森づくりのまなびや~青梅・創夢舎(続)

東京・青梅にて、市民が自分たちの描く森を作る「創夢舎」の活動記録です。旧ホームページから暫定的にこちらへお引っ越し。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

5月作業報告

2013年06月30日 | そのほか
遅遅の5月作業日誌です(^^;)すいませーん!

作業日:5月26日(日)
参加:社会人2名、学生3名

すっかり夏の気配がするお山ですが、春に咲いた花が早い実りを見せる季節でもありますw

グミですよ~。生垣にあるんですが、意外に目立たない。山でも見かけますね。


この日は鹿柵の材料のため、竹の伐採などを致しました。倒し方としては木と一緒。
竹やぶのほかの枝にひかかって、倒す時はあっちをひっぱりこっちをひっぱり・・・。


枝を払って玉切りして運びだします。ちなみに、春先にくると竹の子を掘り返したあとがいっぱいあるのです。猪のwwwww.


先月収穫したシイタケを、T代表が干しシイタケに加工してきてくれました。
お日様をたくさんすうと美味しくなるんですよね


ちなみにこの季節、日当たりのいい斜面を観るとクサイチゴを見つけることができます。山のいちご畑は、またハウスとはちがった趣です。


・・・・なんかルフィのアフロみたい(爆)


お薦めはジャムですが、生食でもいけます。見つけたらキレイに洗って、虫には気をつけて召し上がれ(^^)。

また皆山にあそびにきてねー!
コメント

【イベント】どうする?どうなる?これからの森づくり~森と人との関わりを語り合う場を求めて~

2013年05月26日 | イベント
          

イベントのお知らせです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 『どうする?どうなる?これからの森づくり  
     ~森と人との関わりを語り合う場を求めて~』


これまでの森林ボランティア活動の歴史を振り返りつつ、今後の市民による森づくり活動はどのような方向に向かうべきかを模索します。



 日時場所:6月2日(日)13:00~16:30
      文京シビックセンター26階スカイホール

 ・基調講演 内山 節 氏(哲学者、森づくりフォーラム代表)
 ・パネルディスカッション 
       鹿住 貴之 氏(認定NPO法人樹恩ネットワーク事務局長)
       林業女子会@東京
       浜田 久美子 氏(作家、長野県)
       山本 博 氏(NPO法人森林ボランティア協会事務局長)

 定員:100名(時前申し込みによる先着順)
 参加費:一般500円、森づくりフォーラム会員無料
 問合せ:森づくりフォーラム事務局
     東京都文京区本郷2-25-14 第一ライトビル405号室
     電話:03-3868-9535
     FAX:03-3868-9536
     E-mail:office@moridukuri.jp
 主催:森づくり政策市民研究会
  共済:特定非営利法人森づくりフォーラム

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

林業女子会・・・気になる・・。

コメント

東京の木で家を作る

2013年05月25日 | 作業日記
創夢舎の初代代表、Hさんが東京の木をふんだんにつかったおうちづくりをした!というので、見学におじゃましてきました。東京都から認定もおりたとのこと。
「東京の木で家を作る会」のご協力もあり、素敵なおうちだとのことで楽しみ楽しみ
当日は小雨の降る中、とことこと向かいました。



外観からちょっと違う佇まい・・・。
玄関をはいると、ぷーんと木の香りがしました。


これは通常お寺などにしかつかわない飾りなんだって。
このほか、随所に大工さんの遊び心が


金属を使わず、柱を留める。


節穴はこうやって埋めるんですね~。


素敵すぎる書斎ー!!(*>▽<*)何時間でも過ごせそうです。

家族が集う大切な場所。
「我が家」ってこういう空間なんだなと思いました。

Hさん、また創夢舎にも遊びに来てくださいね~

コメント

4月作業報告

2013年04月29日 | 作業日記


ご無沙汰してます!事務局Kです。
作業日誌が2~3月アップできなくてごめんなさい
前後しちゃいますけど、必ず書きますからー!

今月4月は初参加の人もいたみたいですね。
雨にも負けず集まったみなさんの作業報告、T代表からです

『先週の作業は昼前に雨はあがり、最小限のスケジュール変更で済みました。
午前中は初参加者が4名いたので雑談タイムを取り、それから椎茸を収穫。意外と出ていました!


昼食後山へ登り、2月に伐採しておいたクヌギのシイタケ原木を玉切って、家まで運搬。ドリルで穴空けして駒打ちを行い、仮伏せまで出来ました。
これ楽しいんですよねw

最後に寒冷紗代わりのネットを設置して作業終了。思いのほか、見た目にもそれらしいほだ場の完成です。




作業後のミーティングは、焼き椎茸と穫ってきた山菜(名前忘れた)を戴きつつとなり、どちらも大好評。学生諸君は、解散後も延々と椎茸に群がっていました(笑)
雨あがりで山が滑り易かったり、重い丸太の運び出しなど、大変さもありましたが、参加者全員で楽しめました。』

屋根の雨どいのお掃除もしてくださったとのこと、参加者の皆さんありがとうございます。穫れた椎茸の一部は冷凍し一部はT代表が持ち帰り干し椎茸を試作中だそうです。
私もベランダで干しエノキを作ってますけど、また生とは違った美味しさですよねw

次回5月の作業日はまだ未定です。みなさんまた創夢舎の山でお会いしましょう!
コメント

【イベント】薪のある村の暮らしを見直そう

2013年02月18日 | イベント
直前の告知で申し訳ありません
檜原村で木質バイオマス活用シンポジウムが行われます。
申込期限は18日だったのですが、興味がある方はぜひお問い合わせを!

日時:平成25年2月24日(日)13:30~16:00(受付開始13:00)

定員:先着100名

参加費:無料

会場:檜原村役場 3F 住民ホール
   東京都西多摩郡檜原村467-1

交通:JR武蔵五日市駅よりバス20分 本宿役場前バス停下車

プログラム概要

○檜原村で薪を使おう!~檜原村の取り組み~
  檜原村産業環境課

○対談 今考える、檜原村で薪を使うこと
  檜原村やまびこ会

○事例紹介 家庭で手軽に薪を!~薪の宅配サービス~
  株式会社ディーエルディー 木平英一 氏

○事例紹介 森林バイオマスの魅力を伝える~普及啓発に向けて~
  株式会社Hibana 松田直子 氏

 なお、同時開催で1泊2日の薪体験イベントも開催!!

「檜原村で薪づくり体験~数馬の湯の薪をつくろう~」
  
 日時:平成25年2月23日(土)9:30 JR五日市線武蔵五日市駅集合
 
 参加費:1,500円(昼食代、入浴料、保険代含む)

 参加対象:15歳以上の方

 プログラム概要
   薪づくり体験、薪製造施設の見学、薪ボイラー見学、森林見学

 
両イベントともお申込み・お問い合わせはこちらへ。

  檜原村役場 産業環境課 生活環境係
   電話042-598-1011(代表) FAX042-598-1009 E-mail hinohara_maki@yahoo.co.jp
コメント