池田 悟≪作曲家≫のArabesque

・・・深くしなやかに・・・(フランス語に訳してます)

歌曲"Villanelle" 詩/ライブ音源

2020-10-07 | 作曲/言葉・声

               Villanelle
(for my daughter's first birthday)

He places me upon his knee,
A princess on my pearly throne.
I am my father's face of glee;

I am his heart sung joyfully.
With ribbons red and golden bows,
He places me upon his knee

And holds me as he merrily
Makes wish and on my candle blows.
I am my father's face of glee;

I am his love shone graciously.
As ever did a daughter know,
He places me upon his knee,

And blesses me, his living tree,
As I to him am gift bestowed.
I am my father's face of glee

Shone out for all eternity;
For even when my sorrows grow,
He places me upon his knee

Where joy dispels but endlessly
As light upon the shadowed soul.
He places me upon his knee;
I am my father's face of glee.
                                             —Darcy Blahut

          ヴィラネル
(娘の1歳の誕生日に)

パパは膝の上に私を置く
真珠の玉座に座る王女。
私は大喜びするパパの顔;

私は嬉しそうに歌うパパの心。
赤いリボンと金の弓を持ち
パパは膝の上に私を置く

楽しそうに私を抱きしめて
願いを込め、私のろうそくを吹き消す。
私は大喜びするパパの顔

私は優雅に輝くパパの愛。
娘がずっとわかっていたように、
パパは膝の上に私を置く

私を、パパの命の木を祝福し、
私はパパに授けられた贈り物のよう。
私は大喜びするパパの顔

すべての永遠を照らし出し;
私の悲しみがより深まる時さえ、
パパは膝の上に私を置く

喜びが果てしも無く払拭される場で
影に覆われた魂に光を当てるように。
パパは膝の上に私を置く
私は大喜びするパパの顔。
                                   (拙訳)
Villanelleとは詩の一型式。《大意》幼い娘の視点で父の愛を描く。
ライブ音源


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノのための《シナプス》... | トップ | 第24回静岡県高文連ギター・... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

作曲/言葉・声」カテゴリの最新記事