池田 悟≪作曲家≫のArabesque

・・・深くしなやかに・・・(フランス語に訳してます)

シューベルト「オーケストラ伴奏による歌曲集」CD

2012-07-13 | レビュー/演奏・CD・ジャズ

これはウェーバーか、ワーグナー か?否、シューベルト歌曲集のオーケストラ編曲版だ!
しかも編曲したのは、レーガー、ブラームス、リスト、ベルリオーズ、ウェーベルン、オッフェンバックなど、音楽史を彩る作曲家たち。
「魔王」など、2種類ある。オーケストレーションを学ぶ人、教える人は必聴。
2枚組と1枚に収められたものと2種類あり、1枚のものはより安い。カナダから直送ならさらに安くなる。

アンネ・ソフィー・フォン・オッター(Ms)
トーマス・クヴァストホフ(Br)
クラウディオ・アバド指揮 ヨーロッパ室内管弦楽団


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 演奏批評と作曲のリエゾン | トップ | 音感=条件反射 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです。 (itsumi_comp)
2012-07-19 12:05:21
ご活躍の様子、見させていただきました。

私の方は、変わった事は、今年から、声楽を再度習いはじめたことです。
静岡の声楽の恩師に、「歌いなさい」と2回も言われたので、再開しました。
9/2に発表会があります。

また、声楽を再度、習うと、大学時代に気づかなかった、作曲の面での…事に色々、気づく事があり、大変勉強になります。

話が変わって、芸大の時に、同じ、佐藤眞門下の1つ上の先輩で、同じ所沢市民の方と、再会しまして、所沢で、一緒にライブをやる事になりました。所沢からも、現代音楽を発信していこうと思います。

私の公式ホームページができましたので、入力させて頂きました。

コメントを投稿

レビュー/演奏・CD・ジャズ」カテゴリの最新記事