漢方医薬学を勉強して60年の翁の肩の凝らない漢方の話

漢方薬にまつわるあれこれを、気の向いた順に語っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

秋ばて

2018-09-24 11:21:36 | 健康たより
◆秋バテ?◆ 夏の疲れが残っていませんか?
 今年の夏の暑さは高い湿度もあって、多くの人にダメージを与えています。涼しい秋になったのに体調不良の原因になっています。
 温度が高いと、自律神経は血管を広げて、汗を出し体温を下げようとします。湿度が高いとこの汗をかく機能に無理が生じます。また冷やし過ぎている冷房室では、自律神経は、血管を収縮して体温が逃げないように働きます。冷房の効いた部屋から猛暑の戸外へ出たり入ったりすることにより、自律神経はフル活動を余儀なくされます。秋になって涼しくなると、熱が逃げないように血管を収縮させる必要が出てきます。
 このとき夏に酷使された自律神経がうまく働かなくなってくると秋バテが起きます。
 また胃腸の働きもこの自律神経の支配お受けています。せっかく食欲の秋になっても胃腸の働きが低下して秋バテの原因になります。
 美味しいものが沢山出てきます。自律神経を修復して秋バテを克服して、天高く馬肥える秋を満喫しましょう。
 あなたの自律神経は大丈夫?チェックしましょう。
□めまいやたちくらみをよくおこす。
□動悸がしたり、息が苦しくなったりすることがある。
□冬でないのに手足が冷える。
□胃痛や胸やけがよくある。
□よく下痢や便秘をする。
□顔や手足に汗をかく。
□朝の目覚めが悪い。
□イライラしやすい。
□人間関係で困ったことがある。
  4個以上ある人は要注意です。
自律神経を修復するには、興奮しやすくなっている交感神経を静めて、副交感神経を奮い立たせて、気持ちをリラックスするようにしましょう。
 そのためには腹式呼吸で吐く息を長くして吐ききると自然と吸う息が入ってきます。これをできれば1日に5分位続けると良いでしょう。ただしやり過ぎるとめまいを起こすことが有りますので要注意です。
 前にも書いたように適度な運動もお勧めです。1時間に2分間だけ体を動かすと、死亡リスクが33%も低下するという研究成果もあるようです。
 空いた時間を利用して歩いたり、足踏みしたりしてこまめに体を動かしてください。
 運動の他にも
◆ゆったりした音楽を聴く。
◆時々背伸びをして深呼吸をする。この場合でも肺の
中の空気を全部吐ききるようにしてください。
◆38℃位のぬるま湯にのんびり浸かる。半身浴もお
勧めです。
自律神経を修復して、色々な秋を満喫してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 風邪ひいた。 | トップ |   

コメントを投稿

健康たより」カテゴリの最新記事