漢方医薬学を勉強して60年の翁の肩の凝らない漢方の話

漢方薬にまつわるあれこれを、気の向いた順に語っていきます。

風邪ひいた。

2017-11-25 17:56:08 | 日記
先日のお婆さん達の会話「風邪引くとあかんで、蓋しっかり閉めとかな」と液状糊の蓋を閉めていました。
 お婆さんと云っても私と同じ80年代ですが。湿布も、膏薬も、マッチも昔は風邪を引いていましたね。保管の仕方が悪く効果が無くなると風邪ひいてまったと破棄していました。
 翻って10代の孫たちの会話「チョーカッケ―、マジデ、アケオメ」世代間格差は大きいですね。会話が成り立たない筈です。
 全国的に通じると思っていた言葉が岐阜だけでしか通じないと判ってショックを受けたことが多々あります。
 机などの角の事をあなたはなんと言いますか。「スミッコ」「ハシ・ハッシコ」「ハジ・ハジッコ」「クロ」まだ有りそうですが、私は「クロ」です。これも大阪では通じなかった言葉です。
 机を動かす時「そっちかわつって」も通じませんでした。何気なく使う「たわけらしい」も大阪では激怒されました。大阪の「あほらしい」と同じニュアンスですけどね。「アホ」「バカ」「タワケ」は地域によって感じ方が違うことが岐阜を出て初めて知りました。
 岐阜の年寄りたちが使っていた方言の数々です。判りますでしょうか?
 「かがはゆい」「ヤットカメ」「アライマワシ」「メンボ」「クロニエ」「身体がエライ」「胸がズツナイ」
「~ナモ」「~シテチョウ、エカ」等々。
 「かがはゆい」顔が映ゆい→まぶしい。
 「ヤットカメ」八十日目→久し振り。人の噂も75日より少し長いのが微妙ですね。
 「アライマワシ」洗い回し→食事のあと食器などを洗って片付けること、マワシは根回しの意味か、相撲のマワシか判りませんが準備をすることです。
「早よマワシしや~」は早く「準備しなさい」の意味ですが、岐阜に住む孫たちにも通じなくなりました、
「メンボ」眼瞼炎、ものもらいのことです。
「クロニエ」皮下出血で青黒くなることです。
「エライ、エラカッタ」疲れる、疲れた、
「ズツナイ」胸苦しい、胸がザワザワする、不安になって胸が落ち着かないなどの意味があるようですが標準語では適当な言葉がありません。
「~ナモ」所謂接尾語です。「アノナモ」「ホンデナモ」と使います。ね~、な~、位の意味だそうです。
私は南無阿弥陀仏の南無から来たと思いたいのですが無理ですか?
「~エカ」~してちょうだいエカ、頼みごとを強調する意味です。「良いですか」を軽い意味でつけます。
他の地域の人には命令形に聞こえるようです。
満州で生まれ、神奈川で育った私の連れ合いは、何であの人に命令されないかんのと、怒っていました。
コメント

岐阜薬科大学での講義の試験

2017-02-01 19:04:02 | 日記
岐阜薬科大学の漢方学の講義を受け持っています。講義をした以上評価が必要で、試験をしました。
試験本題は次に載せます参考まで。

Ⅰ次の文章は葛根湯についての記述である。( )内の番号は何が適当か、下の語彙群から選んで記号を解答欄に記入してください。下記の処方構成表やテキストの記述を参考にしてください。
 葛根湯は(①)と(②)の薬味の組み合わせで(③)に対応し、血に働く(④)や(⑤)も配合されている薬方である。
 風邪などの熱性病では、悪寒、発熱、頭痛、汗が出にくいなどの(③)に血証である(⑥)を伴う。また血滞に熱が加わる(⑦)では充血による発赤、灼熱感、疼痛が強く、排膿しにくい状態に応用する。
 また(⑥)は太陽膀胱経に(⑧)の邪が入り込んで(⑨)(⑩)の流れが滞る結果起こると考えられる。
A麻黄 B半夏 C生姜 D桂枝 E葛根 F芍薬 G黄芩 H表実熱 I裏熱 J頭痛
K項背強 L胸痛 M化膿症 N湿疹 O下痢 P風寒 Q湿 R気 S水 T血 
①(  )②(  )③(  )④(  )⑤(  )⑥(  )⑦(  )⑧(  )
⑨(  )⑩(  )

