すべてのみちはここに

もう追いかけないよ 
宝物は 
いつもここにある

サンガ

2020-02-16 | サンガ
私はもともと
とっても我が強い

こだわりが強い

我の強さは
分離感の強さで

だから
外側の変化や刺激にいつも怯えてた

それはとっても生き辛かったけど

我が強くて
自我に苦しめられたからこそ

自我を使った生き方に行き詰り
これ以外の生きかたは何だろう?って
探し始めた。



自我を使った生き方しか知らなかった私が

自我を使った生きかたで見ているドラマは
ほんとうには自分の解釈が作っていて

それは眠っている生き方で

夢から覚めて生きる
リアルを生きる
という方向に
向き始めたのは

我が強かったからこそ(の反動)だなぁ

思う




そしてこの
夢から覚めて生きるという
新しい生き方は
練習が必要なんだよね



心の動き、さまざまな思考
という
浮かんでは流れていく雲に
巻き込まれたり
その雲を
嫌ったり
無視したり
ってことをしないで

それがあるな

ただ見ている


思考に使われる
から
思考を使う


つくられるものから
つくるものへ


この
シフトを
定着させるには
コツコツと
練習が必要

気付いている
という練習



そして
これをずっと一人でやり続けるのは
とっても
難しい


なぜかって
わかったつもりになって
知らず知らずのうちに
滑り込む自我の
驕り高ぶり・・などなど


そういうときに
人とのかかわりの中で
光を見せてもらえることで
気付かせてもらったり
するから


人との関わりは
自分を見せてもらえる

だから



この
学びを共有する場を
つくりたいなぁ


そしてその場は開かれていて

いつでも
だれにたいしても
ひらかれていて

上も下もなく

皆がおなじ

おなじだっていうことを
感じることができる


そんな場に
私はいたいなぁぁぁ





最近思っていたのだけど


はからずも
もうすでにそんな場にいるなぁと
気が付いた今日でした。




なんと
豊かなことだろう



「聴くヨガ」
に参加しての実感
でした。



それぞれが
そのままで
安心して
「違い」を楽しみ
「おんなじ」を感じる




なんと
ゆたかな
遊びだろう



ありがたいなぁ







よろしければクリックお願いします↓

人気ブログランキング


コメント   この記事についてブログを書く
« 山羊の三郎さん | トップ | ドラマとはいえ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