久しぶりの更新

2019年10月26日 | 日記
しばらく無沙汰をしたら秋になってしまいました

ここ数日の肌寒さに、冷え対策を始めました。

私はかなりの暑がりなのですが、どうやら今年は今までと違ってるようです。

早々と冬布団に替え、ぬくぬくの寝具が気持ちよくて朝起きが辛くなり始めました。

でも、この頃の私は気儘専業主婦を決め込んでいまして、時間の縛りがなく

自由に過ごしていられる呑気さで、朝寝坊しようが夜更かししようが

なんの問題もないのですよね。

ただ、何かにつけて自分の為にならない状況を作ってしまう事もありまして

特に体調を維持していく為には、不摂生は大敵なのもわかっていますので

出来るだけ、規則正しく暮らすよう調整をしていかなくてはならないですね。

不眠症で折々に眠れないときは、抗うことなく眠気待ちで過ごし

一晩起きてしまうなら、そのまま翌日も通しで起きて過ごします。

嫌でも翌日は疲れで眠気が出ますが、夕方まで日頃と同じに暮らすようにして

夜半をまって入眠することで、翌日からはリズムが戻るようになっています。

気力も落ち、生産性も落ちますが、何も出来ない訳ではないので

困る事もないのですよね。

手抜き主婦を許容してくれる助力があればこそなので・・・有難いですね。

太平楽で過ごしているからか、乾癬の再発もなく、関節炎の痛みを微々たるものです。

ストレスが無いというのは何よりも薬になるという事なのかも知れないですね。

これから寒くなって乾燥し始めると、また、幾分違った状況になるかも知れませんが

今のところ、全てにおいて不満のない日々を送っています。

先日、焦がれていた小田原へ行くことが出来ました。

体力が落ちていますので、天守閣までの階段を上りきる事は出来ませんでしたが

それでも、往復の電車内での行程を含め、小さな旅気分を十分に味わう事が出来ました。

今度行く機会があったら、しっかり天守閣まで登って下界を見渡したいですね。



コメント

治療開始から2年目の夏は

2019年08月12日 | 健康
常と変わらない夏、ただただ暑いと出るのは愚痴ばかり。

日々体調を維持し、元気に過ごす事を目標に過ごしています。

7月にレミケード点滴を受けてから1ヶ月が過ぎました。

どうやら冬の時期より夏の時期の方が、個人的には楽のように感じます。

ただ、以前より気温による体感が変わっているように思います。

年齢のこともあり、レミケード点滴が関係と関連付けは出来ませんが

気温が高いのに寒く感じたり、暑さに鈍い反面短時間で暑さが堪えてる

そんな日々を送るようになっています。

昨年までは見られなかった肌荒れも気になりますが、乾癬の鱗屑を思えば

問題にもならない程度だと捉えています。

それに、汗ばむ夏場とはいえ保湿剤が欠かせないですね。

風呂上りに汗をかくので保湿をしない事が数日あったのですが、

すぐ後悔することになりました。

汗が渇いた後の肌はガサガサになり、鳥肌が立ったままのような肌状態に。

掌で触ってみるとブツブツザラザラ、痒みも痛みもありませんし

見た目は変わらなくて、触って気が付く程度なので

気にしなくてもいいのかもしれませんね。

レミケード点滴を受け始めて1年くらいから、関節の痛みが激減していましたが

エアコンで冷えるからでしょうか、関節がたまに痛むようになりました。

四肢場所は決まらず、腰の痛みも感じます。

就寝前の一時が殆どですが、日中、起床時と色々です。

痛みが強くならないうちに鎮痛剤で抑えるようにしていますが

日常生活に不自由を感じない程度なので幸いです。

四季を巧く過ごし、出来るだけ楽に日常を送れるように

肥満と食生活に気を配り、適度に体を動かすことを念頭に

これからも乾癬と付き合っていこうと思います。

コメント

薬と相性があえば、乾癬だって大人しくなってくれるようです

2019年07月18日 | 健康
先週、12回目のレミケード点滴静注を受けました。

病院が遠く、バス、電車を乗り継ぎ往復4時間かけて通っています。

事前検査、レントゲン、診察を終えてから化学療法室に行くのですが

いつもの事ながら結構待ち時間が有ります。

呼ばれた後、点滴は2時間半から3時間かかりますが、

点滴している方の手は余り動かせないので、暇を持て余します。

レミケードの前に吐き気止めを点滴で、結構眠くなりますが

複数回、様子を見に看護師が声をかけにきますので眠れないですね。

眠気と暇を持て余す時間は長く感じますね。

本を読むようにしているのですが、眠気が増してしまいます。

昨年から始めた、レミケードでの治療は、私にはかなり有効のようです。

胸の上部以外は全身に広がっていた鱗屑。

強い痒みと鱗屑が剥げてしまった後の皮膚のヒリヒリ感。

そして、数年前から痛み始めた関節。

指先、膝、腰・・どうなってしまうのだろうと悲観してしまうほど辛いものでした。

今の病院を受診するまでは、腰の痛みが激しくて寝返りも出来ず

立ち座りもやっとで、掴まり立ちするのがやっとでした。

歩けなくなる恐怖を感じましたね。

今年になってからですかね、10キロ以上痩せた事も幸いしてか、

痛みが劇的に軽減してきました。

走れませんが、歩くのには不自由が無くなり、皮膚の鱗屑もほぼ快癒しました。

痕はまだ薄く残っていますが、気にならない程度です。