Ⅱ次の様な病人に対してどんな薬方が適当か、処方名及び選定理由を書きなさい。
        26才   女性
主 訴:月経不順、3年前くらい出血が続いた。1年前出産後月経が無い、低温期のみ。
望 診:舌無苔。
症 状:のぼせやすい、汗がやや多い、食思良好、大便1日1行、小便1日4~5行、肩凝り、冷えはない、皮下出血を起こし易い、月経前に腹痛、周期はまちまちだった。脉 沈。

コメント

ボケ防止のための回想法

2016-11-24 19:59:18 | 健康たより
 ◆回想法◆ 認知症予防に
 認知症の人が子供のころにやった、お手玉、独楽回し、メンコ、ベーゴマなどをやったり、子供のころの出来事を回想したりすると、脳が活性化して認知症が改善されたり、予防が出来るとの情報があります。
 私もそろそろ危ないので、この回想法に取り組んでみたいと思います。
 12月になると、明治生まれの親父が正月の飾りつけをしながら調子外れで「お正月さんござった、つよ(杖)のさきに味噌つけてねぶりねぶりござった、何処までござった、広江の橋までござった。」と歌っていたのを思い出します。
「お正月の神様が、杖の頭に味噌を付けて、舐めながらおいでになった、何処までおいでになった、広江の橋までおいでになった。」の意味です。もうすぐ橋を渡って町内に来てくれると、正月の神様を待っている歌です。
 広江の橋は町内の端の場所です、神様は歩いて地域の入り口から町内に入ってきたようです。
 そう云えば、厄病神も部落や地域のはずれから入ってくるようです。村のはずれにはお地蔵さんが立っていて、村を守ってくれているのはそのためかな?
 
 私の子供のころには、町内のはずれの辻々に、桟俵にご幣、赤飯、お神酒を載せて置いてありました。
犬が喜んで食べていました。親父に聞くと「疱瘡の神様がやって来て、それを食べたり飲んだりしてもらっている間に川に流して去って貰うんや」とのことでした。赤ちゃんが生まれるとそこの家の人が置いていたようです。
今でも藁で作った獅子頭を村のはずれや、家々の玄関に置いて厄病神が入って来るのを防いでいる村落があるとTVで見ました。
どうも藁は人の世界と神様や異界のものとを仲介する力があると考えていたようです。しめ縄、輪飾り、などもその延長ですね、正月の神様が玄関から入って貰いたいとの願いですね。

註 桟俵(さんだわら)
米俵(大黒様が乗っているやつです)の両端にあてる藁で編んだ円い蓋の事です。
神餞(お供え)の台盤としたり、疱瘡の神や、流し雛をのせて川に流したりまた胞衣(えな、胎盤)のせて埋めるなど、人と、神や異界のもととの交わりの道具として様々に用いられた。
最近はお米が俵に入っていないので桟俵を見たことのある人は少ないようです。
昭和23年頃はまだありました。子供のころボーイスカウトのキャンプで座布団代わりに支給されていました。
コメント

