蒼莱ブログ

2022.12.02リチャード・コシミズ 新型コロナウイルス戦争 491動画を公開します。

リチャード・コシミズ先生『新型コロナウイルス戦争491』動画が公開されています。

DS裏社会の存在やワクチンは人を殺す生物兵器である事に気付かない人は生き残れない。

2022.12.02リチャード・コシミズ 新型コロナウイルス戦争 491動画を公開します。 | My First JUGEM

2022.12.02リチャード・コシミズ 新型コロナウイルス戦争 491動画を公開します。 | My First JUGEM

2022.12.02リチャード・コシミズ 新型コロナウイルス戦争 491 DS裏社会のコロナ&ワクチン戦略を読み解く。我々にはIVMあり。 IVMが、DSの姦計を打ち砕く。 ht...

My First JUGEM

 

2022.12.02リチャード・コシミズ 新型コロナウイルス戦争 491

DS裏社会のコロナ&ワクチン戦略を読み解く。我々にはIVMあり。 IVMが、DSの姦計を打ち砕く。

https://rumble.com/v1ydeve-2022.12.02-dsivmivmds.html

https://www.facebook.com/richard.koshimizu.5/videos/1740301646342351/?notif_id=1669953000572486&notif_t=video_processed&ref=notif

2価ワクチンまで打ってしまった人:血栓や癌で死亡。
ワクチンを打って後、コロナ感染した人が2価ワクチン接種:自己免疫疾患(サイトカインストーム)で死亡。
ワクチンを打っていない人:シェディングで、最終的には打ったと同じ事になるのか?
巷は、体調不良だが、病院では原因不明とされて行き場のない人たちが徘徊。ゾンビ化。病床は満杯。不調者が勤務できず、企業活動停止。交通が止まり、店舗も閉鎖。

DS裏社会の目論見を読み解く
●統一教会岸田一味は、できるだけ長く、毒ワクチン接種を拡大して、犠牲者を増やす。「反ワクチン」の声には意図的に耳を貸さない。国民の怨嗟の声は、徐々に大きくなってくる。

●2価ワクチンは、1,2回目の武漢ワクチンとは異なり、毒性が格段に強い模様。よって、接種者が遭遇する副反応は、強烈であろう。死者も、時間の経過とともに多数出る。

●スパイクタンパクによる血栓症(脳梗塞・心不全)、血管の病気(心筋炎)、感染細胞への攻撃(自己免疫疾患)、免疫抑制(癌など)で、できるだけ多くを発病させ、長期の闘病の上に、殺す。

●国民は、多くの犠牲者が出た時点で、やっと、ワクチンの毒性に気が付き、自公政権を糾弾する。

●統一教会は、この事態が発生すると予期して、予め、受け皿となる酸性党を捏造した。

●立憲民主党を含め、与党も野党もワクチン接種を奨励する側に回っている。唯一、統一教会酸性党だけが、ワクチン反対を主張している。ワクチンの実害が増大するにつれて、酸性党への賛同者が増えて来る。(不正)選挙で、議席を伸ばし、影響力を増してくる。

●DS裏社会は、オミクロン株よりも死亡率の高い変異株を近々に流行させる?現行のオミクロンワクチンには効果がないとして、新たなワクチンを年3-4回接種させる。ワクチン被害者をさらに増やすだけだが、情報弱者は、従来通り毒ワクチンを打って、死んでいく。

●酸性党一味は、ワクチンの危険性は煽るが、解決策を示さない。煽られた大衆は、ただパニックに陥るだけで、怒りを医者や自公にぶつけるのみ。結局、ワクチンしか選択肢はない状態は続く。そして、副反応を発病して、死滅していく。

●酸性党は党勢を伸ばし、コロナ悪政で空中分解した自公の勢力を吸収して、政権与党を構成する。そして、ワクチン薬害について、延々と不毛な裁判を継続させて結論を出さない。結果、酸性党の背後の統一教会もその背後のDSも権力を維持し、日本支配を継続する。

●ただし、コロナもワクチンもIVMさえあれば、対処可能であり、生還できると分かれば、酸性党の目論見は実現しない。DSの計画を挫くのは、IVM。よって、なりふり構わぬ妨害策を講じてくる。だが、Twitterの正常化により、IVMの真実は浸透していく。ビル・ゲイツの目論見は頓挫する。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「新型コロナウイルス」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事