ただ、アレルギー反応は中々治まらず、痒みは消えなくて保湿剤とに飲み薬を併用しています。

レミケードを点滴した後は、少々の頭痛とだるさを感じますね。

個々で違うと思うのですが、一定の期間は急激な寒気やほてりも感じます。

微妙な湿疹とか・・最初の頃は副作用なのではと気になったものですが

何回か点滴を受けるようになって、状況がわかるようになり気にならなくなりました。

でも、前回の受診の折、両手の指先に変形が見られて主治医は気にしてるようでしたね。

レミケードの効果なのだと思いますが、今のところ、変形した各箇所の強い痛みはなくて

日常に困る事は何もなく過ごせています。

無理はしないが、適度に日常は動き過ごくようにしています。

先々もレミケードと長い付き合いが続くのか、抗体ができて対処するのか解りませんが、

主治医と相談しつつ、自己管理して快癒できるように過ごしていきたいと思います。

昨年までの苦しみが嘘のように思える幸運を感じています。

肌が綺麗になったら温泉に行きたい・・などと思った事もありますが

今は、日々落ち着いた時間が心地よくてそういう思いはなくなりました。

食べ物、嗜好品、肥満は気を付ける要因ですね。



コメント

まだまだ雨が続くのかなぁ(*´ω`)

2019年07月05日 | 日記
雨ですねぇ(*´ω`)何時まで続くのか

湿度が高くて、室内はムシムシ。気温は高いので過ごしにくい日が続いています。

雨の多い地方では大変な思いをされていますね。

自然の驚異は予測不可能、穏やかに梅雨が終わってくれるのを待つしかないのでしょうかね。

これ以上人々が難儀しないように祈る思いです。

暑いだの寒いだの愚痴ってばかりいますが、カラッと晴れた青空が恋しいのは本音です。

身体のあちこちがガタピシしている私には、日常の雨でも結構しんどいもので

頭に浮かぶのは不平ばかり・・思ったところでなーんも良い事はないのに、つい愚痴が出ます。

少し小雨になった午後を見計らって、買い物に出ました。

帰宅時での事、抱っこ帯で赤ちゃんを連れた若いママさんに出会いました。

買い物を背に傘を差して、何だかぼーっと歩いているように見えました。

少し雨が大粒になってきていて、足元も肩も濡れる勢いになっていたのですが

ママさんは傘を斜めに差した状態で、抱いている赤ちゃんの片側が濡れています。

ママさんも半身が濡れていて、でも、気にする風もなく、急ぐ風でもなく

ゆらゆらと、殆ど表情もなく、ぼーっと歩いているのです。

大丈夫かな・・・・と振り返ってみてしまいました。

何だかとても疲れている気がしました。

ただの通りすがりのひとで面識はなく、気になりながらも、

若いママさんがスーパーに入っていくのを見送りました。

他人事ながら、心配になる出会いとなりました。



コメント

体調を維持するのに苦労しています

2019年06月16日 | 健康
3月から不調だった胃腸の具合が、ここのところの不安定な気温が後押ししたようで

すっかり医者通いの常連になっていました。

昨日は、上腹部のCT、内視鏡検査、血液検査を受けまして、

後日の結果待ちをしているところです。

鳩尾辺りの詰まり感と痛み、軽い吐き気、むかつきなどの原因究明の為でした。

おそらく大きな病気ではなく、精神的な要素が関係しているのだろうと想像つきます。

しかしながら、食物が胃にすんなり落ちて行かない不快感や痛みは何ともしがたく

食は進まなくなりました。

元々ぽっちゃりの体形が、胃腸の不具合を感じ始めてから体重が激減。

乾癬の為には、ダイエットの必要な状態ではありましたが、2か月半で10キロは少々減りすぎのようで

ダイエット・・と楽観できなくて、それに辛さも加わって病院の門をくぐりました。

乾癬の治療の為の化学療法[レミケード点滴]を受け始めて、丁度一年が経ち、経過が良好で

辛かった関節の痛みは軽減し、皮膚は信じられない程回復して、全身の悲惨だった鱗屑が消えました。

この状態が続けば心の安定も穏やかに保てると、心から将来に希望が持てましたのにね。

だから、胃腸の不具合が出たのが意外で、それもストレスが原因となれば、ただただ戸惑いを感じます。

付加になってるストレスって何?・・・・っていう感じです。

まぁ、2.3の心配事や心穏やかでいられない事は誰もが持ってるものだと思います。

私とて、何を今更と考えてはいるのですが・・。

心は、騙せないという事なのでしょうかね。

でも、誰しも解決しようのない心の檻のようなものは持っていて、それぞれ個々に始末つけて

生きているものだと思います。

身体が不調を感じているときは、気弱がいらない不安を感じるのでしょうね。

こんな時にいつも使う〚おまじない〛【頭の消しゴム】をフルに使います。

騙しのような方法ですが、余計な事が頭に浮かんだら【消しゴム消しゴム・・】と集中することで

意識を逸らすことができてるように思います。

次回検査結果を聞きに行く通院日は、気楽な気持ちで受診しようと思います。

いま、解らない事を考えても仕方ないですからね。

・・・・と自分を元気づけているところです。(*^▽^*)




コメント (1)

女性シニア


日記・雑談(60歳代)ランキング

尋常性乾癬・乾癬性関節炎


乾癬(かんせん)ランキング