適当な運動とは

2016-10-17 09:24:40 | 健康たより
◆歩いて病気予防◆ (適度な運動とは?)
運動不足は健康に良くないことは、ご承知のとおりですが!
 お医者さんから「適当な運動をしましょう」言われたことはないですか?では適当な運動とはどの程度でしょうか?
 奈良県が取り組んでいる「お出かけ健康法」が一つの目安になります。これによると、1日8,000歩、うち」中強度の運動20分を含むことを目標にしています。
 中強度の運動とは、高齢者の場合。何とか会話のできる早歩きや草むしり、自転車こぎなどが該当するそうです。
 また東京都健康長寿医療センター研究所の調査によると。1日4千歩、うち中強度の運動を5分以上していたグループでは、それより少ないグループに比べて「うつ病」の発症率は10分の1以下だったそうです。
 同様の結果が、
▽認知症・脳卒中は5千歩、中強度7分30秒。
▽心疾患は同じく5千歩、中強度7分30秒。
▽糖尿病・脂質異常症は8千歩、中強度20分。
▽骨粗鬆症は7千歩、中強度15分。
▽肺・大腸などの癌は同じく7千歩、中強度15分。
 それぞれの運動量が各疾患の予防につながる目安だそうです。
 ただし運動のし過ぎは疲労が溜まったり、足腰を痛めたりするので要注意です。
 また過度の運動で免疫力が低下する傾向があるという研究発表もあります。
 高齢者の場合、1日8千歩以上のグループより、6千歩~8千歩のグループの方が免疫力が高いという研究結果もあります。運動量が非常に多いアスリートが風邪をひきやすいといわれています。
 厚労省のまとめた「健康づくりの身体活動基準」によれば、65才以上は「どんな動きでも良いので、身体活動を毎日40分」18~64才では「歩行または同等以上を毎日60分、息が弾み汗をかく程度の運動を1週間で計60分」が望ましいとしている。
 結局1日7千歩が健康維持の目安になるようです。
高齢者のほとんどが運動不足です、健康づくりのために活動量を増やしても過度にならないようです。暖かくなってきました。ほどほどの運動を楽しみましょう。
 以上の数字はあくまで統計上の数字です。結局のところ、次の日に疲れが残らない程度を目安に楽しく体を動かしましょう。
 
コメント

熱中症

2016-07-19 18:26:02 | 薬食同源
★熱中症★ 

 蒸し暑い日が続いています。テレビでは熱中症厳重警戒とか、熱中症指数が予報されるようになりました。
 熱中症は高温の環境に居ることによって、体内の水分やナトリウムなどのミネラルのバランスが崩れたり、体内の調節機能が衰えたりして起こる障害です。
 そうなるキッカケは大量の発汗です。
 熱中症は高温多湿な環境に身体が適応出来ないことで起きる様々な症状の総称です。
 次のような症状が出たら熱中症にかかっている危険性があります。
①めまい・たちくらみや顔のほてり、一時的に意識が遠のいたり、腹痛がでることもあります。
②筋肉痛や筋肉の痙攣、手足の筋肉がつる、筋肉がピクピクと痙攣する、筋肉が硬くなることもあります。
③身体がだるく力が入らない、吐き気やおう吐、頭痛などを伴うこともあります。
④汗のかき方がおかしい。汗が噴き出るようにでる、反対にまったく汗をかいていないなど汗のかき方に異常が有る場合は熱中症にかかっている危険性があります。
⑤体温が高く皮膚を触るととても熱い、皮膚が赤く乾いているなども熱中症のサインです。
⑥呼びかけに反応しなかったり、おかしな返答をする場合。身体がひきつけを起して真っすぐ歩けないなどの異常があるときは重度の熱中症です。すぐ医療機関を受診しましょう。
⑦呼びかけに反応しない、自分で水分補給が出来ない場合は大変危険な状態です。むりやり口から水分を飲ませることは止めて、医療機関を受診しましょう。
 医療機関に受診するまでに応急処置として必要なポイントは次のようなことです。
①涼しい場所に移動します。クラーの効いた部屋や車中。風通しのよい日陰に移動します。
②衣服を緩め、風通しをよくして身体の熱を放出します。保冷剤などで、首の両側、腋の下、足の付け根など太い血管が通っている所を冷やします。皮膚に水をかけて風を送ることでも身体を冷やすことが出来ます。
③塩分や水分を補給しましょう。水分と塩分を同時に補給できるスポーツドリンクなどを飲ませると良いでしょう。嘔吐の症状が出たり、意識の無い場合、水が飲めない状態のときは、むりやり飲ませず医療機関に水分補給もお願いしましょう。
子どもは体温調節能力が未熟であったり、汗びっしょりかいていても遊びに夢中になって脱水症状を起こし易いので要注意です。
 高齢者は温度の変化が判りにくかったり、咽喉の渇きが判りずらかったり、筋肉量が少ないため体内水分が少なく脱水症状になりやすいのと、小便が近くなるので水分を取るのを躊躇する人が多いので要注意です。
 上手に水分を補給してこの酷暑を乗り切りましょう。
コメント