池田 悟≪作曲家≫のArabesque

・・・深くしなやかに・・・(フランス語に訳してます)

ラヴェル「クープランの墓 / プレリュード・フーガ」

2015-09-27 | 弾いたピアノ曲

禁断のスイーツ》のようなピアノの白鍵の魅力に改めて目覚め、白鍵の旋法から成るこの2曲を暗譜した。
旋法は民謡に通じ、日本人にとってもノスタルジック。
プレリュードはフランス和声の、そしてフーガは対位法の真髄。
ラヴェルはフーガをオーケストレーションしていない。儚さを帯びたピアノならではの減衰音は、オケには移し替えられないから…優れた詩が翻訳不可能なように。

静大の学生時代、グルノーブルの夏期講習でミシェル・メルレ氏が様々なフーガをレクチャーして下さった中にこのフーガもあり、氏は「オルゴールのよう」と仰った。
静謐なフーガに対し、組曲「クープランの墓」の動の極致はトッカータ(2003年、音楽教室の発表会の講師演奏で弾いた)。


コメント   この記事についてブログを書く
« 池袋の島村楽器移転に寄せて | トップ | 講師採用・趣旨説明 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

弾いたピアノ曲」カテゴリの最新記事