創和オカムラ専門店 <新> 業務日報ブログ!

オカムラ製品のネット販売業務を営む創和の店長が、コンテッサやバロン・クルーズ&アトラス等々に関して色々情報発信してますよ

バロン&アトラス用可動ヘッドレストの取付けのコツです

2006年06月13日 | ブログ

本日は予定を変更しまして、緊急企画 “バロン&アトラス用可動ヘッドレストの取付けのコツ!”をお届け致します。

予定されておりました「デスクトップの話題」、及び「デュークのまとめ」に関しましては、日を改めましてお届けします。何卒ご了承下さい。 



さてさて、バロン&アトラス用可動ヘッドレストには、組立の際に少々コツが必要な部分があります。

それは、“ネジ座を取付材とポストの隙間に入れる個所!” 

組立説明書でも図解入りで解説されているのですが、図だけだとちょっと分かり辛い面がありますので、写真を用いてこの部分の“コツ”を解説させて頂きます。


先ずはヘッドレストお届けの際の荷姿からご紹介

01

取付材(ヘッドレスト下のベース部分)の位置はまちまちですが、上に上がっている事が多いようです。

実はこの位置ではネジ座を入れる事が出来ません。

02

そこでまず、取付材を一番下まで降ろします。

少々力を入れて動かすと下がりますが、動かし辛い場合は下側を床面に当て、取付材を押し下げて下さい。

031

032

取付材を下まで降ろしたら、バロン本体に仮組みします。

組立の際はバロンの背面側から作業する事をお勧め致します。

始めヘッドレストを載せると、向かって奥側(バロンの前方)にヘッドレストが傾いている事が多いのですが、この位置ではネジ座が入りません。

041

そこでヘッドレスト部分を手前(バロンの後ろ側)に引っ張ります。ある程度まで倒すと隙間が大きくなりますので、適当な個所で止めてネジ座を入れてみて下さい。

042

完全に手前まで動かさないでもネジ座は入るようです。

043

ヘッドレストを手前側(バロンの後ろ側)に倒すと、取付材下部のくし歯状のパーツ部分に隙間ができますので、ここから指をいれてネジ座パーツを押さえると、ボルトを締めやすくなります。

044

ここで2本のボルトを締め終えれば、残りの作業は比較的容易ではないかと思います。

※押さえ材がはまりにくい場合には、(7)付図のようにドライバーで引っ張ってみて下さい。



ちなみに取り付け前のヘッドレストの可動部は、とにかく動きが硬いです!

特に前後動は、単体の状態ではまず動かせないのではないかと思います。 ヘッドレストを動かす際は、バロンのフレームに載せてからの方が容易です。

ただし固定してない状態で思い切り引っ張ると外れる事もありますので、固定前は慎重に動かして下さい!


以上、緊急企画をお届け致しました。明日はデュークの話題に戻る・・・予定です?



和オカムラ専門店では、バロンコンテッサの全モデルを
お値打ちOFF価格で販売中!
オカムラ製品なら何でも取り扱っております!
お気軽に見積りをご依頼下さい!

バロン・コンテッサ共に在庫の変動が激しいので、見積もり依頼を
頂いた際に、最新の在庫状況を合せてお知らせします。

在庫確認だけでも大歓迎ですよ!

株式会社 創和システム  sowa.co@chive.ocn.ne.jp

長時間PCワーク対応 デザイナーズ・ワークチェア コンテッサ

SOHO&グループワーク デザイナーズ・ワークチェア バロン

低座・後傾 次世代ワークステーション アトラス&クルーズ









コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 後傾対応デスクトップ アーム... | トップ | Duke(デューク)のまと... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。