬の対応など作陶の日々を過ごしています。描いたイメージどおりに出来上がり思わず喜びの声を上げられる作品が早く完成して欲しいと応援しています。

イメージどおりの作品が待ち遠しい…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

合わせ蓋のシュガーポット

合わせ蓋の作品は蓋の合わせを出来るだけ隙間無くキッチリ出来るかが大切です。紐作りで立ち上げ薄く丁寧に作る事が重要で、全体の形を整えてから蓋の形を決め、乾燥の度合いを見極め一気に蓋の部分を切り込みます。切り込んだ所にはその後手を加えない事が大切です、蓋には取っ手を付けたり自分のアイデアを作品に織り込んで楽しんでは如何でしょうか。大きさにも寄りますが手頃に作れますので一日に2個位の同時進行可能です。是非、あなたも秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」で陶芸に挑戦しオンリーワンの作品を作ってみませんか。

  

合わせ蓋の作品作りを楽しむ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