いつかロングステイ!⇒ 今マレーシア

2013年1月から、クアラルンプール暮らし(MM2H)。
それまでの神奈川生活、移住候補地への旅行。マレーシアの海。

ペナン旅行~交通~

2009-05-31 23:11:43 | '08.07 コタキナバル /'09.05 ペナン
ペナンではバスがしょっちゅう走っているので便利で良かったです。
路線図やバスの乗り方はガイドブック(地球の歩き方リゾート310)が
あって助かりました。

初日は深夜到着。空港まで迎えに来てくれたワゴン車でホテルまで
行ったので、土地勘なしのまま翌日。
なので、最初のお出かけだけはホテルからタクシーに乗り、
コムタまで行きました(25RM)。

タンジュンブンガに泊まっていたので、コムタまでの間、
「タンジュントコンやガーニードライブはここね。」って車窓から
おさえておきました。
それで地図と実際の距離感が分かるようになったので、逆方向へ
行くのも大方の見当がつき、どこに行くにもバスになりました。

コムタはたくさんバスが停まるターミナル。
とても背の高いタワーなので目印になります。

向こうのバスは先払い。運転手さんに「コムタ」とか
行き先を言うと料金を教えてくれるので払ってから乗ります。
乗った後で「このバス、行くかなぁ?」って不安になることが
ないのでいいです。
あと、タクシーとは雲泥の差くらい安いのも良いです。
たいてい1RMか1.5RMでした。一番払ったBalik Pulauでも3RMでした。

降りる時は自分でブザーを鳴らすようなので、ちょっと不安です。
私の場合はペナンヒルに行く時にガイドブックお勧めの「U204系統で
終点下車」に乗らないで「アイルイタムへ行くやつなら通るんだよね。」と
多分、U202?に乗ったみたいでちょっと降り場所に戸惑いました。
分岐のところでペナンヒルとは違う方へ行ってしまうみたい。
看板がちらっと見えたので、ちょっと先で降りました。
ま、そんなのも旅の味で、犬を散歩させてる女の子に道を聞いたり、
親子連れのお父さんに道を聞くことができたのでいい体験でした。














コメント

ペナン旅行~食事~

2009-05-29 08:42:28 | '08.07 コタキナバル /'09.05 ペナン
ペナン旅行を申し込んだ時は、前情報を全然持っていなくて、
「多分、ビーチで泳ぐのがメインだろう。」と思っていたのですが、
海は透明度が高くないため、泳ぐより、マリンスポーツらしいですね。
「そういうことならメインは食でしょう!」と今回は海は全とりやめで
散歩と食に注力。

普段、私は350mlの飲み物1本、1回に飲みきらないのですが、
向こうでは汗をかくせいか、ごくごく飲めちゃいました。
散歩中に度々、冷たいものが飲みたくなる、そんな時に助かるのが屋台。
人の生きる所、どこにでもある、って感じで、
ちょっと休みたいなぁ、って時に見回せばあります。

さらに助かるのが、屋台の料理は量が適量ってこと。
ジュースと麺を食べては散歩、またジュースとチャーハンを食べては
散歩、ってできるし、15時だろうが16時だろうが、
変な時間でも好きなときに食べて休める場所があるのもいい。
向こうの人も、昼間でもおじさんが一人で入っていたりして、
やすらぎの場所みたい。
そりゃあそうですよね、昼間は暑いですもん。休まないと。

ジュースが1.7RM~2.5RM(1RM=約28円)くらい、麺類が4RMくらいです。
インド料理も4回ほど食べたのですが、ビールとジュースと6品で33.5RMや、
ジュース2杯とカレー2人分で12RMとか、大変リーズナブルでした。

でも!私の言いたいのは値段ではなく、味です。
今回の旅行、大変助かりました。何を食べても美味しかった。
ホッケンミーのビーフン版やインド料理が特に好きです。
いろんな物を調合してこの味になってるんだろうなぁ、と
思わせる技ありの味。
「なんで同じ味覚なの!?」と異邦人の舌に驚きました。
そんなだったので、胃が弱ることもなく、「さらに9日間居たいわー。」と
思いました。



コメント

ペナン旅行~服装~

2009-05-26 21:57:16 | '08.07 コタキナバル /'09.05 ペナン
2009年5月半ば、マレーシアのペナンへ行ってきました。
9日間です。
日本でまだ夏を体験してないのに、暑い所へ行くのは
体がつらいかもなー、と思いつつ、荷造り。

持参した物は、薄手シャツ1枚、Tシャツ8枚、
キャミソール1枚、クーラー対策のカーディガンなど長袖3枚、
ヤッケ、短パン2枚、プーマの半端丈ナイロンパンツ、
薄手クロップトパンツ、ジーパン、
モンベルの薄手登山ズボン、薄手マフラー、帽子、
スニーカー1足、ぞうり1足。
「これで暑さ寒さも調整可能さ。」と満足していたのですが、
着いたらとんでもない。

毎日暑くてハンドタオルで汗をふきふき歩くようでした。
寒さ対策の長袖やジーパンは暑過ぎて要らず、残念。
薄手の長ズボンは森に入ったりするのに1本あっても
いいけれど、街やホテル用に短パンがもっと欲しかったです。

靴は荷物になるのでこの2足で良かった。
ちゃんとした格好をする場所もないのでヒール付きサンダルは
要りません。
それより、ウォーキングシューズやスニーカーが絶対1足は必要です。

向こうでは帽子も目立つので、あまりかぶりませんでした。
あとは、ホテルにバスローブでもあるかと思っていたのですが
なかったのでリラックスウェアを持っていけば良かったです。
楽なTシャツと短パンをパジャマにしてしまいました。

あまりの暑さで1回着たら汗びっしょりなので、
ホテルのコインランドリーを利用することに。
洗濯が30分で6.5RM、乾燥が5RMでした。(1RM=約28円)
主人と私の洋服4日分が1回で全部一緒に入りました。
なので、洗濯をすればTシャツも日数分持ってくることもないです。
ただ、写真はいろんな服で映りたいしな、と思います。







コメント