『斬(ざん)』
移転しました。
移転先:http://souryuusei.blog61.fc2.com/
 



先日、某缶コーヒーのCMで将棋でのインスピレーションという話があって、オレもそこでインスピレーションを感じたのが、タイトルにある「将棋とブログは似てないか?」って事です。

定石、手筋=文章の書き方、レトリック
戦法=カテゴリ
実戦=記事公開

と考えてみて、将棋で強くなる(勝つ)のと、ブログでイイ記事が書けるようになるのがちょっと似てる気がすると思ったのです。

将棋が強くなるには簡単に書くと、定石を覚え、戦法を研究し、実戦で鍛えます(もちろんその他にも感想戦や反省などいろいろあるのですが)。どれも重要なのですが、定石はある所まで行けば、身につきます。戦法は常に研究していかなければなりません。実戦も多く積まなければ勝負勘が養えません。

ブログでも同じで、文章の書き方は書いてるうちにある程度身につきます。戦法は自分の得意なカテゴリ(ジャンル)の記事内容を常に研究し、最新の情報を仕入れて相手(他のライバル)よりも優位な状態を保っておかなければなりません。そして、記事も常に一定頻度の更新をして現場慣れしていないと感覚が鈍くなります。

それで、一番似ているなと思う事ですがー

将棋には実戦において(特に実力伯仲のプロの場合)、“次の一手”という重要な局面があります。いわば勝負を左右する手です。それで、その勝負の勝ち負けを決する手というのは、往往にしてインスピレーションによって決める場合が多いのです。いわば勘です。それは、今までに培われた経験と研究により研ぎ澄まされた超感覚です。

「あ、この手なら勝ちそう(勝てる)」

の、その一手が思い浮かぶかどうかなんです。

ブログで記事を書く場合でも、多くの記事を読んだりして研究し、記事更新をしていると、ある時とてもイイ記事ネタを思いつくことがあります。これもインスピレーションです。そしてそれは、

「あ、このネタで記事書いたらウケそう(面白そう)」

となるのです。ま、それでウケない場合は、まだまだ未熟だったということですが。将棋でも勝てると思ったんだけど読み違えたってのもよくありますので、その辺りも似てるんじゃないかと思います。

ブログでは将棋のように特に相手がいるわけではありませんが、インスピレーションを養うために常にアンテナを高く張って、多くの良記事を読み、そこから多くを学び考えることが重要なのです。

将棋もブログも、いかに見えない部分での引き出し、情報の蓄積量を多く持つかが大切なのです。その結果、「見えない一手」「見えないイイネタ」が見つかる(見つけられる)のです。

id:umedamochioさんが、はてブクリップしたら、この記事成功です(笑)


ちなみに、11月17日は将棋の日だったそうです。この記事は、その時に書き始めたものです。そうです、ホントは当日上げたかったんですが、推敲してもどうしても内容がしっくりこなくて間に合わなかったんです。ボツにするのが勿体無かったので上げちゃいます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )