『斬(ざん)』
移転しました。
移転先:http://souryuusei.blog61.fc2.com/
 



 最近模索中の記事更新分割方式ですが、なぜそんな事をしようかと思った根本的な発想の元は、自分が長文を読まなくなった(正確には読めなくなったかな)からです。はてなブックマークなどで、多くのUser数を獲得している記事でも、長文の場合は、まさに「後で読む」状態な場合が多い。もちろん長文でも読める記事があって、それはなぜかってのを今注目してるんですが、まだよく分からない。

と、話が逸れた。
 
 で、斜め読みして「イイ記事」だと思っても、どうも読めないときが増えた。それは、一日に読む記事の量が増えたのと、ブログ記事に対する考え方が少し変わったからです。

 最近では、質を高める事へのこだわりってのを少し柔軟にしようと思っている。それは『記事の重さ』で書いてるように、結局「一記事の長さってのは何なんだろうか?」って思えてきたから。以前は一記事完結が当たり前って思っていた。もちろん、文字制限数以上になれば分けざるを得ないという理由で分けることはあるのだろうケド。それより、どこで記事を分けるのが良いんだろうか?って考えた時、5,000文字なのか、10,000文字なのか、100文字かどれなんだろうかと意識した時、1,000文字ってのが、一番ブログでは読みごろな長さかなってフィーリングで思った。丁度2回くらいマウスホイールを回すくらい(これは個人差があるけど)の長さがいいかなってね(これも自分の見る画面で見てですが)。

 で、自分が巡回してて記事を読む時、スクロールし始めるころに、丁度記事全文の長さを確認したりする。「この記事何処まで長いかな?」ってね。それで、これから続きを読む読まないってのを決めたりする。飽き性なんで、長い場合はそこで一旦キリを付けて、他の記事を漁りに行ってしまう。そして、暫くしたらまた戻ってきて読むか読まないか決めちゃう。

 だから、オレとしては「読みきれる長さ」ってトコにポイントを置いて、それ以上なら、今じゃなくてもいいやって思えたのが、記事分割方式を採用しようとした、原因だったんです。

 幸い goo ブログには、本文の文字数が表示されるので、これはとても重宝してますね。


追記:(2006.05.14)

[参考]
もなQらいとの過去記事:読みやすさの重要性
はてなブックマーク - 『斬(ざん)』:長文読めない症候群

コメント ( 6 ) | Trackback ( 1 )



« 別に Web じゃ... RSS とブログ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (LSTY)
2006-05-10 09:51:54
 僕は1200~1500くらいが限界かなあ、と思います。あと、同じ文字数でも改行や章立ての有無によって読みやすさが格段に変わりますね。

 でも400文字あるかないかの文章に[あとで読む]タグが付いていたりすると、この人の人生はすべてが「あとで」なんだろうなあ、とか思います。



 余談ですが、最近のsouryuuseiさんの文章、文字強調するのは良いのですが強調部分が多すぎて、結局どこを強調したいのかが分かりませんよ。と苦言を呈しておきます。
 
 
 
LSTYさんへ> (souryuusei)
2006-05-10 20:19:01
 一行の文字数や行間、読みやすさなど、別要素もあるのですが、一目見て「うわ、長い!」ってのは、敬遠気味ですね。良記事で取り上げていて、読む価値が初めから高そうな場合は、長文でも読む率が高いですが。





> 余談ですが、最近のsouryuuseiさんの文章、文字強調するのは良いのですが強調部分が多すぎて、結局どこを強調したいのかが分かりませんよ。



 はてブにも、同様のコメントを頂いていますが、これは強調というより、要約だと思ってください。詳しくは

■もなQらいと:読みやすさの重要性

http://nazo23.sakura.ne.jp/monami/log/20050908.html

に、なぜそうしてるかは書いてありまして、この内容に非常に共感していて、こちらの手法を取り入れています。まだまだ、もなみさんには、かないませんけど。



 ただ、読みづらいかもしれませんので、時間が出来たら、文字色の CSS の設定を変更するなどの検討をしてみますね。参考意見ありがとうございます。
 
 
 
Unknown (LSTY)
2006-05-11 15:01:56
 なるほど、そういう意図がありましたか、失礼しました。

 それを踏まえて眺めると、わかりやすいですね、確かに。

 ただ、そういう意図を持たずに読むと「なんだよ、この太文字の多さ!」と思う。

 読者がざっと眺めて、それこそ数秒で概要を把握できるような記事はどう書けばいいのかな?とか僕もたまに考えます。

 このページなんか、結構うまくやってますね。→http://hxxk.jp/
 
 
 
LSTY さんへ> (souryuusei)
2006-05-12 21:04:34
いえいえ



ご指摘を受けて、改めて考えてみると、「じゃー要約と強調の違いはどう表せばいいんだろう?」って考えさせられましたので、感謝しています。強調の場合に文字を換えるか、フォントを変えるかなど、気が付きましたので、今後は、さらに発展させたいと思います。



ご紹介先の真琴さんのトコですが、たいへん申し上げにくいんですが、オレにとっては、あそこはこの記事に該当する『「イイ記事」だと思っても、どうも読めない』トコなんです。たぶん、スクロール回数が多くて、見た目に長文さが目立ってるからだと思いますが。あと、最初から記事がなかなか出てこなくてスクロールしないといけないから、ちとそれがハードル高くしてるのかも。どの記事でもそうなのは、個人的には好きではないですね。ま、オレの余裕が無い事の現われかもしれませんが。



 あと、読んでたら、真琴さんへ、



 言いたい放題ですみません。もし観て気分を害したらごめんなさい。オレ個人の一意見ですので、お許しアレ。
 
 
 
Unknown (LSTY)
2006-05-13 12:02:08
 それはありますね。僕はたまにガチャガチャブログでランダムにブログを見て回るんですが、その場合、最初の状態(スクロールしない状態)で記事が読めない所は飛ばします。

 だから、タイトル部分に大きな画像を貼ったり、記事の上にアフィリエイトリンクをたくさん表示しているブログデザインは好みではないです。でも、そういうデザインのARTIFACTが人気だったりするので、一般的にはあまり気にされないんだろうなあ、とも思っています。
 
 
 
LSTY さんへ> (souryuusei)
2006-05-13 20:52:00
 気になって ARTIFACT を自分がどう観てるか考えて、試してみました。その結果、本家にしてもはてな分家にしても、RSS またはブックマーク経由が多かったです。なのでそのほとんどは、permalink で観にいってますね。

 その場合は、両ブログとも本文が表示されるので、あまり観づらい感じはしなかったですね。ちゅーか、kanose さんのブログはちと例外的(有名過ぎて)であり、あまりあてにならないかと。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
[ネット]長文読めない症候群(from 『斬(ざん)』) (明日は明日の風が吹く)
 長文になり易い私には痛い文章。最近ふと思ったんだけど、「ひとりごと」の方がはてブへの登録は多いし、瞬間風速的にはアクセスも多い、取り上げて貰えるという事はあるんだけど、ここ(明日は~)の方を好きだと言って貰えるようになったのは、文章の長さもあ ...